2009年11月01日

聴かずに終わっちゃモッタイナイ!

10月29日(木)ノアノアにゲストに来てくれたのは、
11月3日(火.祝)に三島市民文化会館大ホールで行われる、
郷土の名手スペシャルコンサート
静饗コンサートシリーズ「音楽の翼」
郷土の名手スペシャルコンサート

で、リストのピアノ協奏曲第1番を静岡交響楽団とともに演奏する
ピアニストの梅原圭さんでした!
ピアニスト 梅原圭さん登場♪

音楽って、いつも動いていてどんどん変っていきますよね。
流行っていうものが歴然と存在するのが音楽の世界。
人がいる限り、そこにはいろんな音楽が現れては消えていき…
たぶん失われたメロディや演奏は
残っているものよりも遥かに多いのではないでしょうか?

そういう意味では、クラシック音楽というのは、
ある意味すごい音楽だなと、ふと考えることがあります。
だって、何百年も昔に生まれた曲の数々が今も人の心を震わせて、
演奏する人もそれを聴く人も、
ずっと昔にすでにいなくなった人たちの心が感じたのと同じものを
それこそ身体中で浴びながら共有する。
スゴイです!ホントに…

だからそんなクラシック音楽を愛し、
自ら奏者として生きるピアニスト梅原圭さんは言います。
「聴かずに人生終わっちゃモッタイナイですよ!」

聴かずに終わっちゃモッタイナイよ!

なるほど、そうですよね!
クラシックというジャンル分けって、意味あるのかな…
だってそんなに昔に偉大な作曲家たちによって紡がれて、
すごく長い時間が経っていたとしても、
同じ旋律を同じ楽器によって奏でられた新しい演奏が、
今もあとからあとから生まれてくる!
もしかしたら一番新しくて、それでいて
これからもずっと残っていく音楽なのかもしれないでしょ〜!


超絶技巧のピアノ演奏を
とても身近に感じさせてくれる梅原さんは、
ピアノの演奏とヒケとらないテンションの高さで、
音楽への愛情をとても分かりやすく表現してくれました。

そうなんですよね。
聴かずに終わっちゃモッタイナイです!
家に古いレコードが針も落とされずに眠っていたり、
ポップス音楽のCDのコレクションの中に、
もし一枚でもお持ちでしたら、是非耳を傾け、
その音のうねりと音域の広い聴く人をがっちりとつかんでくれる
クラシック音楽の世界に、浸ってみるのはどうでしょう。

梅原圭さん…
溢れるエナジーと情熱。そして愛情をたっぷりと胸に抱き、
音楽の素朴な伝道師として、
これからも聴く人の心を震わせつづけることでしょう!

11月3日…静岡交響楽団と梅原圭さんのリストのピアノコンチェルト
ぜひぜひ…ご期待ください!


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 11:31| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 10月29日のノアノアでは、とっても楽しい一時間を過ごさせて頂き、本当にありがとうございました(@⌒▽⌒@)。
 ベラベラしゃべりまくってしまい、大変失礼致しましたm(。・ε・。)m。
 一つ一つの演奏会を大事に、一層精進してまいりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます(^○^)/。
Posted by Kei Umehara at 2009年11月02日 00:29
Kei Umeharaさん!
すごく楽しい1時間をご一緒させていただきました!
いつも思うことですが、クラシック音楽に距離を感じていた人でも、
たぶん音楽を聴きたくなること間違いないです^^
是非またいらしてくださいね〜
ありがとうございました!

静饗とのコンチェルト、きっと素晴らしいでしょうね!
Posted by フランキン at 2009年11月02日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック