2008年08月07日

新井英一さんがノアノアにゲスト!

7月31日(木)ノアノアは、約1年ぶりに
あの新井英一さんの声を聴くOn-Airとなりました。

新井英一さんゲスト20080731

ボクは大好きなんです。
この人の歌を聴いていると、
流れ去るだけのように感じていた時間のひと刻みひと刻みが、
何やら深くて濃い意味を帯びてきて、
「しっかりしなきゃ…」と思えてくる。


21歳で片道だけの船賃だけでアメリカへ旅立った新井英一さん。
むこうで働いて、お金を貯めなきゃ帰れない…
頼るものの何もないところで、
酸いも甘いもすべては自分次第…
新井さんは言います。

日本はいい意味でも悪い意味でも島国…
歩いては大陸を見れない。
いろんな人種の人たちがどんなに一生懸命に生きてるか…
日本の人たちはもっと見てきた方がいいよ。


清河への道で、自分のルーツである父親のふるさと
韓国はチョンハーまでの道のりを歌いきり、
在日コリアンであることを自ら最前面に押し出した…
当時新井さんは、
自らの歌手生命を賭けてこの歌を世に出したといいます。

どの歌にも、生き物として、
そして国境や血という現実が世にあっても、
それによって狭められない豪快で核心を突いた
新井英一さんの生き方がぐいぐいと迫ってきます。

本当に…ノアノアに出演いただいて、
ありがとうございました。

8月2日には下田での新井英一ライヴにも行った…
いや〜素晴らしかった!
いつか熱海でも歌って欲しい…実現したい。。。
posted by フランキン at 11:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック