2011年03月22日

贈り物はこうして受け継がれて・・・

ギター一本でダン・フォーゲルバーグが歌った曲、
バンドリーダーの贈り物

音楽家だった父親の存在から
自らも音楽を道に据えた生き方を選んだ
ダン・フォーゲルバーグ。(07年没) 


ダンが素晴らしい音楽家として生きた証のようなこの曲・・
こうして贈り物は世代を超えて受け継がれていくんだね。
素晴らしいカヴァーです。


〔バンドリーダーの贈り物〕 ダン・フォーゲルバーグ

 親父は一人っ子で、気性の荒い家具職人の息子だった
 親父は後を継がず別の職につきたかった
 でも親父の胸のうちは誰にも理解してもらえなかった
 親父は家を飛び出し、一人で孤独な路を歩み始めた
 そして俺は親父から才能を譲り受けた
 それは恩返ししようもないもの

 寡黙な音楽家の親父は、自分の運命を呪った
 父は一度兵士になろうとしたが、
 でも音楽を志す気持ちははそうさせなかった
 演奏の訓練で稼ぐようになった
 雷のように響く音色、繊細な指技
 父の職人技を習得するには、何年もかかった

 バンドリーダーだった父は疲れ、
 彼の目は老いてしまった
 だが、父の血は、私の腕の中に流れている
 彼の歌は私の魂の中に在る
 俺の人生なんて、
 親父のもの真似をやってきただけのことだった
 俺は、バンドリーダーの父からしっかり受け継いだよ

 俺の兄弟の生活は違った、 別の呼び出しがあれば
 ある兄弟は、シカゴに行き、 
 別の兄弟はセントポールに出かけた

 そして俺はといえば、
 ホテル泊まりでないときは、
 コロラドに定住している
 自分の選んだ生活をし、それもよくわかってきた
 父の音楽、そしてあなたのロードストーリーに感謝

 俺の時代になったんだ
 好きなことをできるこの自由に感謝する
 ああなたの優しさ、あなたの戦った時代に感謝
 そうだ親父、
 今まで充分愛しているなんて口に出したことはなかったと思う
 俺は、バンドリーダーの父からしっかり受け継いだよ


訳詞は下記ブログから転載させていただきました。
名曲洋楽訳詞隊


posted by フランキン at 13:13| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。