2013年07月06日

飛浩隆の「象られた力」そして「グラン・ヴァカンス」

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)
読みかけていた飛浩隆の中短編集「象られた力」を今朝がた読み終えました。森の中で目にする樹々の名をいつのまにか自分がすべて知っていることに突然気づいてしまったかのような、彼の小説を読む時に感じさせられるのは、自分自身の内と外の輪郭が少しずつ意味を失くしていきながら、この世界の事物・事象についての認識が拡大していくような実感です。それは物語の中を漂いながら、その世界の独自の視野と自分のリアルな視界とが重なって、ストンと腑に落ちたような通りの良さというか、無かった視力を一瞬で得たかのようでもあり、言ってみれば一種の気づき≠ェ降ってきた瞬間に出会ったような読書感覚です。
グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
飛浩隆の作品との出会いは長編「グラン・ヴァカンス」・・・訪れる人が絶えて数千年を経た仮想リゾート「数値海岸」(コスタ・デル・ヌメロ)に果てしなく続く平和な日常の中に身を置くAIたちが経験する、世界の崩壊と一夜の闘争を、瑞々しい生体感覚にあふれた表現をもって描いた物語でした。その物語が、映画でも舞台劇でもなく、ダンス作品として再現されるのだとか・・・スケジュールが合わず僕自身は行けないのですが、興味ありです。今頃はきっと開演の間近に控えた頃でしょうか・・・シェアします。
大橋可也&ダンサーズ新作公演「グラン・ヴァカンス」
posted by フランキン at 16:37| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
Posted by 本が好き!運営担当 at 2017年03月17日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368467146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック