2007年08月11日

新井英一さんがノアノアに緊急生出演!

8月16日(木)のノアノア

心を揺さぶる歌〜新井英一さん

あの新井英一さんが緊急ゲスト出演です音楽exclamation×2

筑紫哲也ニュース23」のエンディングテーマに
 筑紫哲也さん自身が心を強く動かされた名曲、
清河への道(チョンハーへの道)が、強烈に人々の心を捉え、
レコード大賞「アルバム大賞」までも受賞した新井英一さん。

国内外で多くのファンを持つ新井英一さんの、
あの忘れられない歌声に再びめぐりあえるexclamation×2
8月18日の河津でのライヴを控えノアノアでは、
ライヴ直前の新井さんをスタジオにお迎えし、
数々の心を揺さぶる歌とともに、
新井さんの歌の世界をたぁ〜っぷりとお贈りいたします。
(画像は新井英一事務所より提供)

サーチ(調べる)新井英一さんプロフィールぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
(ウェブサイトより)

あらいえいいち。1950年3月福岡生まれ。15歳で家を出て岩国の米軍キャンプなどで働き、ブルースに魅せられる。21歳で渡米し、放浪生活の中で歌手を志し独学で歌作りを始める。日本で生まれ育ち、朝鮮半島の血を引く自らを「コリアンジャパニー ズ」と呼ぶ。
 帰国後、内田裕也氏に見い出され、アルバム『馬耳東風』(1979年)でデビュー。 1986年、様々な葛藤と不安を抱き、亡くなった父親の故郷である韓国・清河(チョンハー)を初めて訪れる。数年後、その旅の思い出と共に自らのルーツと半生をストレートに歌い上げた『清河への道〜48番』を作り、1995年に一枚のアルバムとして発表。TBS-TV「筑紫哲也ニュース23」のエンディングテーマ曲に選ばれ、テレビ、雑誌、新聞等で取り上げられ話題となる。そのアルバムは第37回日本レコード大賞「アルバム大賞」を受賞。韓国KBS-TVでドキュメント特別番組が放映され、日本でもNHK「わが心の旅」、テレビ朝日「報道特別番組21世紀への伝言」等多数の番組に出演。またライブにおいては国内はもとより、N.Y.カーネギーホールなどでのアメリカ公演に加え2000年はパリでもライブを開催、そして2002年には韓国ツアーが実現。念願であった「清河村」でのライブを成功させている。2004年アルバム『生きる』をリリース。今もなお、国内外問わず精力的に妥協することなく唄い続けている。
posted by フランキン at 12:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック