2011年05月28日

ピンクでアートなガスステーションと女性社長の作るキャンドルアートなノアノア

伊豆地方も梅雨雨に入ったようですね。
今これを書いているのは28日ですが、
冷たい雨がシトシトシトシト・・・ずっと降っています。

どうやら26日(木)のノアノアは、
今年の梅雨直前の生放送となったようです。
伊豆半島というところは、太平洋に突き出し、
相模湾と駿河湾というふたつの湾に面していて、
西、南、東と・・・そっくり海に囲まれています。
そしてその半島の中に、
天城をはじめとする山々が連なり、があり高原があり、
太古の噴火によって伊豆の岩礁を創りあげた火山があり、
地球という惑星が有する風景のフラクタルであるかのように、
いくつもの特徴を持っています。

そんな変化に富んだ伊豆半島ですが、
フランキン&ネロリの活動範囲は主に伊豆高原と熱海・・・
R135を右側に海の風景を置き
毎週約50分ほどのドライブを楽しんで、
熱海のエフエムCiao!のスタジオに着きます。

今回のノアノアは電話ゲストを迎えてお贈りしました。
伊豆は伊東市、宇佐美の海岸近くで、
ピンクでアートなガスステーションを経営し、
キャンドルアーティストとしても、
その伊豆のあちこちで作品を見ることができる
川口屋社長、川口友美さんです。

電話にでていただいたその声からは、
とってもアクティブな女性であることがすぐに伝わってきます。
ガスステーションというと、今の車社会ではなくてはならない場所で、
誰もが必ず定期的に訪れる場所ではあるのですが、
大抵の人にとっては、何処の店舗でも違いはない燃料という商品を
必要に迫られた時にのみ買いに訪れるだけの場所であるにすぎません。

でも、彼女が求めるガスステーションのイメージは、
最低限度の固定した必要に応えることだけのものではないんです。
フランキンとネロリも、放送直前にチョコッと寄らせていただきました。
小さなガスステーションなんですが、とっても目立っていて、
思わずひょこっと中に入ってみたくなります。

おしゃれでアートなガスステーション、川口屋さん

中に入ると、機械油やガソリンの匂いは全く感じず、
代わりに心地好いアロマの香りが漂ってきて迎えてくれます。
一頭のノンビリしたわんこ、
ラムちゃんが椅子の上でむっくり起き上がって、
気持ち良いのと同時になんとなくユーモラスな気持ちにもなってきて、
店内におかれているいろいろなグッズひとつひとつに触れてみたくなる・・・

アロマも香る・・・わんこのラムちゃんこっち向いて〜

キャンドルアーティストとしての顔も持つ川口友美さんは、
このステーションを、給油所の仕事場・・・ではなく、
まずは自分自身がそこでの時間を楽しめるようにと、
すっかり世界観を変えてしまったのでしょう。
そしてそれがそのまま、お客様を迎えるための
空間デザインとなっているのです。

これなら、燃料補給だけではなく、
理由がなくてもふらっと寄ってみたくもなりますよね。
ちょっとおしゃべりなんかに花を咲かせて、
ゆっくりしてみるのも好いかもしれません。

とにかく彼女には、もっと前へ前へ・・・という積極さ、
もっと上へ上へ・・・という、自分の仕事もプライベートも、
常に新陳代謝されていくかのような力を感じます。

そんな友美さんが、最近意気込みをもって取り組んでいるのは、
観光というものを中心に置いて成り立ってきた
彼女が住む伊豆という土地・・・
そこに生きる者として、そこで商いをし人の訪れを迎える者として、
伊豆・・・というこの地域で、自分たちにいったい何ができるのか?
今まで以上に積極的に人とつながり、意見や知恵を出し合って、
共に考え、カタチにしていくこと・・・
FacebookなどのSNSも利用して、
型には填らず主張し合い受け入れ合い、
具体的な行動へとスピーディに移していくこと・・・

経済社会の変化、さらには3.11の大震災以来の
価値観再考の傾向等々に面し、従来の観光や
サービスのあり方にも様々な変化が求められています。
どんな職種に携わっている人でも、
これから・・・というものへの期待を抱くと同時に、
不安や危惧をも覚えてしまうのも正直なところ・・・
課題や問題は幾つもあるのかもしれませんが、
しかし、問題というのは同時に機会でもあります。

伊豆の旅館やホテルなどの宿泊業、各種商店のオーナーさん、
様々なサービスに関わる有志の人たちとともに創りあげつつある、
仲間たちとのつながり・・・もしかしたら伊豆を中心に置いた、
何か新しいことの始まりへとつながっていくかもしれません。
目が離せませんね。

川口友美さんの作ったキャンドルアートは、
ちょうど今月末まで開催中の伊豆高原アートフェスティバルにて、
見ていただくことができます。
川口友美さんの作品の展示はこちら・・・

伊豆高原アートフェスティバル
「アートの森のなかまたち展」
2011.5.1-5.31
アートの森.すぎやま
静岡県伊東市富戸1101-110

http://ameblo.jp/gura-guri/entry-10879897501.html

フェスティバル、もう終わりに近いですが、
あと数日・・・ぜひいろんなアートに触れてみてはいかがでしょうか?

沖合に訓練中の海自の船影と、 言い波がやってくるのを待つサーファーたちが見えました。

夕方・・・伊豆高原に戻る途中の宇佐美海岸・・・
沖合に訓練中の海自の船影と、
いい波がやってくるのを待つサーファー
たちが見えました。

お贈りしたナンバーは、
サーチ(調べる)Natalie Imbruglia
 るんるんTorn



サーチ(調べる)ハイ・ファイ・セット

 るんるん夕なぎ


サーチ(調べる)ロードナンバーワン ROAD NO.1 OSTより 歌:ベク・チヨン
 るんるんSame Heart


サーチ(調べる)Jimmy Messina
 るんるんSeeing You (For The First Time)


posted by フランキン at 20:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック