2008年08月21日

卒業写真

フランキンが開設している
ずっと伝えたかったありがとう
トラックバックピープルに寄せられた、
ポポロンさんからのTBメッセージです。
8月7日(木)のノアノアで紹介させていただきました。
素敵な大切な思い出ですね。
ありがとうございました。

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

卒業写真
・・・って
季節ハズレの単語ですね。 (^ ^;)

今日は 日記ではなく、私にとって 
とても大切な過去、そして いま思うことを。

じつは昨日、とあるウェブサイトで 
とても懐かしい人の 今現在の写真を発見してしまい
その思い出に しばし浸っていたのでした。

彼は 先輩であり、恩師であり、恋焦がれた人であり・・・
私のこれまでの人生において、夫・子供を除いて一番大切な存在。

会えなくなって もう18年になります。

私にとって『卒業写真』といえば、
彼とツーショットで写った 教室での1枚。
当時、彼から影響を受けて聞き始めた
ユーミンの「卒業写真」が 頭の中で流れます。

彼との間には 年齢という どうにも埋められない溝があり
触れても触れても どうにも超えられない大きな壁があり・・・

イロイロあって 最後に何も伝えられないまま 
スゴク嫌な別れになってしまいました。

彼とお別れしてから数年間、
家庭の問題も含めいろんな意味で一番苦しく寂しく辛かった日々。
どんなに会いたかったか・・・ 
あの頃のせつない気持ちは 今でも忘れられません。

もしも あと3年遅く出会えていたら、
どんなことをしても手離さなかったのに・・・って思ったくらい
後悔ばかりが先にたつ、そんな別れでした。

でも 時が経てば経つほどに、 美しい思い出だけが残る・・・

不思議なものですね。

私が かつて 彼に言った言葉

「もっと早く生まれてきたかった・・・」


心の底から そう思いました。

すごく切ない気持ちで 叶うハズもない思いを 遠まわしにでも伝えたくて
その一言を発するのが精一杯な 15歳の少女だったのでした。

私がこうしてインターネットを利用するようになってから約10年。
ずっと 心のどこかで探し続けてきた 
その彼の消息が、偶然分かったというワケです。

しかも、写真とうオマケ付きで。 (^ ^;)

髪型が変わっていないとか、
そのまんま歳を取っていて想像通りだったり
昔と変わらない笑顔がそこにあって、 
少し嬉しくなりました。

どんな時も 私の心の片隅に必ずあって、
決して色褪せることのない記憶。

”昔の恋人は 昔のままの記憶で残したほうがいい” とか ”歳を取った姿は見ないほうがいい”
というようことを言いますよね?(^ ^;)

でも私は 結果的に

見ることができて良かったナァ〜♪ と思います。 ^ ^

その『卒業写真』、 
じつは夫と結婚するときに 思い切って処分してしまいました。
私の心の中に ちゃんと残っているから。

今 もし、彼に何か伝えられるとしたら・・・

「あなたは 私の 青春 そのもの。  ありがとう」

もう二度と 会うことは無いけれど、一生忘れません。

皆さんも こういう経験はありませんか?

mixiなどのSNSでは 
コミュニティを通じて懐かしい人と再会することも多々あるようですね〜。 

思い出って 現実の世界に引き戻し過ぎると なんか色褪せてしまうようで・・・

どこまで追いかけて良いものか、難しいですね。

正直・・・ あのときの寂しさを思い出すと 
今でも涙が溢れてきます。


でも


私は 心の中に ずっと そっと しまっておくだけで 十分。


そう思えるのは 今が幸せだからでしょうね。
ラベル:卒業写真
posted by フランキン at 18:06| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ずっと伝えたかったありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フランキンさん お久しぶりでした。^ ^
前回に続き 私の思い出を取り上げてくださって、ありがとうございます!

あ〜 この耳で聴きたかったナァ〜・・・(T∇T)

今度は是非、関東まで電波飛ばしてください!!
(無理。) (^^;)


ありがとうございました。^ ^
Posted by ポポロン at 2008年08月21日 21:46
ポポロンさん
ありがとうございます。

電波そちらまで投げ飛ばして届かせたいのですが、
無理だろなぁ〜
大磯あたりでは聞こえるみたいなんですけどね〜

またいつでもメッセージお待ちしていますよ^^
Posted by フランキン at 2008年08月22日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック