2009年10月01日

死刑台のエレベーターが日本映画として再び

57年度のフランス映画の傑作『死刑台のエレベーター』が、
阿部寛さん、そして吉瀬美智子さんを配して
なんと日本映画として蘇るらしいです。

クールなイメージがいつまでも忘れられないこの作品。
果たしてどんな映画として再び姿を現すのか…
ちょっと楽しみなのです。



マイルス・デイビスによるサントラを聴くと、
あのクールな世界に浸れます。
そう、本当に浸れるアルバムですよ。
ちょっとヤバイくらいにクールな感じになる。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 02:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック