2013年07月31日

森の呼気・・・霧の息

気体でも液体でもないはっきりと目に見える粒子を感じさせる霧が、天城の森へと浸透していきます。地から空へと幹を伸ばす木々の真っ直ぐな佇まいがいつもとは異なる距離感を帯びて浮かび上がって僕の視線と交差すると、森の奥行きが誇張されて一枚の不可思議な絵となって見えました。伊豆長岡から伊豆高原へ・・・今朝の風景です。

森の呼気・・・霧の息


posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。