2017年03月22日

3/23(木)のノアノアはJAAのコーナー!今回はハンドトリートメントの奥の深さを特集します!

まる一日中ふりつづいた雨が明けて迎えた朝、無数の雨粒の落下とともにすっかり浄化された大気を透かして射す光は、とどいた先のあと一歩さらにさらに先へ達しようとしてしながら、確かさを増す春の感触を祝福するかのように輝いて見えました。伊豆高原駅周辺の桜は早くも満開を過ぎ、あと数日すれば、今度は数キロにわたって道の両側でに立ちならぶ伊豆高原のさくら並木、大室山の裾に広がるさくらの里が花ひらき、あたり一面が春色に染まることでしょう。春、本番の到来です。冬の冷たい感触にとってかわり、春のあたたかな気配が其処此処にいき渡っていくのを感じつつ、人は心と身体の両面がするすると紐解かれたような開放感にあふれます。

茶色の小瓶と碧の地球

3月23日(木)のノアノアは、
毎月第4木曜日にお贈りすることになっている、
茶色の小瓶と碧の地球
JAA日本アロマコーディネーター協会提供で、自然とアロマ、
そして地球を感じるトークと音楽でお贈りしている
月に一度のコーナーの放送日です。

全国に30000人以上が活躍している
アロマコーディネーターを結んでお贈りするこのコーナー
今回はスタジオに声を届けてくれるのは、
兵庫県明石市で、オーラソーマ・アロマサロン Tsugmiを主催している堀 幸枝さんです。

暮らしの中に香りがあり、
その香りに支えられて日々を過ごす・・・
そのときどきに自ら欲する香りにも変化があって、
癒され方も変わってくる・・・
そんなアロマセラピーとのふれあいも、
様々なカタチがあります。

ハンドトリートメントもそのカタチのひとつ・・・
JAAハンドトリートメント検定講座
・トレーナーズ制度の存在を知り、
ベッドなしでいつでもどこでも出来る、
香りと手を通してのリラクゼーション・・・

堀 幸枝さんに語っていただくのは、
主にハンドトリートメントの奥の深さです。
ネロりとフランキンも、
お話をお聴きするのがとても楽しみです。

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん

🔍こちらのアプリもおすすめです。日本ラジオ エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!
posted by フランキン at 18:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

3/16(木)の旅の香りは再び安曇野からのゲストです!

旅の香り

3月16日(木)は、トラベルキャスター津田令子さんを迎えてのコーナー、津田令子の旅の香りの放送日になります。

今日は信州は安曇野からスタジオにお客様をお迎えします。
ゲストは大王わさび農場の広報室室長である濱 重俊さん!
以下は津田令子さんからの番組予告です。

3月16日のテーマは「ピリッと辛い・・・ほろっと刹那い。」です。

3月9日に、長野県安曇野市を訪ねてきました。
1月に訪ねたばかりだというのに、何かに魅かれるみたいに・・・
再び、訪れてきました。

真冬の安曇野も好きだけれど
あれから2ヶ月が経ち
あちらこちらに、春の気配を感じられる、この季節は、もっと好きです。

みなさん、今、「わさびの花の旬」の時期って、ご存知でしたか。
清らかな水の流れの中に健気に咲く白い小さな「わさびの花」。
安曇野にある「大王わさび農場」は、年間120万人もの人が訪ねる人気の観光地です。ミシュランガイドでは、一つ星に輝き、欧米からも来訪者も多く、名物「わさび丼」や、わさびソフトクリーム」なども人気です。

「北アルプスの雪解け水は山中で落ち葉や枯れ枝をくぐって地下にしみ込み、
じっくりと養分をとり込んで、長い場合は20〜30年かかって地上に湧き出すんです。
だから、ここのわさびは森がつくる栄養で育っているんですよ」と、大王わさび農場の広報室室長である濱 重俊さん。
IMG_8100 (1).JPG IMG_8069.JPG
IMG_8652.JPG IMG_8658.JPG

1917年に開拓を始めた農場の100周年を記念して、
2015年に開館した〈大王わさび農場百年記念館〉の館長でもあるんです。
全国初のわさび専門の資料館では、わさびの歴史や辛さの秘密なども紹介なさっています。

その濱重俊さんに、安曇野から熱海のスタジオに、お出でいただきます。

濱さんは、「最後の仕事は、安曇野で」という思いを三年前に実現したのです。
なぜ、そのように思っていたのでしょうか。
種明かしは、「スタジオ」で・・・
タイトルにもある通り「ピリッと辛くて、刹那い」のです。

元々、長く出版業界に、いらした濱さんは、紙芝居作家でもあります。

濱さんの感性は、人々に思いや感動を、ストレートに伝えます。
だから、いつまでも心に残ります。
濱さんは、単なるわさび農園のガイド役を、かって出ている訳ではないのです。
日本全国、いや、世界各国から濱さんに会いに、インタビュー取材に来るほどの濱さんの魅力を、スタジオでは、とことん炙り出せたらと思います。

孤高の画家、熊谷守一に憧れ、東京の自宅を訪ね、語り明かしたり、
俳優の火野正平に「僕にニテイルナ〜」と言われたり、
エピソードは、数えきれないのです。

今回は、リスナーのみなさんから
「ピリッと辛い・・・ほろっと刹那い」経験や体験、出来事を、お待ちしています。
お便り、FAX何でも、お待ちしています。

オンエアーは、14:00〜です。
お耳を、お貸し下さいね。


番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん

🔍こちらのアプリもおすすめです。日本ラジオ エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!
posted by フランキン at 12:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする