2004年08月12日

夏のピッピさんからのエピソード

夏のピッピさんからいただいたメッセージです。
7月7日On-Air

はじめましてフランキンさん。・・時々車を運転中に聴いてます。

思い出につながる香り・・というと、わたしの場合、スイカの匂いかな?
これからドンドン夏の暑い日がつづくと、スイカを食べる機会も多いですよね。
食べ終わった後の、残ったスイカの皮の匂い・・

あの匂いを嗅ぐと、小さいころ、弟と一緒に飼っていた、
カブト虫を思い出すんです。
いつもスイカの皮をあげてました。
スイカの皮の上でジッと汁を吸ってるカブト虫をみると、
子供ながらに、いいことをしてる気がしていました。
でも、やがてカブト虫も、一匹、また、一匹と、死んでしまいました。
足をからませながら動かなくなったカブト虫を見ると、
何か自分のせいで死んでしまったような気がして、
なんとなく寂しかったです。

夏になってスイカの甘い匂いを嗅ぐたびに、そんなことを思い出します。
放送、これからもがんばってください。
posted by フランキン at 21:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出や記憶に関わる香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック