2005年09月09日

お香

思い出の香りのコーナーに
himika-sさんからいただいた香りの思い出です。
2005年9月9日On-Air
香りが記憶と密接に結びついたものであることが
本当によく分かるお話でした。
人の奥深いところに働きかける香り・・素敵な奇跡を
人間は体験しているのですね。
himika-sさん、ありがとうございました。
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

お香

持ち合わせのお香が切れてしまいそうになっていたので
久しぶりに大量にお香を買ってきました。以前も、同じインドの雑貨屋さんで買ったのですけど
インド以外で作られたと思われるヒンドゥー系のお香と
インドで作られたヒンドゥー系のお香って、
微妙に香りが似ているものの
やはり、実際に焚いてみると
インド製のお香は、
まざまざとインドやネパールでの状況を思い出させてくれます。

香りって、その香りがないところでは
どんな香りだったか、
思い出そうと思っても、なかなか思い出せないのに
実際に同じ香りを嗅いでみると
香りだけじゃなくて
その香りを嗅いだときの状況や心情までもを
まるでタイムスリップをしたように
リアルに思い出すから不思議です。

特にローズの香りが好きな私は
インド製のローズのお香を焚いて
しばらく旅の思い出にひたっていようかな…。
posted by フランキン at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出や記憶に関わる香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック