2014年07月21日

7/24のはJAA「茶色の小瓶と碧の地球」セラピスト大木いずみさんがゲスト!

空の様子が落ち着かない・・・時おり大雨洪水警報などが発令されて、その夜のニュースでは1時間に50ミリを超えた豪雨や瞬時に冠水した道路をずぶ濡れになって歩く何処かの町の人々の様子が映し出されたりしています。でもこれは梅雨のせいではないような気がします。雨はいたずらっぽく真夏直前の人々の歩みを弄るのだけど、なんだか年ごとの梅雨に感じる梅雨らしさ≠フようなものがない・・・不安定な空模様には違いないのですが・・・。

伊豆高原から天城高原を目指して登っていくと、空気中の湿気が濃い霧として森の樹間にたちこめで先を急ぐ車の速度を遅らせます。気まぐれな雨よりも今がまだ梅雨の時季であることを思い起こさせる霧・・・でも、あと少しでこの霧も白灰色の空もするすると巻き取られて、真っ蒼な真夏の空が広がる真夏がやって来るはず。伊豆は海の風景、山の風景、高原、山の幸、海の幸など、伊豆半島ならではの品揃えで旅人やレジャー客たちを迎えることになります。

茶色の小瓶と碧の地球

さて、
真夏を控えた伊豆は熱海のスタジオからお贈りする
7月24日(木)のノアノアは、
第4木曜日にお贈りすることになっている、
茶色の小瓶と碧の地球
JAA日本アロマコーディネーター協会提供で、自然とアロマ、
そして地球を感じるトークと音楽でお贈りしている
月に一度のコーナーです。

セラピスト大木いずみさん

全国に30000人以上が活躍している
アロマコーディネーターの皆さんを結んでお贈りするコーナー
今週は、茨城県守谷市で、
ナチュロアロマチカを主催する大木いずみさんです!

大木いずみさんは今年の春に香りのルーツを求めて
イタリアはシチリア島を旅してきたばかり。
きっと旅先でであった幾つもの驚きや感動を伝えてくれることと思います。
セラピスト誌8月号でも
数ページにわたって記事を掲載しておられる大木いずみさんのトーク。
どうぞお楽しみに。
リスナープレゼントもあります!
シュタイナーのバイオダイナミック農法デメター認定精油5mlをプレゼント!
今回は大木いずみさん主催のナチュロアロマチカから、
シュタイナーのバイオダイナミック農法デメター認定精油5ml
を、抽選で3名様にプレゼント!

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有
posted by フランキン at 17:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

7/17のノアノアは「津田令子の旅の香り」九州佐賀唐津編!

 7月17日(木)のノアノアは
第3週目の木曜日・・・
トラベルキャスターの津田令子さんをお迎えしての、
津田令子の旅の香り、の生放送です。

旅の香り

今回訪れる先は九州は佐賀県唐津です。スタジオには佐賀県首都圏営業本部の副本部長、光武香織さんと、遠藤彰課長にお越しいただきます。旅の香りの訪問先としてはは九州は初登場です。どんなお話が聴けるのか、今から楽しみです。

以下は登勢ベルキャスター津田令子さんからのコーナー予告です。

7月4〜6日の二泊三日で、久しぶりに本州を出て九州に行ってきました。訪問先は、佐賀県唐津です。古くから、大陸との窓口とされてきた佐賀県唐津。自然の山々と壮大な海に囲まれ唐津焼発祥の地としても有名です。唐津の街の中心部には唐津神社が天平勝宝7年(755年)に創立され最大のお祭り「唐津くんち」は、この神社の秋季例大祭です。毎年11月に獅子・兜・鯛などを模した14台の曳山が市街を盛大に練り歩く様子をご存知の方も多いのではないでしょうか。今回の「旅の香り」は、佐賀三昧でお送りいたします。

スタジオには、佐賀県首都圏営業本部の光武香織副本部長と同じく遠藤彰課長にお越しいただき、佐賀の魅力、唐津の魅力を語っていただきます。電話インタビューでは、創業明治26(1893)年の老舗旅館洋々閣の五代目支配人の大河内正康さんに「唐津くんちで培った受け継ぐ心と宿文化」についてお話しいただきます。

旅館 洋々閣について・・・・・・
洋々閣は明治・大正期の趣きを生かしながら居心地のよい宿をという志を貫いています。唐津城や名勝・虹の松原に近い街並の一角に建っています。玄関を入ると敷きつめられた石に打ち水がされ凛とした気持ちになるのです。長い廊下をすすむと広大な松の庭がみえてきます。「古いものを壊してしまうことは簡単ですが元に戻すことはできないですからね。あるものに手を入れながら洋々閣らしい風情ある佇まいと、おくんちで長年受け継がれてきたもてなしの心をお伝えできればと思っています」と大河内さんはおっしゃいます。大きく開け放たれた窓からは心地のよい風がそよぎ心地いいのです。「すぐそこは海ですから夕方になると潮騒が聞こえてきます。かつてはこの辺りは石炭を積みだす集積所として、かなりの賑わいをみせていましたからね」と、誇らしげにおっしゃいます。
ご自分のお宿のことだけを考えるのではなく市内の旅館との連携による地元のPRや、国内の旅館と連携したグループを形成し文化としての日本旅館の継承にも力を入れておられます。日本人なのに日本の文化を知らないという人が増えている現実に目を背けずに「旅館こそが日本の文化を感じていただける場所であり旅館はそれらの文化を継承するという使命を担う必要がある。宿が日本文化の発信と継承できる場所であるということを仲間と一緒に声高に言っていきたいと思っています」という言葉が、印象に残ります。

