2019年01月09日

心機一転!リスタートなのだ!

このブログも、僕のFM番組とともにスタートして、
ずいぶん時間が経ちました。
じつは昨年、2018年は、
はじめて病気で長期の入院&休養を余儀なくされ、
番組とともにこのブログもすっかりおやすみの
放置状態になってしまい、
あれっ?もうノアノアは終わっちゃったのかな?
・・・なんて、思っていた人も多いだろうなぁ〜。

でも復活します。

2019年のスタート、
そして完結は永遠に訪れることのない
平成31年への年明けとともに、
「ノアノアな風をうけて」のブログは
リスタートを考えています。

もしかしたら、心機一転、
この冬が過ぎて春を迎える頃には、
ブログもリニューアルないしは
引っ越しもしたいと思っています。

その際には、番組とともに、
ノアノアのブログの方も、どうぞよろしくお願いいたします!

さて・・・

昨年2019年の最後の「旅の香り」のコーナー
トラベルキャスターの津田令子さんから、
番組放送後記をもらっていたのですが、
ブログにUPできずにおりました。

改めて、ここに掲載させていただきます。
以下は、2018年12月20日(木)に、
生放送でお贈りしたノアノアのコーナー、
2018年最後の「旅の香り」を終えての
津田令子さんからのメッセージです。



津田令子の「旅の香り」12月20日 放送後記

2018年最後の「旅の香り」お聴きいただきありがとうございます。
12回の放送すべて、お聴きいただけた方、お聴きいただけなかった方、みなさまに
感謝申し上げます。

平成最後の、12月の放送のテーマは、ふたつ。
ひとつは、「公園」
もうひとつは「クリスマス、年の瀬」でした。

番組のパーソナリティを担っていらっしゃるフランキンさんにお借りした堀江敏幸著の『一階でも二階でもない夜』の「静かな海」の章に、
・・・・・・・正常な勤め人ならまず出没しないような時間帯に繁華街からはずれた通りを歩いていていちばん気になるのは、というより足を休めるために気にせざるをえないのは、ビルとビルのはざまや私鉄のガード下や指導の一部にしか見えない場所にとつぜん魔界の口をあけているという小公園で、・・・・・・という行があります。
想像するに、この場合の(小)公園では、こののち何やらざわざわした人間模様が繰り広げられるべく装置としての役割を果たしていると推察できるし、「小公園」に興味を持たされ、「さらに読み進めたい」と文章に引き込まれていく自分という構図ができあがりますが、

今回のテーマの「公園」は、都会の隙間にあるそれとは違い、風光明媚な北アルプス常念岳の麓に色がる大きなおおきな綺麗な公園で、そこここに花や樹木、整備された遊具などが配置された、いたって健全な公園がテーマです。
名称は、長野県安曇野市にある国営アルプスあづみの公園。
電話で、出演いただいたのは
遠藤茂樹さんです。
公園の楽しみ方、歩き方、その魅力、冬の夜空に浮き上がるイルミネーション、花、樹木、
四季折々の見どころ、などなど、お話いただきました。
公園の魅力にとどまらず、安曇野の魅力や遠藤さんの魅力もお伝えできたのではないでしょうか。



もうひとつのテーマは「クリスマス、年の瀬」でした。
ファミレスGASTのメニュー「クリボッチ」の話題や、クリスマスは誰と過ごすか、
いや誰と過ごすかではなく、どうやって過ごすかが問題かなどでスタジオは盛り上がりました。
クリスマスというテーマについて話すというより、平成最後のクリスマスをどう過ごすかを語り合い、あっという間に時間が来てしまったという、少々消化不良気味だったでしょうか。
みなさんのクリスマスイヴの過ごし方は、どんなですか。

トラベルキャスター津田令子の、
2018年のクリスマスイヴは、旅先ではないのです。
都内にある由緒正しい名日本庭園を眼下に日本料理をいただくという、
まるで、クリスマスっぽくない過ごし方を予定しています。
冬色の日本庭園(公園)を歩きながら、
来年の「旅の香り」のテーマを、ひとつひとつ考えてみたいと思います。

新年、最初の「旅の香り」は、1月17日14:00〜になります。
来年最初のテーマは「花・花・船・船・海・海」です。
一足早く春が訪れる
千葉県南房総館山と、電話をつないで中継します。

来年もよろしくお願いいたします。
posted by フランキン at 19:57| 静岡 ☀| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする