2015年04月15日

4/16(木)のノアノアは三重県伊勢!連日満室への道を歩む日の出旅館!

しばらく青空を見ていないような気がします。長い長い雨ばかりの4月・・・不安定な大気のゆらぎにそこからここへと風も吹きつけて、かろうじてまだ枝にしがみついている桜の花びらが風雨にまぎれて宙を舞います。日照時間が極端に低い日がつづいて、そのため野菜の値段が急騰しているのだとか。僕が少年の時代から見れば、はるかな未来の世界にいま生きているはずなのだけど、2015年の今になっても、やはり人間は土と陽と水と空気から見放されては生きていけないのですよね。異常気象という言葉を聞くようになって、もうどれぐらいの年月が経つだろう。以前は爆弾低気圧なんて言葉は聞いたこともなかったし、桜の時季に大雪が降ったり梅雨みたいに雨ばかりが降るなんてこともなかったような気がします。こうやって少しずつ、気象についてのバランス点がずれていき、やがてはそれが当たり前のデフォルトの四季の風景になっていくのかもしれません。今夜(4/15)は、そんな雨もあがってくっきりと星が煌めく夜の空となりました。明日は晴れてくれそうです。

旅の香り

さて、4月16日(木)は、トラベルキャスター津田令子さんを迎えてのコーナー、津田令子の旅の香りの放送日になります。今回旅の香りが訪れるのは、三重県伊勢市です。スタジオに電話を通じて声を届けてくれるのは、老舗の宿、日の出旅館の女将岡田麻沙さんです。以下は令子さんからの予告です。

4月16日の「津田令子の旅の香り」のテーマは
「旅における宿(旅館)の役割りと多様化する旅人のニーズに応える宿づくり」です。

これまでに番組でも何度かお話しさせて頂いていた
三重県伊勢市にある「日の出旅館」の大女将・岡田志づさんの一大繁盛記を記した
『88歳の大女将連日満室への道』の発売日決定。
明日から大手書店に並びます。
私にとっては、7冊目の出版となります。

2015041288歳大女将/個人向けチラシ【再3】.pdf サーチ(調べる)新刊情報!

昨年の夏の企画以来8か月かけての出版ということになります。
バリアフリー観光も絡めた新しい形の単行本になったと思っています。
これから旅館を作るという方(オーナーさん)、旅館で働いている方、バリアフリー観光の推進を計ろうとしている市町村の観光及び福祉担当の方、大女将のように人に喜んでもらうことに生きがいを感じるという方・・・旅が大好きという方におすすめの1冊です。

今回は、本の舞台にもなっております三重県の伊勢市駅前の老舗旅館「日の出旅館」の女将(大女将のお孫さん)岡田麻沙(あささ)さんと電話をつなぎ宿のこと、大女将のこと、日の出旅館の繁盛物語をおおいに語っていただきます。

写真 (4).JPG 写真 (5).JPG
写真 (7).JPG 写真 (8).JPG
写真 (6).JPG

リスナーのみなさんからの
「記憶に残る宿」「日本の宿の佳い点」「旅と宿」など、宿(旅館、ホテル)にまつわるエピソードや、メッセージをお待ちしております。
ラジオの中で、紹介させていただきますので、よろしくお願いいたします。
美しい岡田麻沙さんの、美しい声も楽しみになさってくださいね。


番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

サーチ(調べる)こちらのアプリもおすすめです。FM日本 エフエムCiao!がはじめからプリセットされています!


posted by フランキン at 23:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。