2010年02月25日

バンクーバー五輪ではじめてカーリングを見つめた


自分を振り返ってみると、バリバリのスポーツマンとは言えそうにないし、スポーツ観戦にもそれほど頻繁に熱くなるタイプでもありませんでした。

そんな自分にとってバンクーバーオリンピックは、遅ればせながらはじめてカーリングという種目を真剣に見つめた五輪大会となりました。クリスタルジャパンの目黒萌絵さん、本橋麻里さん、石崎琴美さん、近江谷杏菜さん、山浦麻葉さん、本当にお疲れ様でした。

この種目がこれほどまでにおもしろく、ワクワクとハラハラを抑えられずに手に汗握るものだとは知りませんでした。クリスタルジャパンと命名された日本チームの闘う姿は、この競技についての歴史の点でも経験の点でも、はるかに上まわるであろう居並ぶ強豪国チームの選手たちと同じシートの中で、実に華奢に見えました。

確かに3勝6敗での予選敗退という残念な結果だけを見れば、まだまだこの種目において上位を目指すには、克服しなければならないことや、強化しなければならないポイントは、きっと多々あるのでしょう。でもそれはたとえ戦績が上々の場合でも同じことのはずで、反省のない競技また選手の存在など、何一つ誰一人ないのだと思います。

スポーツは本来、人間が自分の力を共働させ、通常ではおそらく到達できない領域での経験の「場」を作り出し、そこに個人、または複数の人間が昇華していく姿を感じる故に、見ていて心を動かされ、結果として競技する者、観戦する者それぞれが、何かしらの浄化と成長を経験するところに魅力と真実があるのだと思う。

オリンピックのような国際的な大会では、そのような「場」が何度も描出され、メダルの授与などにより、一層記憶に残る感動的なものとなります。

確かに、選手を送り出すまでには、選手個人の心身の鍛錬だけではなく、その周囲で目には入らない多くの人たちの尽力があり、それはおそらく経済的な支援の面でも、たくさんの努力が払われてきたのでしょうね。

誰もが良い結果を目指して責任を担っているのでしょう。シートで闘う選手たちはもちろん、その指導にあたる人々、マネジメントや広報の面で主要な働きをする人々、資金という点で責任を担う企業等々・・・それぞれに責任を担っているのだと思います。あまりに多くの人たちが関わり、期待を抱いて見つめている故に加わる重圧の大きさは、のんきなTV観戦者である自分などには想像もできません。

では、「担った」責任を「果たす」・・・というのは、いったいどんなことを意味するのだろう? 競技で試合に勝てば、選手は責任を「果たした」ことになるのだろうか? 勝てずに負ければ、責任を果たさなかったということなのだろうか?チーム青森の広報の方のデンマーク戦の総括を読んで、つくづく考えてしまいました。

クリスタルジャパンの選手たち・・・もちろん、100%万全な結果などでは決してなく、本人たちこそ、取り返しのつかない想いを抱かずにはいられない、総合的に見れば敗北という色ばかりが残る結果なのかもしれません。

でもそれは、決して責任を果たさなかったということではなく、彼女たちは課された責任を担い、それを立派に果たしたのであり、堂々と胸をはって帰ってきて欲しいと強く思います。

東京五輪の頃から耳にする「参加することに意義がある」…などという一見美しい言葉でこの経験をまとめてもらいたいなどとはもちろん思いません。当然そこには、選手はもちろん、指導やマネジメント等々、さまざまな立場で責任を担った人々のそれぞれにおける、またひとつの競技に関わる組織としての事実の消化というものがあるのでしょう。

なぜ、僕はこんなことを今書き残しているのだろう? それはたぶん今回のバンクーバーオリンピックで、誰でもない彼女たち、つまり日本の女子チームによって、カーリングを知るに至ったのであり、シート上で闘う彼女たちの姿がなければ、この競技の面白さと知性の高さに気づくことはおそらくなかったであろうと思うからです。

このオリンピックを通じて、カーリングの試合において用いられるコンシードという言葉を初めて知りました。あの記憶に強烈に残ったイギリス戦は、イギリスチームがまだひとつエンドを残して第9エンド終了時点でコンシードした結果でした。

NHKの解説者小林さんの説明によればコンシードとは、「相手のチームの技術と戦略をリスペクトして敗北を認める」・・・ということであり、あのイギリス戦での勝利は、イギリスチームの退き際の潔さと、互い(自身についても)の尊厳を重んじ、次につなげていこうとする姿勢を強く感じた瞬間であり、自分にとってはひとつの気づきを得たような気もしたのです。

総合的な結果についても、少なくとも、ひとつの試合の中で見たこのコンシードと同じ精神を感じたい。

負ける・・・という経験が引き起こす感情というのは様々です。そしてその殆どは、自分自身の内で消化していかなければなりません。彼女たちが、今回の経験を時間をかけて受け止め、まだまだ若くて将来が楽しみな選手たちが、尊厳を保ち、これを機会にさらに成長して、カーリングの素晴らしさを体言する選手としてさらに活躍ができる・・・そんなフィールドが整えられる方向へと変化していくことをこころから願います。

クリスタルジャパンの皆様、バンクーバーオリンピックでの素晴らしい活躍、本当に、お疲れ様でした!関係者のすべての皆さんも、本当にお疲れ様でした!またすっかりのめり込んでカーリング観戦ができる機会が訪れることを心から楽しみにしています!

ぴかぴか(新しい)2010バンクーバーオリンピック カーリングTV観戦の勝手なメモ

ひらめき対ロシア戦に見た少しだけ先の未来を創る醍醐味

ひらめき対イギリス戦に見たカーリングの美しさ
 
posted by フランキン at 00:15| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの五輪でカーリングに初めてハマリました。
でも、ちょっと公式HPで後味が・・・って時にこの記事を読ませてもらい。すごく代弁していただいたような気持ちです。
ありがとうございます。
ちなみにこの記事は、ツイッターでちょっとした話題です。(私もそこで知りました!)
ハッシュタグ#curlingJPでかなり取り上げられてます!!
最後にこのような放送局しりませんでした。(すいません)今度熱海方面にドライブとかで行く際には聴かせていただきます。
Posted by Mijasik at 2010年02月25日 01:22
Mijasikさん、いらっしゃいませ^^
バンクーバー五輪のカーリング、
いや〜夢中になって見てしまいました!
徹夜を連続してスポーツ観戦なんて、めったにないです(笑)

なのでチームの皆さんにはそういうファンがたくさん生まれたよ〜ってことが伝えられたらいいなぁ〜と先ずは思います。

選手たちだけでなく、チームで共に歩んできたそれぞれの立場の方々で、
今の結果はかみ締められてるんだと思いますし、もちろん、それについてはいろんな想いが当然あるはずだし、
いろんな反省や修正もあるんでしょうね。

そういう色々が、今後につながって、
こういう大会で強豪国と渡り合う日本チームの姿を、
再び見れるようになってほしいなぁ〜とすごく思います。

とにかく、選手の皆さんにはお疲れ様でした!と伝えたい!

>ちなみにこの記事は、ツイッターでちょっとした話題です。(私もそこで知りました!)

ツイッターから真夜中に記事を読んでいただいた皆さんにも感謝です^^

>最後にこのような放送局しりませんでした。(すいません)今度熱海方面にドライブとかで行く際には聴かせていただきます。

もし伊豆においでの際には、
よかったら聴いてあげてくださいな!^^
Posted by フランキン at 2010年02月25日 10:05
私も今回はカーリングにはまりました!
スキップの目黒さんのショットにしびれました^^
本当に面白かったな〜☆
Posted by まどやん at 2010年02月25日 17:46
まどやんさん、こんにちは。
いや〜本当におもしろい競技ですよね!

>スキップの目黒さんのショットにしびれました^^

特にイギリス戦でのラストのダブルテイクアウトは、
このオリンピックでの最高に瞬間だったのではないかな!
またクリスタルの面々の活躍を見たいですね!
Posted by フランキン at 2010年02月25日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック