2012年07月30日

Fantastic IZU 水のまどろみ

伊豆というところをどんな風に捉えて過ごすのか?それはもちろん人それぞれなんだけど、山があり火山があり高原があり、島があり森があり美味しい食べモノと透き通った空気があり、街があり、人々がいて、そして太古からの止まらない時の流れがある・・・そのすべてを全部含んで何もないところへと突き出た半島を海の水の碧がぐるりと囲んでひとつの世界を形作っていいる・・・此処は言ってみれば地球のフラクタルそのもので、たぶん、世界の成り立ちと人間との関わりの原型みたいなものを象徴するような気がしてくるんです。

大げさに聞こえるかもしれないけど、それは僕にとっては実体をともなったファンタジーのようので、古い神話や語り継がれる伝説と同じくらいに何処か懐かしさと腑に落ちる感覚をもって迫ってくるのです。其処にいる人たちが何を感じてどんなことを語りたくなるのか?自分がいま身を置く場所への感じ方をはっきりと意識することって、とても大切な気がするんですよね。

曲は、時代と世代を越えて生きる子供たちと輪廻転生をテーマにして描かれた2004年のアニメ、「ファンタジックチルドレン」のエンディングテーマ水のまどろみ≠フロシア語バージョン。歌うのは歌姫Origaです。



posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。