2016年11月06日

ペルシャンブルー[Prussian blue]

先週のノアノアでOnAirしたナンバーの歌詞の一節に、「空はペルシャンブルー」(燃える秋/ハイ・ファイ・セット)という表現があって、ちょうどスッキリとした秋晴れの日でもあり、秋も深まって、紅や黄に色を変えた木々の葉をいっそう映えさせながら光にあふれる、見つめて見つめても見つめ尽しても青そのものである空の色を、生放送中に思い浮かべていました。



ペルシャンブルー[Prussian blue]・・その色の呼称には、僕がまだ訪れたことのない、この世界の何処かに確かに在る特定の場所だけで本物に出会える、そんな青を思わせる響きがあります。よく晴れてくれた木曜日、スタジオの窓から見える熱海の空も海も青そのものの色として目に映る・・・でも、この青い空も青い海も、今かけたばかりのこの曲の中に出てくるペルシャンブルーと、果たして同じものなのだろうか? そうでないとしたら、本物のペルシャンブルーって、どんな色なのだろう? と、生放送中だというのに僕は考え始めていました。

ペルシャンという、異国を思わせる呼称から思い起こされるのは、やはりその音の響きから、ペルシャという国というか文明というか、どことなく古代からつづくイスラムの香りが漂います。そういえばむかしの歌謡曲で高田みずえが歌っていた曲に「ペルシャン・ブルー」という歌があって、その歌詞には、「幾千年」とか「砂漠」といったイメージとともに「空はペルシャのブルー」という表現がありました。なるほどすると、ペルシャンブルーというのはやはり古代ペルシャ帝国の時代から今にまで残る、中東の何処かに由来する青色なんだ・・・と、自然な思索の流れとして思い込んでいました。

続きを読む
posted by フランキン at 16:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする