2009年10月05日

CSIのようにはいかない

昨日は突然入ってきた
中川昭一元財務大臣の死去のニュースに驚きました。
そしてさらに意外に思ったのは、
「行政解剖」が行われたが「死因は不明」ということ。

このあたりの制度についてはよく知りませんが、
そんなに分からないものなのでしょうか?
また、「行政解剖」と今回は見送られた「司法解剖」とは、
どのように異なっているのでしようか?

事実とフィクションとの間には当然ズレがあるとは思いますが、
ミステリー小説や映画やドラマ(CSIとか)などを見ていると、
簡単ではないにしろ死因究明…犯人逮捕…事件解決…
(中川氏の場合は事件性はないと結論が既に出されているようですが)
というケースが多いので、まだプロセスの途中なのだとしても、
こんな風に死因不明というのがちょっと意外に思えました。
この違和感もいつかは消えるのだろうけど…

まだ若くて活力と大志もあり、
政権交代と衆院選落選という流れはあったものの、
このまま終わってしまう人とは思っていませんでした。
でも、なんとなく寂しさが滲んできてしまう独特のムードを
最近はまとっていたにも感じる。

あの人も僕と同じ32/5だった…

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 10:57| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック