2012年04月02日

公開直前の映画「わが母の記」・・・伊豆のロケ地をたっぷり語るノアノア!4/5(木)は駅弁の祇園社長、守谷匡司さんとF・Cの飯島充子さん!

3月は春の嵐と虹を残して去っていき、
4月に入いるともに伊豆のあちこちで
ソメイヨシノが花開きはじめています。
朝夕はまだ少し冷えを感じる時もありますが、
ようやく本当に暖かな時季となりました。

さて、今週のノアノアです。

わが母の記という映画が、
4月28日(土)に全国ロードショーとなるのを
皆さんはご存じですか?

わが母の記

昭和の文豪、井上靖さんの自伝的小説を、
役所広司さん、樹木希林さん、
そして宮崎あおいさんを配して映像化し、
第35回モントリオール世界映画祭で
審査員特別グランプリを受賞した心に響く映画です。
実はこの映画の撮影ロケ地が伊豆半島なのです。

映画には伊豆の様々な風景が物語の舞台として登場します。
主に沼津市内、伊豆市内、そして
伊東市内で多くの撮影が行われたのですが、
撮影地の清掃、キャスト、備品調達などに
多くの伊豆人々が参加しています。

映画の主人公たちの人生を想いつつ、物語に心を震わせながら、
その舞台となったひとつひとつ風景を探して伊豆を旅してみるのも、
味わい深い旅のカタチのひとつといえるかもしれません。、
映画を見たあとに実際にその場所に訪れてみれば、
そうだ!確かに此処だよ!この場所だよ!
と感じられる幾つものスポットを心に残せることと思います。

4月5日(木)のノアノアではこの映画の撮影に際して、
伊豆の地元の様々な手配に走り回った、
伊東市にある、もう伊豆ではすっかりおなじみの、
また旅好きの人ならきっと知っている
駅弁の祇園の社長、守谷匡司さん、
フィルムコミッションの飯島充子さん、
おふたりをスタジオにお迎えして、
この「わが母の記」の撮影にまつわる様々な風景・・・
そして、数々の小説、映画、アニメ等々
そういった物語の舞台としての伊豆に
たっぷりと焦点をあてた一時間をお贈りする予定です。

生放送中のメッセージを受けつけるTwitterのハッシュタグは
#noa2 です。どうぞお楽しみに!!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
お楽しみに〜!!

posted by フランキン at 10:34| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。伊東でcafe TATI sweetsというカフェを営む村井修二と申します。実は紹介されているこの映画に出演しています。と言いましても出ているのは我がカフェのパティシェである妻が作ったケーキが登場します。川奈ホテルでのお母さんのバースデーパーティーにて昭和40年代の設定のケーキを作成しました。まだ生まれていない頃の設定だったので分からないことだらけで諦めかけましたが紹介して下さった祇園の守谷さんにも助けられて作ることが出来ました。フイルムコミッションの良さを実感しました。参加することでの楽しみと後に映画に協力したことで宣伝効果が期待できるということです!実際公開前ですが伊豆の方の盛り上がりを実感しています。そして清水さんにもクレジットの件で例外なマークを入れて頂いたことに感謝しています。こんな素敵な映画に守谷さんたちのお陰で参加できたことを光栄に思います。ありがとうございました。多くの方に見て頂きたい素晴らしい作品でした。
Posted by cafe TATI sweets at 2012年04月03日 22:03
cafe TATI sweetsさん、いらっしゃいませ〜^^
コメントいただきありがとうございます。

映画の撮影との関わり、すばらしいですね!
映画の中での奥様がつくったケーキの登場・・・
ぜひ拝見させていただきますね。

この映画を通して伊豆の風景が
見る人の心に幾つものふれてくれたらなぁ〜
と、今から楽しみにしています。
それによって、たくさんの人たちが伊豆を訪れるキッカケになってくれたならいいですよね。

物語って、大切ですよね。
物語に関わる場所を訪れる・・・
はじめは映画がキッカケでも、
やがて訪れた場所の物語に人々がふれるようになる・・・
伊豆に住んでいる人間自身が、
自らの物語を持つべきだと思っています。
その土地と人々が持つ物語に
旅する人たちが再び訪れたくなるような・・・

cafe TATI sweetsさんのケーキ
僕もネロリもぜひ今度お店にうかがって
いただいてみたいと思ってます。

番組ではこちらにいただいたこのコメントも、
ぜひ紹介させていただきたいと思います!
ありがとうございます!
Posted by フランキン at 2012年04月04日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック