2010年01月23日

色と心にふれる一時間〜花形まきこさんをお迎えしてのノアノア♪

早くも春の訪れが感じられるような
暖かい日となった熱海・湯河原、そして伊豆地方。
冷たかった空気がこの日は朝からポカポカ。

降るかもしれない…そう思っていた雨も、
どこかへ気配を消してくれました。

色とココロのエコバランス〜花形まきこさんinノアノア♪

そんな熱海の高台に位置するエフエムCiao!のスタジオ…
生放送のノアノアに来てくれたお客様は、
(株)BALIO TOTAL FACILITATE代表
カラーセラピストそして心理カウンセラーの
花形まきこさんでした。

時にはあふれ出し、時には滲み出す…
別の時にはすべてを内に秘めて隠してしまう。
漢字一文字で書き表される人のって、
なんて奥が深くてそれでいてつながっているのだろう…
そんなことに感動してしまう
気づきと体験に満ちたノアノアとなったのでした。

心の中を物語るとしたら、
それはどんな言語を使って表されるのだろう?
心に向き合うためのツールのひとつとして、
花形まきこさんは、カラーを使います。

たとえば、…という色。

日本語を話す僕らはそれをあかと発音し、
同じ色を見て英語を話す人はレッド(Led)と言い表します。
イタリアに行くと今度はイタリア語でロッソ(Rosso)…
言葉はそれぞれ違って聴こえても、
その色の名を音で発する時にその人が見ている色…

そして感じているイメージはどれも同じ。〜赤〜

何億年ものあいだ太陽の光を浴びて進化してきた人類は、
色とそれに抱くイメージとそれに呼応する感性とを、
心の奥底にもっている…だから、色というのは
万国共通に理解し合える言語…

穏やかなトーンで絶妙なメロディをともなった
花形まきこさんの語る説明は、そのままストンと
ネロリとフランキンの腑に落ちてくれるのでした。

すごく素敵な贈り物をいただきました揺れるハート
カラーハートセラピー&カラフレ3Dアートの贈り物
花形まきこさんの著作
カラーハート・セラピー (セレクトBOOKS)(主婦の友社刊)
そして、心につける色の香水
カラフレのカラー3Dアート

心につける色の香水〜カラフレひらめきクリック

幅数ミリのペーパーのラインでハートをかたどり、
2010年の色ともいえるイエローに染められたカラフレアート
ペーパーアートの魔術師と香川かづあき氏とのコラボで生まれた
オリジナルの心理療法…

3つのハートの組み合わせは、
お父さん、お母さん、そして自分を表していて、
自分でこの3Dアートを作っていくプロセスで
人は自分と他との様々な関係を見直し、
受け止めていくことができるようになるのだそうです。
心につける色の香水カラフレ(カラーフレグランス)
んん…いいですね。

花形まきこさんをお迎えしてノアノアOn-Airなう♪

ちょうど居合わせた他のパーソナリティも何人かいて、
早速いただいた花形さんの本の中にある
8つのカラフレのイメージから
好きな色…そして気になる色を選んでもらい、
そのふたつの色から、
その人の今をそれとなく読み取っていただきました。
みんなすごいミラクルを感じるらしく、
放送ブースの外でもすっかり盛り上がりました。

色を通して、人の心、
そして何より自分自身の心と向き合い、
誰もが穏やかに自分自身を受け入れられるよう、
色と心のエコバランスのサポーターとして
精力的に活躍しておられる花形まきこさん…

今回のノアノアは本当に新しい発見と気づきを、
め一杯感じられた貴重な一時間となりました!
いや〜、ホント短かった〜

お贈りしたナンバーは

サーチ(調べる)Wilson Phillips
 るんるんDANIEL(エルトン・ジョンのカヴァー)

サーチ(調べる)KOKIA
 るんるん歌う人

サーチ(調べる)Mr.Children
 るんるんGIFT(花形まきこさんセレクト曲)

カラーセラピスト&心理カウンセラーの花形まきこさん♪

花形まきこさん昨年11月、熱海では起雲閣にて、
婚活恋愛合宿セミナーの開催もしたばかりなんだそうです。
どうやら熱海、そして伊豆とはつながりも深くなっていきそう。
再び熱海でセミナーがある時には、
また是非ノアノアにもきていただきたいなと、
ネロリとフランキンはもう次の機会を楽しみにしているのでした。

スタジオから伊豆高原の自宅へのドライブも
見る景色が心なしか
いつもと違った色の波長に気づくような気がしました。

空は曇っていても…風景の中にたくさんの色が…

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 02:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック