2005年12月30日

柚子湯の香り

思い出の香りのコーナーに
ブログを通してどみさんからいただいたメッセージです。
柚子湯・・今年の冬至・・みなさんは味わいましたか〜
子供の頃の思い出を呼び起こす柚子の香り
どみさん・・今年最後になる、
素敵な思い出をありがとうございました〜るんるん

ハートスペードダイヤクラブ

冬至です。柚子の出番です。皮をむけばそのまま食べられるみかんや柿に比べたら、
柚子はちょっと地味な存在。
皮を少し削って漬物に使ったり
焼魚や揚げ物に果汁をかけたりする程度で、
まるごと使うのは柚子湯くらいかしら。

庭に実っている柚子を洗面器いっぱいに採って
湯船に浮かべました。
この日ばかりは庭のある田舎の子供に
生まれたことを幸せに思うのです。
湯の中でいくつか潰すとさわやかな香りが
いっぱいに広がって、とてもいい気分。

子供の頃は「ゆずゆはちくちくするからいや」
なんて言ったものですが、今はその肌の敏感さも失い、
その代わりに年々少しずつ増え続けるおなかの
おにくをつまみながら、今年も柚子湯を堪能しました。
明日は少しフルーティーな女になっているはずです。
posted by フランキン at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出や記憶に関わる香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック