2009年03月01日

卒業シーズン間近のノアノアでした。

昨日も今日も雨雨です。
遠くまでいつも見えている海や山々の風景が、
靄や霧に隠れてすべてが白っぽい。
3月に入りましたが、もう春なのだろうに、
いつもこの時期、冬の最後の反撃のようなものがありますね。

ということで、チョコッと遅れましたが、
2月26日(木)ノアノアのOn-Airでした。
晴れてはいたんですが、少し雲が多い日でした。

ノアノアでは、日々新たにされていく
様々な香りや嗅覚についての情報なども伝えているのですが、
この日は、嗅覚が生き物の生存にとって欠かせない感覚である
ということを示す話題をお届けしました。

必要な食べ物や近づかないほうが良いものなど、
生きていくのに必要な識別を行うのが嗅覚。
そういえば、我が家の愛猫ドン氏も、
最後は鼻が利かなくなってしまったらしく食事ができませんでした。

映画のファインディング・ニモで人気の魚、
クマノミの一種が今、
温暖化と海水の酸性化によって嗅覚を惑わされて、
生存が今後危ぶまれる事態が予想されているんだそうです。
地球ではいろんなことが起きているんですね。

さてさて、もうすぐ卒業のシーズンですね。
誰でもあの短い期間に経験する
数年間が濃縮されて、そしてとき放たれるような、
それでいてつながりを絶たれるようなあの感覚を、
どこかで憶えているものです。

ずっと伝えたかったありがとうのコーナーでは、
以前にOn-Airしたことのある
ポポロンさんからいただいたメッセージ
再びお届けしました。
いつまでも忘れられない思い出や風景…
人との関わり…ありますよね。

お届けしたナンバーはこんな感じでした。

ヘイリー
 るんるん卒業写真

バジル
 るんるん

山口マリー
 るんるん君といつまでも…灯台 (作詞:俺は海の若大将 作曲歌:山口マリー)

荒井由美
 るんるん卒業写真

KOKIA
 るんるん僕の気持ち

ふたり(3/5ノアノアゲスト出演予定)
 るんるん二宮町

隔週で電話出演してくれている
イルカ&クジラウォッチングの光海丸の船長さんからは、
長い間ずっと光りを燈しつづけ、今も多くの
船乗りたちが見つめる光りとなっているにも関わらず、
コスト削減のために廃止が決定したという
川名崎灯台を守ろうとする運動についてお話していただきました。
歴史的にも貴重であって、しかも現実に必要なものを
失くしてしまうということはとても残念なことです。
現在署名活動が行われています。
是非みなさんもご協力を…
川名崎灯台を残す会はこちら

来週3月5日(木)のノアノアには、
あの湘南発のデュオ、その名もふたりが登場します!
お楽しみに!
posted by フランキン at 10:46| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック