2009年03月27日

ジュエル・ユゥがやってきてちょっときらきら☆としたノアノア♪

桜の開花までもうあと少し…のはずが、
3月26日(木)の伊豆地方は朝から少しの混じる天気、
しかもその雨の中にはなんとまで混じってました。
いやはや寒ぅ〜い日でした!
ジュエル・ユゥさんがノアノアに♪

そんな熱海…
エフエムCiao!ノアノアの生放送スタジオには、
とってもキュートな笑顔と、
きらきらな瞳が印象的なシンガー・ソング・ライター
ジュエル・ユゥさんが来てくれました!

ずいぶん前に偶然聴いた彼女の生の歌声…
たぶんもう2年以上前でした。
生放送のスタジオで、
涙そうそうをアカペラで歌う彼女に、
居合わせたパーソナリティたちみんなが惹きつけられてました。

ライヴでは何度も目にしていたジュエル・ユゥさんですが、
ノアノアに来てもらったのは今回がはじめて…
じっくり一時間、
ノアノアにさわやかな風をはこんでくれました。

いつもより、ちょっときらきら☆したノアノアに…

あどけなさを残す瞬間瞬間の表情のかわいらしさと、
時にミスマッチともいえるほどに心地よい
ほのかな大人っぽさをも含んで、
ジュエル・ユゥの音楽は静かに瑞々しく聴く人に入り込んできます。
実にきれいなメロディに、
せつない恋心と繊細な表情をかもす詩をのせて、
しっとりと歌い上げるのが彼女のスタイル。

どこか80年代や90年代のフレイバーも感じる
その作品と歌唱スタイルは、
J-POPのみを聴いて即製されたものではなくて、
たとえばゴスペルやそのニュアンスを含んだパワーヴォーカルに憧れ、
なおかつ日本の和の雰囲気をも愛し重んじる心を感じさせます。


そんな彼女が歌の世界を選んだのは、
たぶん必然とか宿命とか…
そんな言葉もそれとなく使ってみたくなる背景がありました。

おじいさんはギターを抱えて流しの歌い手…
お母様はやはりギターで弾き語るのが趣味という
多才でアーティスティックなルーツが、
歌うこと、表現すること、創造すること…
そんな路を選ぶことがもっとも自然なものと、
彼女を動かしたのでしょう。

伊豆という自然と歴史が交差する地で育まれた感性と、
すべてに輝きを感じながら、恋するときめきと切なさ、
そして喜びを愛情を込めて歌うジュエル・ユゥさんは、
今日もスタジオで実に瑞々しい存在でした。

エフエムCiao!のスタジオで…

お贈りしたナンバーは

ジュエル・ユゥ
 るんるんKiss

 るんるんSweet

 るんるんさくら花 (スタジオLive!アカペラ)

 るんるん涙そうそう (スタジオLive!アカペラ)

 るんるんMy dream with you

ずっと伝えたかったありがとうのコーナー
今回は、音楽活動を通じて感じてきた、
たくさんの人たちがあって
はじめて自分というシンガーがいるという実感。
歌を聴いてくれる人、支えてくれる人…
そこにいてくれるすべての人へのありがとう…
そんな気持ちを、彼女は
「生まれてきてくれてありがとう」…と言い表しました。

そして話はひとりの幼なじみのことへ…
小さな頃から一緒にすごし、
歌手となる自分へも励ましを与えてくれた大切な友達
今、その友達は京都に場所を移し仕事をしているといいます。

その大切な親友への気持ちを語ってくれたジュエル・ユゥさんに、
ノアノアがプレゼントしたのは、
なんとその大切な京都にいる友達からの手紙でした。
ジュエル・ユゥさんのプロデューサーのK氏に頼んで、
相当なご苦労の果てに、番組に届けていただいた
心のこもったメッセージ。

ネロリが読み上げるみさとさんの手紙
それを聴きながらジュエル・ユゥさんは
思わず涙をうかべてしまうのでした。
「お仕事で泣いたの…私はじめてです」…

このサプライズ企画に協力してくれたプロデューサーのK氏も
ネロリも、ボクも、みんなもらい涙たらーっ(汗)です。。。
素敵なメッセージを贈ってくれたみさとさん
ありがとうぴかぴか(新しい)

一時間は早いです。
今回のノアノアも、アッというまに放送時間が過ぎていきました。
伊豆地方はもちろん、首都圏でのライヴもこれから目白押し!
これからの彼女の活躍もとっても楽しみです。
皆さんどこかで彼女の歌う姿を見つけたら、
是非立ち止まって耳を傾けてみてくださいね。
posted by フランキン at 01:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック