2010年05月20日

龍馬伝から池内万作さんがやってきた!

ここのところなかなか予定どおりブログがアップできなくて、
今週も周回遅れでの放送後記という感じになっちゃいました。

今日は木曜日で熱海にこれから向かいますが、
その前に先週のノアノアのことを
しっかりアップしておきます。

先週はまたすばらしいゲストが
ノアノアなお客様となっていただきました。
俳優の池内万作さんです!

龍馬伝から池内万作さん登場!

エフエムCiao!熱海・湯河原の聴取エリア
湯河原とはとても縁があって、
2歳から10歳までの少年時代を
湯河原の街で過ごしたという池内万作さんにとって、
湯河原はとても懐かしい想い出やも、
会えば今でも「おおっ〜!」と
親しく声をかけられるような友人が多くいるようです。

伊丹十三さんを父に、宮本信子さんを母に…という
映画の世界にきっと誰よりも近かったかもしれない池内さんですが、
俳優になったきっかけというのは、
ストレートに「俳優になろう!」というのでは必ずしもなくて、
早く家が出たくて、海外に留学して、
帰ってきてもう一回やっぱり家から出たくて
「演技の勉強をする・・・」っと言って家を出て、
それから俳優という仕事と深く関わるようになった池内万作さん。

数々の大作・話題作の映画やテレビの人気ドラマに出演し、
今はNHKの龍馬伝三条実美役として出演していて、
池内さんは意外にというかとってもというか、
公家のお姿がお似合いだなぁ〜
なんて見てましたが、
実際にお会いしてみると、
どたらかというとワイルドな印象とともに、
型にハマらない自由な雰囲気をもった楽しい人でした。

公家の衣装を脱ぐと・・・

俳優の仕事って、その人が成し遂げたことが
他の仕事よりもきっとはっきりと残るものだと思うし、
その分、ひとつひとつの仕事が再見されたり評価されたり
賞賛されたりということがすごく多いんだろうなと思います。
けっこう心のタフさが求められるっていうか、
考えてみるとすごいことですよね。

話題となった作品に幾つも出演しているのだけど、
池内さんは、そのひとつひとつを語るのに、
まるでさっき食べてきたお茶漬けのことを話すみたいに、
サラリとした印象で語ってくれるんです。
誰でも出来るようなことをチョコッとやってきただけですよ…
あなたにも出来ますよ…みたいな感じで・・・

だからすごく自然体で演じることを楽しんでるように感じたし、
ワイルドな印象とともに自由でサラリとしていて、
そのイメージからすると、きっとこの人は、
劇中のどんな人にも、
成ろうとしたものには何にでも成れる人だなぁ〜
なんて思いました。

池内万作さんinノアノア

どうしても僕の場合、ラジオでもブログの文章でも、
言葉で装飾してしまう傾向があります。
だから言葉が多くなるし、ひとつのことを
幾通りもの言葉で表現してしまったりすることも…

だから池内万作さんと接して学んだことがあります。
やはり人間の味というのは、
素材そのものに元々あるものを感じてもらうべきだし、
そんな自分の持ち味っていうのかな・・・
それを自分で分かっている人というのは
何も飾りつけしなくても伝わるものや
感じてもらえる味わいというのがあって、
その部分こそその人がこれから先、
どんな広がりを見せてくれるのか…
きっと左右するんだろうな〜

池内万作さんも、今挑戦していることがあるといいます。
これからもたくさんの映画のスクリーンやドラマの映像の中で、
彼の姿を見ることになると思います。
それが刑事であったとしても、公家の顔であったとしても、
犯罪者や気のいいお兄さんの役であったとしても、
きっとそこには、池内万作さんの素の味わいが、
いつでも根底にある味わいとして生きているばす・・・


生意気ですが、そんなことを思う
ノアノアin池内万作さんの巻でしたわーい(嬉しい顔)

池内万作さんの直近の出演作品情報

サーチ(調べる)NHK大河ドラマ「龍馬伝」三条実美役

サーチ(調べる)映画「しゃったーず・4」主演

サーチ(調べる)Beetv「I am GHOST」 DVDレンタル・リリース

サーチ(調べる)映画「獄に咲く花」2/6(土)山口・福岡県<先行>ロードショー
4月有楽町スバル座ほか全国ロードショー

サーチ(調べる)映画「悪人」2010年秋 全国東宝系にてロードショー
posted by フランキン at 11:41| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック