2011年03月21日

福島第1原発事故についての雑感・・・

数日前に、原発事故について感じることを日記にしたばかりですが、
ひらめき原子力に既成の安全なんて存在しない
再びちょこっとだけ日記にします。
いたずらに長いかも・・・

高レベルの放射能に敢えて身を晒し
命を懸けて原子炉に接近して任務を遂行した
消防・自衛隊員たち・・・
そして危険を顧みず任務に赴く父、夫、息子たちを送り出し、
彼らを支持し、無事を願いつつ帰りを待った家族の皆さんにも、
心よりの感謝と敬意を表します。

だからこそ、彼らの為したことが、
今回の原発事故の中においてどんな意味を持ちっているのか、
また、成功したと思われるのは、
本来は正規のシステムで注水ができていなければならないものを、
厳しい状況の中で辛うじて一時的に代替できたのであって、
依然としてこの原発が深刻な危機にあることは変わりなく、
引き続き命懸けの作業を誰かに任せなければならない情勢も
起こり得るのだということを明確にしてくれたら・・・と思います。
希望的な観点を誰もが持ちたいと思うところですが、
決して楽観に流れて事態の重みを見誤ることのないようにしたいと思います。

さて・・・ちょっと記録の意味で今の雑感を日記にします。

政府が何らかの発表をし、
そしてそれを受けて報道機関が何かの情報を発する時、
そこには大衆が知るべき事柄を
誤解のないようにして伝える責任があると思いますし、
当然表現に用いられる言葉も慎重に選ばれるはずと思うんです。

しかし現在進行中で今なお危機のさなかにある
福島第一原発の事故に関するニュースには、
明快に伝えられるべきことが
なぜか曖昧な言葉を選んで発表・報道されています。

その中で特に違和感を強く感じるのは、
原発周辺で検知され、量的には少ないと判断されているとはいえ、
すでに遠隔地でも検知されている放射線の及ぼす影響について、
「・・・健康に影響を及ぼすレベルではない」の前に、
「直ちに・・・」と、いつも付していることです。

政府もマスコミも、
「正しい情報を得て冷静に・・・」としきりに言いますが、
政府&マスコミの言うことが正しい情報と言うならば、
少なくとも、
言外に意味が秘されているかのように受け止められかねない
趣旨を曖昧にしてしまうような言葉を選択するのは、
極力さけるべきではないでしょうか?

直ちに影響することはない・・・ということは、
いずれは影響がでるかもしれない・・・という意味を含んでいます。
そういう意味ではない・・・というもしれませんが、
このような意味にも取り得る言葉の選択を、
危機発生の時からずっと続けている政府とマスコミは、
この重大な局面において実に不用意な発言を繰り返していることになります。
ニュースを伝えるアナウンサーはこの曖昧な言葉をもって放送することに、
本当に違和感を抱かずにいれるのでしょうか?

原発危機と聞いて直感的に大きな危険を想起する一般人に対して、
いわゆる専門家と称する大学教授なる学者の方々は、
素人の危機感はまるで取り越し苦労であるかのように「問題なし」を強調します。
彼らが根拠として提示するデータは
確かに状況判断のための大切な基準を提供してくれます。
しかし現在進行中(悪化の恐れも考えられる)の原子力災害について、
どうして現在の数値のみから「安心して良い」と言い切れるのでしょうか?
遠方はともかく、近隣の住民に出されている屋内待避指示等の是非について、
これが最善のものとは思えないのと、
このような指示を出されたほうの住民の困惑はいかばかりかと心配しています。

原子力事故というのは
地球規模での害悪を人類にもたらしかねない重大な事態なはずですが、
テレビに登場するコメンテーターの学者たちからは、
そういう危機感を感じられません。
大衆のために危機を煽らない・・・という姿勢なのでしょうか?
だとしたら、本末転倒です。

僕がこの日記で残しておきたい疑問は、
原発周辺住民、はては日本に住むすべての人の健康と人生が、
今起きている原発危機により、
今、脅かされているのか、それとも安心しても良いのか・・・
どちらが「正しいのか?」ということではありません。

そうではなく、どうしていわゆる「公式」の見解というのは、
危機を最小に見積ってしか発表、報道されないのか?ということです。
最悪を想定してこそ初めて起こり得る事態に最大限に対応できるのだと思います。
(津波対策について言えば、最高度の高さを想定していたはずの堤防までも
今回の大津波は易々と越えてきていることも、教訓を含んでいる思います)
見えない放射性物質の飛散、放射線量の増減の変化等々を踏まえ、
避難範囲の設定も・・・大げさに感じられる程度のものを示し、
仮にそれが実際には必要ではなかった・・・ということが後で明らかになるとしても、
それは大いに歓迎されるべきミステイクです。

今回の福島第一原発の事故が、
深刻さの点で既に凌駕しているといわれる
アメリカのスリーマイル島原発事故では、
放射線被曝による住民への健康被害は見られなかったと
公式には伝えられています。
しかし、「影響はなかった」とする報告は、
必ずしも正確ではないかもしれない・・・という調査報告もあります。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/TMI/JHT9704A.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~iv4t-msd/tmi.HTM

漏れ出した放射線を、「浴びても大丈夫・・・」とする専門家の発言が、
「正確な情報」としてマスコミで流れますが、
スリーマイル島事件でさえ、もっと調査が必要であったという事実は、
いま目前で起き、進行中の原発事故についても、
すぐには(つまりは「直ちに」)健康被害を発生させることはなくとも、
被爆者の今後の人生に何らかの悪影響を及ぼしかねない危険を、
はらんでいるかもしれない・・・という予防的な考え方は必要ないのでしょうか?

決死の放水作戦の後、
原発の状態は小康状態に入ったと言われますが、
それでも依然として予断を許さない、
いっそうの悪化の恐れも否定できない様子です。

このような事態に面して、
限りなく人命を尊重した状況判断と決断を厭わないリーダーシップと、
まさに命にかかわる情報伝達の経路であるマスメディアの
情報の真正性が、今こそ問われていると思います。

日本は、真実と立前の間に板挟みになり、
国民から真実を隠してしまった公式発表というものを
過去に経験しています。
http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/dai.htm
政府の公式見解や発表が、
現代の「大本営発表」とならないことを祈ります。
posted by フランキン at 21:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック