2010年06月16日

雨のち青と白・・・

梅雨が小手調べのように降らせた強い雨が明け方にはあがっていた。
空間を落下した大量の雨筋が大気を浄化してくれたようで、
今朝は空も海も真夏にはいってしまったように青々としてた。

梅雨のひと休みサーチ(調べる)

青い海原を切り裂いて白いシュプールを引きながら高速艇が走ってく。
ゴーゴーと風が耳に当たる音とそれに負けないように
大声で会話をしている人の聴こえてきそうだ。
あんなのに乗ったら何処にでも行ってしまえそうに思えてきて、
なんとなくワクワクする。

ときどき目を上げて、意識して遠くに視線を向けてみることって、
けっこう人間には必要なのだと思う。
いろんなことが、実は見えてなかったのではなく、
本当は見ようとしていなかったのだということに気づく。


posted by フランキン at 18:02| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

竜の巣が出現!?

病院に見舞いに行って、
空が何やら物々しい気がして見上げてみると、
大気がすぐそこで渦を巻いていた。

なんか物々しい空・・・ レンズ雲出現

ちょっとした竜の巣が出現。
でもあの程度の大きさじゃ中にラピュタは入れないね。

あの雲がレンズ型に分離すると、
UFOに見えるんだよなぁ〜
2003年には伊東上空にこんなUFOも現れたっけ。

フライング・ソーサー UFO?
 
posted by フランキン at 01:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

真夜中…月の光に浮かんでた。

深夜に大室山裾のさくらの里に立ち寄ってみた。
雪をまとって、明るい満月の光に、
いつもよりもくっきりと夜空に浮かんだ大室山…

深夜の大室山が月に浮かんでた。

こんな時間に誰もいないと思いきや、
月夜のさくらの公園の木々の中を、
寒さの中で寄り添いながら歩くカップルがひと組。
なんかいい雰囲気でした。

あちらから見れば、黒いパーカーのフードをすっぽり被って、
小っちゃいデジカメを小石の上に危なげにのせて、
ひとりでポツンと暗闇に立っている僕は、
B級ホラー映画のシリアルキラーみたいに見えたかも。

でも、桜と雪のなごりと満月・・・
なんとなく民話が語られそうにも感じる不思議な真夜中。

posted by フランキン at 00:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

一夜明けてのミラクル

さくらの季節を迎えていた伊豆高原に、
この冬の置きみやげのような名残雪が降って明けた今日。
車で移動中の僕の目の前に、をまとって
いつもよりちょっとだけ由緒正しさが増したような大室山が、
小柄ながらも威風堂々と突然に出現しました。

突然現出した白い大室山

大室山すそに位置するさくらの里
桜の開花を期待して訪れた観光客も、
このちょっとミラクルな取り合わせとの出会いに、
思わず歓声を上げていました。

さくら、雪、一夜明けてのミラクルなカップリング

大室山・・・さくらの里・・・一夜明けてのコントラスト。
 
posted by フランキン at 17:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

High winds white sky

本格的な雪景色を見ないまま桜の季節を迎えていたので、
今日の雪の風景はちょっとうれしい。
雪で真っ白になっていくにつれて、音が消えていく。
すると急に自分の中のどこかで、
何かが鋭敏になってきたような気がして・・・
この感覚がけっこう好きだ。
満開まぢかの桜の色が、雪の陰に見えなくなっていく。

大室山裾、さくらの里もあとわずかで満開。
桜色が雪の陰に消えてく
なごり雪ですね。

ブルース・コバーン(Bruce Cockburn)の70年代の名盤、
High winds white skyを思わず引っ張り出してきて聴いた。
posted by フランキン at 17:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

雲を抜けて海にたどりつく

2010年1月17日の陽光と海

雲の切れ間から陽の光が海にたどりつく・・・
もう見慣れた風景だけど、何度見てもじっと見つめてしまう。
そうすると、理由はなんにもないけど、
「ああ、良かった」…
なんてどこか、安心してもいいんだ…し
というような気分になってくる。

夕方の今はすっかり雲が厚くなって
雨粒もポツポツ…夜は降りそうな気配です。
 
posted by フランキン at 17:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

枝越しに見える海が好きだった

枝越しに見える海が好きだった 1/8のPMの伊豆高原から…

枝越しに見える海が好きだった。

ある日、枝が切りはらわれて… いつもそこにあったのに…あの姿はもう見れない

切り落とされた枝にはまだきっと命が宿ってる…
そういえばあの樹に名前もつけてなかった。
朝、必ず窓から見るたびに挨拶してたのにな〜

人知れず切られてしまった一本の樹…
惜しんでいる人間だって、ここにひとりいるんだよ。
 
posted by フランキン at 19:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

大室山沿いの道で夕方の海を望む

大室山沿いの道で車を停めてみた。

伊豆七島は半島から見ると
どうもやはり
ラピュタのような伝説の都市を思い起こさせます。

その日の大気の状態次第ではすぐそばに見えたり、
まるっきり見えなかったり…
でも間違いなくそこに常に在って、人々が住んでいる。
なんかいつも不思議な気持ちで見つめてしまう。

ついさっき通った
大室山沿いの遠笠山道路から見る伊豆の海は、
まもなく暮れようとしていました。

ハッキリと姿を現した伊豆大島は
泳いで渡れそうな気にもなるほどすぐそこに…
他の伊豆七島の島影も、
そろそろ今日一日へサヨナラを贈りはじめています。

また明日・・・
posted by フランキン at 17:17| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

適度な濃度をとり戻せそうな恵みの雨

空と海の間の平たい空間…

今朝には雲と海の間に平たい空間が現れて、
遠くの島々が近くに見えた。
天城の山々を越えて静かに降りてくる湿った大気が、
やがて海のほうにも及んで風景が変わってく。

1/8AMの伊豆高原から 1/8のPMの伊豆高原から…

カラカラに乾いていた空気も土も木々も…
少しだけ湿り気を帯びて、
いろんなアンバランスが中和していくプロセス。
恵みの雨。。。

これで頭痛も少しは退いてくれるかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 14:30| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

月の光りは静かな陽の光り…

海が月の表面のように感じられる今夜

銀色が何処までもずっとつづいてる…
海が月の表面のように感じられる夜。

でも目にしている光はすべて反射光なんだよね…
どこにいるんだ?太陽は…
こんな夜は、始まりも区切りもなくすべてが意味を失う。
posted by フランキン at 03:05| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2010年スタート♪

今年は年が変わる瞬間を天城高原の天辺で迎えました。
カウントダウンLIVEで久しぶりにクラッカーを鳴らしました。



2010年を迎えて3時間30分が経過しようとしていますね。
満月、未明には月蝕、初日の出…
新年は天体ショーからスタートという感じでしょうか。

天城高原で新年を迎えました。
ゴーゴーと冷たい風が吹き、さすがに冬の天城…
UNOのカウントダウンLIVEに参加して、
帰り道は星空のもとでドライヴ。

2010年1月1日・・・天城、未明

今夜は鹿の群れには出会わなかった。
でも、あそこはやっぱりファンタジーなところです。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。
posted by フランキン at 03:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

一年という距離にあるひとつの満月

満月です。
まん丸で明るく伊豆の空に浮かんでいます。
この満月が、明日元旦の未明には
なんと部分月蝕になるのだそうです。

初日の出満月と月蝕
元旦から天体ショーというタイミング。
問題はその時間に覚醒していられるかどうか・・・
というあたりです。(笑)

2009年最後の満月… 2010年の最初の満月にもなる…

今夜31日は天城高原UNOのカウントダウンライヴがあります。
ちょっと天城越えしてくるかな・・・
月夜の天城の路・・・時々すごい数の鹿の群れに出くわします。
そんなファンタジーな世界に、あなたもいかが?

ちなみに↓の動画は、UNOの「月は光りぬ」…
スライドはピンポケですが全部伊豆の月ですよ。。。

ラベル:満月
posted by フランキン at 18:45| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

3次元を感じるひと時

17日夕方より伊東市を震源とした群発地震は、昨日から有感回数を大幅に減らし今日は殆ど何も感じることはありませんでした。厳密には2回ほどの有感地震があったようですが、そろそろ終息を迎えてくれたようです。今日の夕方にはそのラストシーンを飾るかのように、夕焼け雲が伊豆の3次元空間をオレンジ色に照らし染めました。
この素晴らしき世界… 2009年12月21日・・・3次元の伊豆を照らすオレンジ色の光

サーチ(調べる)↑クリックすると大きくなります。
連日の快晴で旅人にとって伊豆は絶好の空間となりました。いよいよ本当に2009年が過ぎていこうとしていますね。今週はクリスマスウィーク!伊豆のあちらこちらで様々なイベントが模様されます。伊東ホテルニュー岡部では、僕とネロリのエフエム番組フランキンのノアノアな風をうけてにゲスト出演してくれたアーティスト3組によるクリスマスクリスマスコンサートクリスマスぴかぴか(新しい)23日〜26日のあいだ連日行われますよexclamation×2

夕方の雲が紅く燃えたつかの間のひと時が終わると・・・空は別の色を帯びてきました。海と空に浮かぶ雲のあいだにはっきりと狭められた空間が現出し、彼方から何かが接近してくるようなドキドキ揺れるハートワクワク揺れるハートな感じ・・・

彼方から何かがやってくる・・・
サーチ(調べる)↑クリックすると大きくなります。

砂時計の最後の残り少ない砂粒は、ひとつひとつが目に留まります。クリスマスウィークに入ると、今年もあと本当にわずか・・・時間の粒子ひとつひとつが目に見えてくるようです。でも、実は世界はいつもの営みを続けているだけで、慌しいのは人間とその社会の中だけなんですよね。空を見つめているとそんな大きな宇宙の営みの片隅のほんの小さな一辺の中で、来年はどちらの方向へ目を向ければいいのか?教えてくれるような気がしてきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 19:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

地震発生直前に伊東市東方沖に地震雲

報道されていますように、
伊東市を震源とする群発的な地震が昨日から発生しています。
地震に対してはある程度の心構えと経験をもつ伊東市民は、
比較的落ち着いて冷静に対応できていますが、
数十件の物的被害の報告とともに数人の怪我人も出ているようです。

現在も、昨日(17日夜)からの断続的な揺れが続いていますが、
昨夜から今朝ほど頻繁ではなくなりました。
クリスマスから年末年始の観光シーズン直前。
一日も早く地震も終息してもらいたいものです。

地震が発生し始めたのは17日の夕方以降ですが、
その午前中に伊豆高原の住まいからいつもの海の風景を
何気なしに眺めたのですが、
いつもとは少し異なる変わった雲が出ていました。

伊東市東方に出た地震雲と思われる雲
地震発生直前に伊東市東方沖に現れた不思議な雲

細い筋状の雲が、視界の端から端までいっぱいに
続きを読む
posted by フランキン at 21:04| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

現れたり消えたり…水平線のむこう

快晴でも遠くが見通せなかったり、
雲が多くても水平線上に島々が見えたり・・・
大気を透過してくる光って不思議です。
雲が多くても遠くの島が見えたりします。
今朝は大島を除く残りの伊豆六島が見える。
島の名前はまだよくわからない・・・(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
ラベル:伊豆七島
posted by フランキン at 11:46| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

天城越え…

今日も暮れていきます

今日一日照り輝いた太陽が、たった今天城越え…
名残の空が少しの時間焼けてくれます。
posted by フランキン at 17:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

マックのサインが優しく見える

秋の終わりが近づいて、
いろんなものの色が冴えて感じられる時期になりました。
車から降りるともう肌寒い…

マックのサインがやさしいくなる季節

細くしなやかな月がシャープに感じられて、
見慣れたマックの赤と黄色のサインに、
いつもよりやさしい温もりを感じてしまうのも
多分この時期ならではですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 19:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

すべての波長を反射すると白銀に見えるのか…

今日の海は立体的だな〜
眩しい陽射しが心地よい・・・
今朝の伊豆高原は光につつまれてます。

海は光の中のすべての波長を反射して白銀に輝いています。
その中を遠くの船がゆっくりと横切ってく。
ポッカリ浮かぶ雲は影を海に落としていたり…

水平線の向こうに見えるのが伊豆七島。
シルエットがかすかに…
でもまわりの大気の色の中にそれなりにクッキリ見えます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 10:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

波長の長い赤や朱の光だけが今とどいた。

荒れ模様だった明け方から、
雨も上がってそれでも目まぐるしい雲の動きの一日へ…
風が舞ってたくさんの目には見えない塵が巻き上げられて、
大気の演出する今日のフィナーレは
波長の長い赤や朱の光だけを透過させた空の色…
夕焼けはとてもきれいでした。

朝は嵐そして夕焼け

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 18:11| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無限の偶発が際限なく繰り返される活動写真のよう

天という言葉の気高さは、
こんな光りが降ってくる時に感じます。
空の動きが目まぐるしい…
晴れてきた…
陽が差したと思えばフワっと雲が巻き返して、
風がざわめくとともに雨粒がまた飛んできたり…
でも太陽はいろんなものを貫いて、
最後にはまわりすべてから陰りを吹き散らすように輝きます。

ちょっとスリリングな今日の空と海は、
無限の偶発が際限なく繰り返される活動写真のように目が離せない。
posted by フランキン at 12:52| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。