佐賀へのアクセスが、より便利にリーズナブルに・・・・・・
すでにこの8月1日には春秋航空日本(LCC)の成田-佐賀便の乗り入れが決まり観光客の大幅増が見込まれます。今までのANA便に加え交通手段の選択肢が、増えることのなります。6千円を切る形で1時間40分のフライトで佐賀に着くことができるなんて、夢みたいなこではないでしょうか。いくらアクセスが、整っても宿の受け入れ態勢が整っていなければ、お客さまを失うことになってしまうので改めて受け入れ態勢の重要性を考える必要がありますけれど。

シュガーロード・・・・・・
文字通りお砂糖の道。
鎖国の時でもオランダとの貿易港として開かれていた平戸。長崎のカステイラをはじめ佐賀にも、いくつもの砂糖を使ったお菓子の名家が存在します。とってつけたお土産ものではない、歴史にのっとったストーリーを感じるものばかり。それらの銘菓を紹介します。

寅さんのロケ地にもなった呼子(よぶこ)・・・・・・
寅次郎子守唄(第14作)で、寅さんが、訪れたのは唐津の漁港・呼子です。呼子は、日本三大朝市のひとつ「呼子の朝市」でも有名です。かつて捕鯨で材を成した豪族がいたのも、ここ呼子です。港を歩けば、今でもその面影を感じることができるのです。夜はイカ釣り船の灯りが幻想的に見えてきます。呼子名物「イカの活き作り」も、おすすめです。他にも、まだまだ書ききれないほど、佐賀・唐津の魅力を、少しでもお伝えできればと思っております。

リスナーのみなさん、佐賀の印象、佐賀の想い出、佐賀での記憶・・・・・・などなど、何でも結構ですので、お便り、FAXあるいはツイッターを通じてのメッセージ等お送りくださいね。今回も、リスナープレゼントが、あります。佐賀の名物○○○。当日まで秘密です。こちらも、お楽しみに。


番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有
posted by フランキン at 12:21| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

7月10日(木)のノアノア、UNO緊急生出演!

ひらめき今日から明日にかけて伊豆を訪れ、7/10のノアノアにもスタジオ生出演してくれる予定だったUNOですが、台風によるスケジュールへの影響を考慮して、急遽電話出演に変更させていただきました。

2004年の夏・・・新しく移り住んだ伊豆は伊東の夕闇の中に海を背景にした小さなステージで、僕は初めてその曲に出会いました。曲のタイトルはフラッシュバック・・・アコースティックギターの豪快なカッティングストロークと繊細かつスパニッシュテイストに溢れた哀愁を帯びたメロディ、解き放たれたギターの音を見えない糸でつなぎ留め、縦横に入り乱れながらも完全に一体化したイメージの世界を醸し出すピアノの音・・・息の根を止められたようなインパクト・・・自分の中の何処かで渇望していた音楽がいま此処にある・・・僕は、一瞬の内に彼らの音楽の虜になっていたのでした。

あれから10年が過ぎて、今もUNOの音楽は常に僕の身近にあります。あの夏の夜以来、彼らの音楽、そして音楽を介しての彼らとの交流の中に、単なる娯楽や趣味以上の存在感を僕は彼らが創造する音楽世界に感じるようになります。月の光に魅せられた静かな極限を音で表現した2ndアルバムのタイトル曲月は光りぬ・・・異色の組曲ミニアルバムとしてリリースされたばかりのそしてインカは・・・で表現された、音楽が人智を超えた領域にまで達するツールにまで昇華し得ることへの驚き・・・僕にとってUNOとの出会いは貴重でした。だから、より多くの人たちに彼らの音楽を聴いて体感して欲しい。それが僕の願いでもあります。

僕とUNOとの出会いともなった運命的な曲フラッシュバックが、このほど7月18日(金)フジテレビで21:00から放映される中村梅雀さん主演ドラマ「金曜プレステージ 深川東署・特命人情捜査班 朝田真平」でオープニング曲&挿入曲でオンエアされます!


阿佐ヶ谷JAZZ STREET 阿佐ヶ谷教会LIVE

というわけで、それに先立って7月10日(木)午後2時スタートのノアノアは、UNOのピアノ大平里美さんとギターの大平重成さんが緊急生出演!一時間たっぷり、UNOの音楽の魅力に迫ります!

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!
サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
またはココをクリック!
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有
posted by フランキン at 01:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする