2004年07月30日

イチゴミルクさんの投稿

ラジオネーム、イチゴミルクさんのメッセージ
7月28日ON-AIRイチゴミルクさん、メッセージ、ありがとうございました!!


はじめまして。
毎日暑い日がつづきますね。
私の香りの思い出ですが、毎年この時期になると、
カキ氷が食べたくなりますよね。

私はイチゴミルクのカキ氷が小さいころ大好きでした。
今でもカキ氷といえば必ずイチゴミルクです。
メロンとか小豆とかいろいろあっても、やっぱりイチゴミルク・・

氷を食べて、最後のほう、イチゴミルクのピンク色の冷たい氷水に、
細かい氷のカケラがプカプカいっぱい浮いてるのをスプーンですくって飲むのが
たまらないですね。
この時漂うイチゴの香りとミルクの混ざった香りが、
私にとってはすごく懐かしい気持ちと思い出を呼んでくれます。

わたしが小さなころ、氷は一杯45円ぐらいでした。
10円玉や5円玉を集めて、やっとカキ氷ひとつ食べられるだけの
お小遣いをためて、近所の友達と一緒によく食べにいったカキ氷屋さんの中f<
クーラーがガンガン冷えていて、
座る木のベンチも半ズボンだったわたしたちには、
ひんやりしてとても気持ちよかった・・
あの時一緒にあそんで、土だらけ汗だらけになりながら、
氷を食べに行った友達の顔も思い出されます。

今はもう会うこともなく、
どこにいるのかもわからない幼かったころの友達の記憶まで
思い出されるなんで、フランキンさんがいつも言っているように、
香りって不思議ですね。

カキ氷を食べながら感じたまでのことですが、お便りしました。
posted by フランキン at 23:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出や記憶に関わる香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック