2016年11月23日

11/24(木)はJAA提供の「茶色の小瓶と碧の地球」アロマセラピーと占星術のお話も!

IMG_3957 (1).JPG
気が付けばもう2016年も残すところひと月とちょっと・・・早いものです。窓の外では風にのって枯葉たちがはらりふわり・・・秋が過ぎていくのが目に映ります。今日の伊豆の空は少し重た目な灰色の雲に蔽われているのだけれど、大気はそこそこに透き通っていて、水平線上には伊豆七島のシルエットがぼんやりとですが浮かんでいます。寒くなってきましたね。

茶色の小瓶と碧の地球

11月24日(木)のノアノアは、
毎月第4木曜日にお贈りすることになっている、
茶色の小瓶と碧の地球
JAA日本アロマコーディネーター協会提供で、自然とアロマ、
そして地球を感じるトークと音楽でお贈りしている
月に一度のコーナーの放送日です。

全国に30000人以上が活躍している
アロマコーディネーターを結んでお贈りするこのコーナー
今回はスタジオに声を届けてくれるのは、
東京都世田谷区で、ホリスティック
アロマスクールPlage(プラージュ)
を主催している中山久美子さんです。

中山久美子さんは、お話いただくことがいっぱいありそうな素敵な女性です。今回は、アロマセラピーと占星術との関わりという、とても興味深いテーマについてもお話しいただきます。僕にはなんとなくわかる気がします。アロマセラピーも、星々の運航も、大自然と宇宙の摂理、その表れのひとつだと思います。茶色の小瓶の中の精油の微小な成分が、いかに僕らの心や身体とつながっているのかを考えれば、夜空の星々の光とその動きが僕らと無関係であるはずがない・・・そんな気にもなってきます。

ネロリもフランキンも、いまからお話を聴くのがとても楽しみです。

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん

🔍こちらのアプリもおすすめです。日本ラジオ エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!
posted by フランキン at 14:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

11/17(木)のノアノアはトラベルキャスター津田令子の旅の香りのコーナーです!

IMG_3949 (2).JPG
11月もなかばを過ぎて、肌にあたる空気がヒンヤリと感じる秋も本番の時季になりました。23.5度・・・太陽を周回する軌道に対してわずかそれだけに過ぎない地軸の傾きは、やはり宇宙の中ではわずかにも未たない距離の増減を太陽面と地表の間にもたらして、それが季節を生むのだといいます。厳密にいえば1年の間にそれは絶えず変化しつづけていて何の途切れも目盛りもないはずなのだけど、人はそれを四つの時季に分けて四季と呼ぶようになりました。切れ目なくつづいてきて、これからもずっとそのままつづいていくだろう変化に区切りを設けてそれを四季と呼ぶとき、この太陽と地球の宇宙的な大運航によって体感することになる海と光の色、大気の感触や風景の移り変わり、人の心のありようへの働きかけをまぎれもなく実感しています。さて、秋、本番です。木々の葉も色づいて、冬を予感させる今、目に映るものすべてが冬へと終息していくように感じます。画像は伊豆半島は伊豆の瞳とも称される一碧湖の数日前の風景です。

旅の香り

本日11月17日(木)は、トラベルキャスター津田令子さんを迎えてのコーナー、津田令子の旅の香りの放送日になります。

令子さんが今日の放送のテーマとして設定したのは、
きっかけ・・・です。
以下は令子さんからの予告です。

日本列島は、順調に紅葉前線が南下しています。
観光地にある人気の紅葉名所から、
名もない小さな広場の数本の木々や
家の近所にある児童公園
小さな木戸のある古いお家の手入れのされていない色づいた木まで
様々なところで冬支度が始まっています。
みなさんは、紅葉狩りに行かれましたか・・・

今回の「旅の香り」のテーマは、「きっかけ」です。
旅に出るきっかけ
棲家を変えるきっかけ
仕事を変えるきっかけ
何かを決断するきっかけ
何かを始めるきっかけ
何かをあきらめるきっかけ
何かをやめるきっかけ
何かをリスタートするきっかけ
リスナーのみなさまの「きっかけ」を、お教えくださいね。
フランキンさん、ネロリさんの「きっかけ」も炙り出せたらいいなと思っています。
FAX、ツイッター、フェイスブック、インスタなどなどからのメッセージ、お待ちしています。
放送は、11月17日 14:00〜 あなたの「きっかけ」教えてください。


番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん

🔍こちらのアプリもおすすめです。FM日本 エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!
posted by フランキン at 11:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ペルシャンブルー[Prussian blue]

先週のノアノアでOnAirしたナンバーの歌詞の一節に、「空はペルシャンブルー」(燃える秋/ハイ・ファイ・セット)という表現があって、ちょうどスッキリとした秋晴れの日でもあり、秋も深まって、紅や黄に色を変えた木々の葉をいっそう映えさせながら光にあふれる、見つめて見つめても見つめ尽しても青そのものである空の色を、生放送中に思い浮かべていました。



ペルシャンブルー[Prussian blue]・・その色の呼称には、僕がまだ訪れたことのない、この世界の何処かに確かに在る特定の場所だけで本物に出会える、そんな青を思わせる響きがあります。よく晴れてくれた木曜日、スタジオの窓から見える熱海の空も海も青そのものの色として目に映る・・・でも、この青い空も青い海も、今かけたばかりのこの曲の中に出てくるペルシャンブルーと、果たして同じものなのだろうか? そうでないとしたら、本物のペルシャンブルーって、どんな色なのだろう? と、生放送中だというのに僕は考え始めていました。

ペルシャンという、異国を思わせる呼称から思い起こされるのは、やはりその音の響きから、ペルシャという国というか文明というか、どことなく古代からつづくイスラムの香りが漂います。そういえばむかしの歌謡曲で高田みずえが歌っていた曲に「ペルシャン・ブルー」という歌があって、その歌詞には、「幾千年」とか「砂漠」といったイメージとともに「空はペルシャのブルー」という表現がありました。なるほどすると、ペルシャンブルーというのはやはり古代ペルシャ帝国の時代から今にまで残る、中東の何処かに由来する青色なんだ・・・と、自然な思索の流れとして思い込んでいました。

続きを読む
posted by フランキン at 16:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする