2015年09月23日

JAAいやしの祭典 大阪と仙台の会場から!

茶色の小瓶と碧の地球

さて、本日9月24日(木)のノアノアは、
毎月第4木曜日にお贈りすることになっている、
茶色の小瓶と碧の地球
JAA日本アロマコーディネーター協会提供で、自然とアロマ、
そして地球を感じるトークと音楽でお贈りしている
月に一度のコーナーです。

全国に30000人以上が活躍している
アロマコーディネーター
そして法人会員の皆さんを結んでお贈りするこのコーナー
今回は、今年もふたたび全国各地で開催される、
「いやしの祭典2015」の特集です。

6/21の函館会場を第一弾としてスタート
つづいて、8/30金沢、9/13札幌、9/26福岡、
10/12東京、10/18沖縄、10/25群馬、
11/1名古屋、11/3大阪、11/22高知、11/29福岡
と、
全国にタスキを渡すようにして
次々と開催される「いやしの祭典」は、
それぞれの地域で活動するアロマコーディネーター
によって構成されるプロジェクトメンバーの創意工夫を得て、
華やかに開催されます。

今回の茶色の小瓶と碧の地球は、
そんなプロジェクトメンバーの中から、
大阪会場井上 圭子さん、そして、
仙台会場沼内 美加子さんに、
スタジオに声をとどけていただきます。

それぞれの会場にて、ワクワクしながら準備にあたっているふたりの女性たち。そのお声には、仲間がいて、想いと夢をひとつにつなげて自分たちの地元で一緒に癒しの祭典を創り上げていく・・・という、喜びや楽しさが溢れています。ラジオを通して、その瑞々しいエナジーが爽やかに広がり、たくさんの人たちに働きかけてくれることと思います。ネロリとフランキンも楽しみな今週の茶色の小瓶と碧の地球です!

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

サーチ(調べる)こちらのアプリもおすすめです。FM日本 エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!
posted by フランキン at 09:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

9/17(木)のノアノアは津田令子の旅の香り 今回は近江八幡です!

9月も半ばを過ぎて、すっかり秋めいてきました。もう夏の熱気が懐かしく思える時季になりましたね。

旅の香り

さて、明日9月17日(木)は、トラベルキャスター津田令子さんを迎えてのコーナー、津田令子の旅の香りの放送日になります。季節が刻々と移り変わっていくように感じられるこの時季は、旅への想いも新たにされていく時といえるかもしれません。今週の「旅の香り」は、令子さんのともに、もう一人ゲストがスタジオを訪れてくれます。近江八幡観光協会事務局長田中宏樹さんです。

以下は令子さんからの番組予告です。

みなさんのお住まいの地域でも、いっきに秋めいているのではないでしょうか。初秋の「涼しさ」を感じていらっしゃると思います。虫の音や、吹く風に揺れるススキの群れなど、秋の風景が広まり始めています。

今年の夏は、あまりの暑さで、何度も海辺の街へ通ったという方も多いのではないでしょうか。熱海も湯河原も賑わったみたいです。

わたしは、コーラ(マルチーズ)を連れて、何度も夢の島(東京にあるヨットハーバー)を、訪ねました。
泳ぐわけでも、ヨットに乗るわけでもないのに・・・海辺をもとめてしまうのです。サザンを口ずさみながら♬♬♬湘南の海にも、房総の海にも、北陸の海にも・・・今年の夏は、高原より海辺で、過ごす時間の方が多かった気がします。

気が付けば、今年もあと3か月ちょっと名残惜しい夏を想いながら、いっきに秋へ・・・

ノアノアな風をうけて「旅の香り」も、テーマは「秋イコール旅」です。旅に出たくなる「秋」
今回は、滋賀県の近江八幡市からスタジオにゲストがやってきます。ゲストは、近江八幡観光協会の事務局長田中宏樹さんです。

最初に、田中さんにお目にかかったのは、初めて近江八幡を訪ねた1997年の事ですから、かれこれ20年近くになります。まだ、日本観光協会の職員だったころのことです。近江牛のあまりの美味しさに、おかわり三昧であっこと、真っ赤なこんにゃくがあるということを知ったこと、丁稚羊羹というまことに面白い名前の羊羹に遭遇したこと、お麩の中に、あんこの代わりにゴマをいれた麩最中の虜になったことなどなど、「食」に関することばかり書いてしまいましたが、近江商人の発祥の地でもある近江八幡の素晴らしさは、ヴォーリズ建築の建物がたくさん残る街の様子、八幡堀りと呼ばれる独特な風景が残る場所、芦の中小さな船に乗って散策できる水郷めぐり、そして最も印象に残ったのが、「沖島」という琵琶湖の中にある小さな、ちいさな島です。観光のための島ではなく、人が暮らす島です。島の中には、木造建築の立派な小学校をはじめ、郵便局など、そこできちんと生活えきるモノが、存在しています。そういう「日常の小さなちいさな島」に魅せられてしまったのです。

沖島全景写真.jpg沖島路地裏.jpg
ヴォーリズ記念館(横)43.jpgヴォーリズ旧八幡〒.jpg
沖島へ(船より).jpg沖島小学校.jpg
近江商人の町並み(新町通り) (1).JPG水郷めぐり (3).JPG


以下は、田中さんからの
情報です。

イベント
 ・八幡堀まつり
  *週末にあるイベントです。夜の風情を楽しんで頂こうと実施しており、昼間とは違う雰囲気と風情が楽しめます。
  *八幡堀は、豊臣秀次が作り、ここから近江商人が誕生したこと。昭和50年代には埋められようとしたが、町作り運動の中で保存再生したこと。今では、時代劇のロケ地として知られること等々に触れられたらと思います。
・ヴォーリズ建築特別公開
  *数年前より実施している春と秋の特別事業。ヴォーリズは、伝道師、事業家、建築家、教育者、色々な面を持っています。建築では、味のある町で紹介されていた山の上ホテルも彼が設計をしました。静岡県では、マッケンジー邸や静岡英和女学院の建築物も彼が手がけたようです。
その他秋のおすすめ 
 ・沖島
  *びわ湖に島があって人が住んでいるということは皆さんご存知で無いと思いますので、、。昨年(or一昨年)、離島振興地域に指定されたことから活性化に向けて色々と動き出されました
  ・近江八幡駅からはバスに乗って船に乗換えと不便ですので、、近江牛のPRを兼ねて休暇村さんへのお泊りを紹介しても良いかなと思っています。
 ・町並み+近江商人
   *近江商人が作り上げた風情ある町並みとお屋敷がありますので、、特に八幡堀等を含めて、町歩きをして頂きたいので・・・秋はお薦めと言えます。
 ・水郷めぐり
    *近江八幡を代表するもう一つの名物ですので・・・
 ・その他
    *町歩きをより詳しく楽しくするためのボランティアガイドさん、又、安土城があった安土エリア(市町は5年前、協会は1昨年に合併しました)も含めて楽しんで頂ければと思います
 ・視聴者プレゼント
    *基本的な近江八幡の特産品(赤こんにゃく、丁字麩、丁稚羊羹、近江牛カレー缶)等をセットにしたもの(3千相当程度)を5人程度の方にプレゼントとします(見本を当日に持参します)

 リスナーのみなさん、ぜひお耳をお貸しくださいね。


番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

サーチ(調べる)こちらのアプリもおすすめです。FM日本 エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!

posted by フランキン at 22:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする