2013年06月28日

言葉を帯びた香り、音、動き・・・飛浩隆の「デュオ」にからめて

2007年に公開された映画で「パフューム〜ある人殺しの物語〜」という作品がありました。映画の公開に合わせて配給会社のギャガコミュニケーションズが企画、JAA日本アロマコーディネーター協会の監修のもと、映画からイメージした香りのブレンドを競う「永遠の美の香りコンテスト」が開催されました。もう6年前のことです。昨日のノアノア、「茶色の小瓶と碧の地球」にゲスト出演していただいた大木いずみさんは、そのコンテストでグランプリを受賞した香りをブレンドした女性でした。

お話を伺いながら感じたのは、ひとつひとつの香りをブレンドしていくそのプロセスが、言葉を紡ぐことと少し似ているように思えたことでした。目にするもの耳にするものを問わず、人が受け止める一連の言葉(文章・話)を短く切り詰めていくと、文章、文節、単語、幾つもの品詞が浮かび上がってきます。個々に意味を帯びている言葉のひとつひとつは、その選択と結びつきの順序により単独では持ち得なかった意味と作用を帯びるようになり、それにふれる人が自身の内に予め持っている知識や記憶を絡めて瞬間的に新たな経験を創造し、人それぞれの風景をかもし出すに至ります。香りも似ているな・・・と思いました。

香りが働きかけてくる作用も、ひとつひとつに特色を持つ精油(その精油独自の香り成分の組成)の選択と分量(軽さ・重さを含んだ揮発順序も含め)と希釈度合等々、そのプロセスを経て単独では持ち得なかった働きかけを持つに至り、それにふれて感覚する人に作用し、そうして物を語る≠謔、になります。映画や小説のストーリーや劇中のキャラクターが放つイメージを香りに置き換えて表現するということ・・・もしそれができるのだとすれば、きっと香りにも言葉があるのだと思います。香りが意味を帯びるということは、それ自体が言葉になることなのかもしれない・・・そんな風に思います。

偶然ですが、昨夜から今朝にかけて、飛浩隆という作家の「デュオ」という中編小説を読みました。事故によって指を痛めて以来、自ら天才ピアニスト足り得る才能に恵まれながらも今は調律師として音楽の世界に留まっている男が、新たに調律を請け負うことになった若き天才ピアニスト、グラフェナウアーとの出会いで経験する音楽世界との異質な関わりと、人間の感覚と存在を突き詰めて表現した物語なのですが、奏者の意を完璧にくみ取って整えられた楽器と、優れた感性と技量により裏打ちされた表現の仕方によっては、譜面の中に位置づけられた一音一音が絶妙な本来性を帯び、強力な意味の働きかけをもって聴き手に迫る・・・それは音楽がかもすニュアンスの域を軽々と越えて、もはや明確に意思を表明する言葉のようであり、音楽もまた形を替えた言葉なのだと感じさせられる読書体験でした。

言葉はいらない・・・強く印象付けられる何ものかを経験した時に、しばしば人は言葉を失くし、また手放します。説明も解説も何もかもを必要としない、体験する感覚としての音楽、香り、動き・・・それらはきっと、人が生き物として感知し得る物理的な刺激を超えて、また、技術的に人間が取得できるカタチとは異なる在り方でこの世界に漂う何らかの情報を抽出して、垣間見せてくれるものと言えるような気がします。接した瞬間に人の心を強烈に捉えて離さないような香りの再現、音楽、舞踊などに接する時に、僕らはもしかしたら、この世界、ないしは空間に放たれて久しい、かつてより存在する何ものかを受信・解読・抽出した言葉を経験しているのかもしれません。僕はそんな風に思うのです。この世界に何か普遍的なものが在るのだとすれば、音楽であれ、文章であれ、舞踊であれ他のなんであれ、感覚し得る言葉(文字通りの文字によるものに限らず)として、無数の人々が表現してきた無数の積み重ねの中に顕れ出でているものなのかもしれません。

そう考えてみると、今の自分の居場所である伊豆において日毎に目にする海や空、山や森の風景の中にも、言葉に替えられることを待つ幾つもの情報が溢れているのかもしれません。海を見て、空を見て、風を感じ光を浴びて、ふ・・・と言葉が浮かび上がってくることがあります。そんな瞬間に働きかけてきた感覚を何らかの形で言い換えて、声にしろ文字にしろ、表現し、残していくということ・・・それを楽しみながら大切にしていきたいと僕は思います。昨日から今日にかけて・・・そんなことを考えさせられた一日でした。
posted by フランキン at 17:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

6/27のノアノアは「茶色の小瓶と碧の地球」ゲストは茨城から熱海に!

梅雨が気配を消してくれました。
月が地に近づこうと距離を縮め、
いつもより大きな満月ぴかぴか(新しい)になるという
スーパームーンの今日(23日)の夜までは
できればそのままでいてほしいです。

伊豆に住む人たちの中には、
月の光が注がれる時にはそのが聴こえる・・・
そう語る人は少なくありません。
目にした光は視力だけではなく、
それにつながるすべての感覚を連動させた経験を
その場に創り出してくれます。
もしかしたら、目にした光に音を感じ、
そしてさらには宇宙空間をかけぬけて
ここまで届いた際に帯びてきた光の匂いさえも、
人は感じられるかもしれません。

天城の森の中・・・

この時季のもうひとつの楽しみ・・・
梅雨の湿り気にさらされた森の木々は、
大気を透過して届いた太陽にあたためられて、
水気を蒸散させながら香りを発します。
天城から中伊豆へ・・・
森を抜けいく道に車を走らせながらウィンドウを下ろすと、
森の中に呼吸する木々が放つ濃厚な香りが
ふわりと車内に入り込んできます。
それも、伊豆のドライブの楽しさのひとつです。

人間の感覚は大きく分けて5つ・・・
そのひとつひとつは密接につながり合いながら、
ひとつの存在としての僕らひとりひとりの世界を
捉え得る確かな形として感覚させてくれます。

自分の内側に秘められた感覚と
外の世界が見事にリンクして、
日々の経験が新たにされつづけていることの妙に
驚きと愉しさを感じます。

五感が研ぎ澄まされてくるようにも感じられる伊豆・・・
その伊豆の首都圏からの玄関口ともいえる
熱海の放送局からお贈りする番組が、
フランキンのノアノアな風をうけてです。

茶色の小瓶と碧の地球

次週6月27日(木)のノアノアは、
第4木曜日にお贈りすることになっている、
茶色の小瓶と碧の地球
JAA日本アロマコーディネーター協会提供で、自然とアロマ、
そして地球を感じるトークと音楽でお贈りしている
月に一度のコーナーです。

全国に30000人以上が活躍している
アロマコーディネーターの皆さんを結んでお贈りするコーナー
今週は、茨城県守谷市で、
ナチュロアロマチカ
を主催ししながら、
アロマを知識とスキルを介護の分野にも生かしていこうと、
精力的に励んでおられ、
2013年9月28日(土)に
JAA日本アロマコーディネーター協会が主催するイベント、
「いやしの祭典 2013」にて、
キャリアセミナー第一部「CHANELに学ぶ」で
講師を務めてもくださる大木いずみさんにスタジオに来ていただき、お話を伺います。
永遠の香りコンテスト受賞ブレンド  イノセントビューティーアロマチカ
2007年には、ドイツ・フランス・スペイン合作映画
「パフューム〜ある人殺しの物語〜」の日本公開に合わせ
ギャガコミュニケーションズが企画、JAA が監修した永遠の香りコンテストにて、
その香りのブレンドがグランプリを受賞した大木いずみさん、きっと香りに関わる素敵な抽斗をたくさん持っておられ、
トークに花を咲かせてくれるに違いありません。
(上記のグランプリ受賞の香りは、現在はイノセントビューティーアロマチカという名称で、化粧品アイテムとしても販売しており、体験することができます)

茶色の小瓶と碧の地球では、
今回の放送でもリスナープレゼントが企画されています。
大木いずみさんが主催するナチュロアロマチカから、
ナチュロアロマチカオリジナルブレンドハーブティーを、3名の皆さんに!プレゼントご希望の方は、
「ナチュロアロマチカハーブティー希望!」
と書いて、郵便番号・住所・氏名をご記入の上、
エフエムCiao!、ノアノア宛にご応募ください!
詳しくは、番組の中、そして終了後のCiao!のプレゼントホームページから!
こちらもドシドシご応募くださいね!

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
お楽しみに〜!!
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

天城の森の中のAdagio


今日はこれから夕方から夜にかけて仕事場の伊豆長岡のホテルへ向けて天城の森の中の道を走ります。県道111号遠笠山道路を海を左にしながら登っていき、県道112号へと交わる鹿路庭峠(ろくろばとうげ)のT字交差路を右に・・・その後しばらくは天城の森の中を下っていく細いワインディングロードがつづきます。伊豆高原にかかる霧が濃くなってきた様子から、きっとますます霧が深くなる森の木々の間をすり抜けていくことになりそうです。

霧が立ち込める夜の森の中を走るとき、ヘッドライトは懐中電灯ほどの頼りない光となり、車も人も周りの風景から切り離されて遠くから迫る対向車のライトが放つ拡散された光の兆しだけが頼りの計器飛行のような危うい感覚にしばし駆られるます。そんな時には、この森を支配しているのは人ではないのだと知らされたような気がしてくるもので、僕にはいつの間にか、森の木々からの許しを得て、ひと時のあいだこの道を通してもらっているのだと思えてくるのです。

中伊豆バイパスが工事のため7/12まで全面通行止めの今・・・毎回この道を通って中伊豆へと向かいます。やまない雨と深い霧・・・こういう風景の中でははじめてかもしれません。今日は大事をとって、いつもより早めに出かけることとします。暗くなって、霧が白い光とともに立ち込める道を走りながら、今日はこの曲をBGMにしようかと思います。Lara Fabianで、Adagioイタリア語バージョン。
posted by フランキン at 17:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨音の周波数


雨足が強くなってきて、さっきまでは微かにしかゆれていなかった草木の葉が、目方を増した雨粒が落ちて弾ける衝撃に小刻みな震えのようになってきました。風にゆれるのとは異なり、一枚一枚の葉が雨の滴に弾かれた瞬間だけ震えるさまは、さながらグランドピアノの天板を上げて弦の動きを見つめているようです。この時間の伊豆高原、雨音の周波数がそこらじゅうで働きかけてきます。Falling Of The Rain=E・・Billy Joelのソロデビューアルバム、Cold Spring Harborからの一曲。

posted by フランキン at 13:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨粒の詠唱


雨の音が今朝はいつもと異なって聴こえました。空気の粒子に動きがないためか、雨粒は仰角90度の真っ直ぐな垂直線を描き、空中で一切の交わりを絶ちながら完全な個の滴として加速しつつ一直線に地の一点を目指して空から落ちてくる・・・家の周囲に手の平を広げるようにして待ち受ける草木の葉に、その束の間の存在の証として、ポツ・・・と、たったひとつだけ小さな破裂音を残して弾けては地に沁み込み、風景を濡らしていきます。その無数の音が重なってささやかな詠唱のように耳にとどいて聴こえてきます。今日の伊豆高原は、そんな真っすぐな意志を感じさせながらも儚げな感触を帯びた雨の一日になりそうです。午前がまもなく過ぎでいこうとするこの時間・・・曲はBrian Crainで、Rain
posted by フランキン at 11:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

「津田令子の旅の香り」2013年6月20日 放送後記

旅の香り6月20日 放送後記

旅の香り 2013.6/20

 雨の音、雨のにおい、雨の恵みを感じながらの「旅の香り」いかがでしたでしょうか。
激しく降ったかと思えば小雨になったり、そしてやんではまた降り出したりというめまぐるしく変化する天候の中、東京から車を走らせ熱海へ向かう。両サイドに広がる風景に目を奪われそうになりながら。平塚のサービスエリアに近づいた頃、雲の間を縫うように姿を見せはじめた富士山を追いかけながら西へすすんでいく。
スタジオから海に目をむけると、さっきまで見えなかった水平線が、かなりはっきり見えるようになってきた。青い空、碧い海というのではなく全体的にグレーになっている。そこへ太陽の光が射し込んでいるのがよくがわかる。そんなオープニングトークのあと・・・・・
今回のテーマ「旅の形態」について語り合う。「旅」の今昔、流行、今もてはやされいる新しい旅(ニューツーリズム)についてなどなど。
「この曲を聴くと旅に出たくなる」という曲ってありませんか。たとえば、フランキンさんが、1曲目にセレクトしてくれた赤坂達三の「My Fevorite Things」。誰もが「ああ、この曲ね」といい「そうだ、京都行こう」と西をめざした。この曲はJR東海のコマーシャルに用いられたもの。山口百恵の歌う「いい日 旅立ち」は、ディスカバージャパンに欠かせなかった。どの駅にもポスターが大きく貼られていたので、記憶に残っている人も多いはずだ。
ディスカバージャパンは、日本国中に新し旅のブームを呼び起こし、国鉄のイメージを大きく変えた。新しい旅を創造した史上最大の広告キャンペーンといえる。その手法も規模も他に類がない。そういう意味では、昭和45年に開催された大阪万博以来のインパクトの強さではないだろうか。カニ族、アンノン族などという流行語も巻き込みながら、ディスカバージャパンは、その後「いい日 旅立ち」、「フルムーン」などに引き継がれ、JRになった現在もそのDNAは、生き続けている。 
旅の原点は、庶民が一斉に伊勢神宮を目指した「おかげ参り」という説がある。以来数百年をかけて旅の形は、多様化しすぎた。十人十色から一人一色になり、今では一人百色といった具合だ。その時の気分、季節、によって目指す場所(旅先)はぐるっと変わる。七変化などというものでは飽き足らない。おそらくこの傾向は、現在、未来へと果てしなく続くのだと思う。誰に縛られることもなく、思い立ったらすぐに、気の向くままにの「旅」として定着していくだろう。「旅の香り」では、これを永遠のテーマとして、これからも追いかけていきたいと思う。

熱海についてひとこと

熱海 景観 熱海 夜景
熱海 昭和の風情 熱海 金色夜叉

かつて(昭和30年以降)「新婚旅行」の憧れの地として沸き、高度成長期には社員旅行や、町内旅行をはじめとする団体旅行の聖地として賑わっていた。さらに遡ると明治以降、要人や文化人の隠れ家(別荘地)として人気を集めた。新聞に連載されのちにベストセラー小説となった『金色夜叉』により、その知名度は一気に上がることになる。熱海は輝かしい「憧れの温泉地」として、脚光を浴び続けてきたのだ。熱海の温泉の起源は、およそ1250年前。それからどれだけの月日が、経っているのか考えてみてほしい。熱海は、長い間国内観光の振興に大きく貢献してきた。バブルの崩壊後は、どの温泉地も団体客の激減で苦戦を強いられ、熱海でも休館するホテルが見受けられるようになった。しかし、ここ数年、熱海の風情(温泉情緒)に「昭和モダン&昭和浪漫」を感じ、熱海に惹かれる人たちが多くなってきた。新たな「別荘族」「リゾマン(リゾートマンション)族」、週末だけ通う「週末族」また夏休みや、年末年始などの長期休暇にやってくる「ロンバケ族」などから、「熱海は、サイコ〜」という声が、出るようになった。
今、熱海は、再び注目を集めている。そしてこれからも日本の観光地を「ぐいっと」引っ張り続けていくだろう。

津田令子


旅の香り
posted by フランキン at 21:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

6月20日(木)のノアノアは「津田令子の旅の香り」!

6月20日(木)のノアノアは
第3週目の木曜日・・・
トラベルキャスターの津田令子さんをお迎えしての、
津田令子の旅の香り、の生放送です。

旅の香り

令子さんから次回の旅の香りの予告をいただきました。

6月20日(木) ノアノアな風をうけて「旅の香り」
テーマ:「旅の形態のうつりかわり」

少し前まで旅行の形態は限られていました。「旅行」という言葉から想像されるものも限られていました。現在、これから先は「旅行」から想像されるものは人によって全く異なってくるのです。ひと昔前の旅は、十人十色そして一人十色へ。さらに一人百色へと変化してきています。それだけ旅のかたちの多様化は進んでいるということです。
旅行が多様化してきた背景には、乗り物の発達、とそれに伴う運賃の値下げや時間の短縮、また海外旅行に限って言えば国際交流の活発化とその重要性の認識などが挙げられます。旅行者は旅行に対して多種多様な要望を持つようになり、また同時に旅行会社はたくさんのプランを作ることが可能になったのです。

最近よく目にする旅の形態をいくつかご紹介してみます。

@グルメツアー、ショッピングツアー
旅の一環としての食事や買い物ではなく、グルメやショッピング自体を目的とした旅をいいます。旅の目的のひとつには、非日常的な環境で過ごすため、というのがあります。食事や買い物ツアーが盛んに行われるようになった背景として、必ずしも旅が非日常のものというわけではなくなったということがあるのではないでしょうか。日常に行うことの行動範囲が乗り物の発達などで住んでる地域から国内、外へと広がり、それを一つの旅として行っているのではないでしょうか。

A学ぶ・体験する旅
手作り体験ツアー、農業体験など、普段は触れることのできない文化を体験することができます。「見る」ことが中心だった旅行から「体験する」という新しい形が増えてきているのです。
 
Bシニア向け(団塊世代)
定年退職を迎えた方々を対象とした旅行プラン。時間にもお金にも余裕がある人たち向けのプランのため、多少の費用がかかってもじっくりと旅の目的を達成できるようなものになっている。

C個人旅行
団体旅行に対しての個人の旅行をいいます。最近、最も増えている形態です。自分たちの希望どおりのプランが組めるというのが、最大の人気の理由です。

D最近の旅
旅の形態や意義は時代とともに変化してきていますが、旅が魅力的なものであるということには変わりはないのです。なぜ旅が魅力的なのか、旅行は誰もが持っている好奇心を満たすことができたり、自己実現のためのツールのひとつだったりするからなのではないでしょうか。最近では、高額な費用を払ってでも宇宙に行きたいと思う人がいます、その理由は、宇宙に行ってみたいという好奇心を宇宙旅行で実現することに他なりません。我々が生きている限り、旅という行為(行動)はありつづけるはずです。
みなさんも、今までにたくさんの旅を経験なさっていると思います。「旅って、昔と今では、これほどまでに変わったのか」と実感されることはありませんか。その辺りも含めて「最近の旅の傾向」について考えてみたいと思います。さらに最近取りざたされているニューツーリズムについてもお伝えいたします。

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
お楽しみに〜!!
posted by フランキン at 16:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

伊豆の乳房にふれる梅雨の晴れ間

大室山のリフト・・・ちょっとした遊園地のアトラクション並みに楽しいです。

はじまったばかりの梅雨が少しだけ猶予をくれたような昨日(5/31)、久しぶりに大室山に登りました。自宅からわずか数分のところにある緑に覆われたこの山が火山であるということ、その穏やかな山の姿からは想像がつきません。お椀を伏せたようなまぁ〜るい形は伊豆の乳房などともいわれているのだそうです。

大室山の噴火口・・・今は不思議さ漂う緑の空間

山頂には深さ70m、直径300m、周囲1,000mの大きな噴火口の名残りがあるのですが、なだらかに海へと傾斜する伊豆高原の地形、そして燃え盛る溶岩流が太平洋と遭遇した時の激しさを物語る城ケ崎の岩場の険峻な風景は、すべてこの場所から流れ出た溶岩によって形成されたものだといいます。今はこんな風に緑の絨毯を敷き詰めたような不思議な空間となっている大室山の火口・・・この緑の上に寝そべって、遥か深いところにまだ息づいているはずのマグマの気配を背中に感じながら青い空を見るっていうのも、好いかもしれませんよ。往復リフトはちょっとした遊園地気分ですし。わーい(嬉しい顔)
posted by フランキン at 10:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする