2012年01月07日

炬燵の中で見た幼い頃の熾火のような

熾火のような・・・
夕暮れに紅く燃えて見える西の空・・・
炭火で炬燵をしていた幼い頃をふと思い出します。
夕焼けというのは灰にまみれた熾火のようで、
掘り起こすとまた温かみを取り戻しそうにも見えます。

今日も暮れていきました・・・
伊豆高原のちょっと寒い夜がこのあとにつづきます。


posted by フランキン at 19:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。