2013年09月27日

ミス日本グランプリ2013年鈴木恵梨佳さんを迎えて

日付がもう過ぎてしまったけど、昨日のラジオでは、ネロリと一緒にミス日本2013年グランプリ受賞の鈴木恵梨佳さんと30分ほど話をしました。言葉を交わしながら感じたのは、時に人はじつに濃密で意味深く、その後の人生の歩みや生き方を大きく左右する貴重な時期をごく短時間の内に経験することがあるのだということです。恵梨佳さんご自身も言っていましたが、さまざまなトレーニングを伴い半年間にも及んだミス日本コンテストの選考期間中の経験の数々は、その直前までの恵梨佳さんを一気に、しかも振り返りながら本人も実感するほどに実質を伴い、彼女を人として女性としてさらに昇華させる時間となったことは間違いありません。

自分としっかりと向き合う・・・ということ、それは鏡に映った自分の姿を見つめるのに似ています。ところが人は、鏡に映った自分のありさまを其処から離れるとすぐに、そして比較的かんたんに忘れてしまいがちなものです。でも、鏡の前にしっかりと留まり自分自身を徹底的に見つめながら、集中力を焦点をしっかりと自分自身にポイントし、自分自身についていつでもYes!と健やかに肯定してあげられる状態を創り上げそれを保つということ・・・彼女にとり、ミス日本コンテスト選考期間が持つ意味深さは、きっとそのような力のあるものだったに違いない・・・どんな角度から話題に入っていっても少しも曖昧なところがなく、常にきちんと自分自身について明快にそして清々しく可愛らしく語ってくれた鈴木恵梨佳さんに、僕とネロリはとても素敵な女性の存在を感じました。

世の中には女性と男性というふたつの性(生でもある)があり、人がジェンダー(gender)についてどのような考えを抱いているかに関わらず、その異なったさまは誰もの内に自明のことといえます。自らの女性を徹底的に見つめる時間を経てフィジカルな面もメンタルな面も成長させ自信をもって今から先を歩もうとしている鈴木恵梨佳さんの話に耳を傾けながら僕は、女性が女性らしくあるということが、ひいては男性がより男性らしくあることを促す働きかけとなり、男性が男性らしくあるということはやはり女性が女性らしくあることへとつながっていくように思いました。いい時間を過ごせました・・・ありがとう。

曲はNeeds his woman=E・・1998年に発表されたEric ClaptonのアルバムPilgrim≠フ中からの一曲で、アコースティックなサウンドにECの深みのあるヴォーカルと男性の中の息づくアダムを感じさせる大人の一曲です。深夜に響かせてみるのにはちょうどいい。


posted by フランキン at 01:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。