2011年02月20日

風に吹かれ、草がゆれ、命が際立つ・・・ノアノアゲスト風来直&いしはらとしひろ!

2月10日(木)に
ノアノアのスタジオを訪れてくれたのは、
シンガー・ソングライターの
風来直(かざきなお)さん、
そして彼女とともに相模の風THEめをと 
という夫婦ユニットでも活動するミュージシャン
いしかわとしひろさんのお二人でした!

相模の風THEめをと 風来直さん&いしはらとしひろさん

おふたりに前にお会いしたのは、
昨年の夏に天城ドームで開催された、
Folk Song Festival 伊豆
でのことでした。

朝から夜まで、個性豊かなアーティストたちが
後から後から途切れなくライヴをつなぎ、
まさに真夏のただ中で行われたハイテンションなライヴ!
その中で、それぞれギターを抱えながら、
軽快なトークとともに夫婦ならではの穏やかかつコミカル、
そしてやはり熱いステージを見せてくれたのでした。

さて今回は、風来直さんのニューミニアルバム
今ここにいる、ということ
今ここにいる、ということ
「今ここにいる、ということ」
の発売プロモーションを兼ねてのノアノアゲスト出演でした。

さて、このミニアルバムのジャケット・・・

緑の草原にギターと身体をなげだし、
目をつむり風の行き来を肌で感じてまどろむかのような
風来直さんは、たぶん真上に広がる青空を感じながら、
草と風と空だけの此処という場所を背中に感じ、
自分の存在を再度味わおうとしているかのように見えます。

実際に音を聴いてみると、
実に手作りの音・・・といいますか、
アコースティックギターを実に自然に鳴らして
さらりと意味を込めた歌に絡ませたような雰囲気・・・

今回収録されている曲はすべて、
ここしばらくの間に風来直さんが感じた、
時に儚くも感じ、でも何にも替えられない命・・・
それを再び噛みしめてみる・・・
そんな想いが静に流れ出してきます。
リスペクトしていた人、身近な人・・・最近経験した幾つかの喪失・・・
CDに込めたテーマはずばり、生きるということ・・・


ミュージシャン、レコードレーベル運営、
主婦、銀行員・・・4つのワラジというか、
4つの異なる役割を颯爽と果たし、
カラっとした太陽と風を感じさせるような
風来直さんですが、
スタジオは心地よい風が吹き抜けていくような
緩やかなムードに満たされました。

この日の夜にライヴを控え、
車にギターを積んでいたいしはらとしひろさんには、
生放送中のトークに、
ギターを絡ませて鳴らして欲しいとお願いしました。
いしはらとしひろさんの場合、変則オープンチューニングに、
ガラスのボトルネックを小指につけたスライドギター・・・
本番中トークに絡んで流れていたオブリガードギターは、
実に心地よい音色で、けっこう贅沢させてもらいました。

いしはらとしひろさんのスライドギターなのだ!!ギュイぃぃぃ〜ぃ〜ん
スライドギターの響きはたまらん!トークに絡んで響くオブリガードギター

それぞれソロアーティストとして活動するとともに、
相模の風THEめをととしても
近頃はステージを共にすることが増えてきた
風来直さんといしはらとしひろさん
伊豆でのライヴはもちろん、日本中駆け回って
様々なイベントでパフォーマンスを繰り広げています。

ふたりの会話は実に軽快で、
男らしく女らしく・・・といういわゆる夫婦像には、
互いにちょっと照れを感じているかのよう・・・
まるで中学生の少年少女のような初々しさも感じさせられます。
ホントに仲がいい、
友達同士のような雰囲気をも保っているふたり・・・
これからの活躍も楽しみです。

「相模の風THEめをと」は今日もいく!!

お贈りしたナンバーは

風来直
 るんるん風に吹かれ

いしはらとしひろ
 るんるん脱力

風来直
 るんるんNo Drug, My Friend

 るんるんK.K

生きていること・・・命そのもののこと・・・
社会で人を巻き込んでいる問題などなど・・・

同じ時を生きている人々と想いを共有して、
それを音楽で表現していく・・・
おふたりの音楽活動にはこれからも少しずつ意味が付され、
そしてそれは深められていくことでしょう。

風来直さん、いしはらとしひろさん
ゲスト出演ありがとうございました!!
posted by フランキン at 23:55| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック