2013年05月30日

Im Nebel



熱海からの帰途・・・伊東の海岸を過ぎて伊豆高原まであと少しというところでR135が霧に覆われました。霧というのは雨とも雪とも違った意志のようなものを帯びていて、ふれるものすべてを石に変えてしまうメデューサの魔力のような静かで容赦ない支配力をもって進んでいくように感じます。天城を超えて降りて来た霧は易々と大室山を包み込んで辺りにたちこめ、風景を白っぽい灰色に変えてしまいました。互いのつながりをかき消された木々のシルエットが二次元の希薄な濃淡となって風にゆれています。霧はいつでもやっぱりミステリアス。思い出すのはやっぱり、まだ本物の霧を見たことがなかった少年の頃に読んだヘルマン・ヘッセの詩の中の風景と感傷です。シェアした動画はヘッセの詩、Im Nebel「霧の中」のドイツ語文・・・そして曲はEnya で、Watermark です。

Im Nebel

Seltsam, im Nebel zu wandern!
Einsam ist jeder Busch und Stein,
Kein Baum sieht den anderen,
Jeder ist allein.

Voll von Freunden war mir die Welt,
Als noch mein Leben licht war;
Nun, da der Nebel fällt,
Ist keiner mehr sichtbar.

Wahrlich, keiner ist weise,
Der nicht das Dunkel kennt,
Das unentrinnbar und leise
Von allem ihn trennt.

Seltsam, im Nebel zu wandern!
Leben ist Einsamsein.
Kein Mensch kennt den andern,
Jeder ist allein.

霧の中  

ヘルマン・ヘッセ詩 高橋健二訳  

不思議だ、霧の中を歩くのは!
どの茂みも石も孤独だ、
どの木にも他の木は見えない。
みんなひとりぽっちだ。
私の生活がまだ明るかったころ、
私にとって世界は友だちにあふれていた。
いま、霧がおりると、
だれももう見えない。

ほんとうに、自分をすべてのものから
逆らいようもなく、そっとへだてる
暗さを知らないものは、
賢くはないのだ。

不思議だ、霧の中を歩くのは!
人生(いきる)とは孤独であることだ。
だれも他の人を知らない。
みんなひとりぽっちだ。
posted by フランキン at 18:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消えた名前〜光と霧の中で

僕は昨夜、やけに見覚えのある、でも決して今ではなく過去の風景の中のものに違いない小路を夢の中で歩きました。時刻は真夜中・・・ひんやりとした霧がたちこめていて、少し先には左側に木の電信柱が立ち、小さな傘をつけた電球が燈っていて、たちこめた霧を其処だけ白く光らせていました。

その霧と光の中に、小さな人形のような影が現れたのを見て僕はちょっとギョっとするのですが、思わず立ち止まってしまった僕にその影が少しずつ近づいて来ると、すぐにそれが2歳くらいの小さな可愛い女の子だということがわかります。真夜中であるということ、そして夜霧の冷たさの中で、その子の様子があまりに小さく儚げに感じた僕は、「こんな真夜中に、どうしたの?お母さんとお父さんはどうしたの?」とその子を抱き上げながら訊ねました。どうやら女の子は道に迷ってしまったらしいのですが、でも、不思議と怖がったり、不安な様子はないのです。

こんな真夜中にこんなに小さな少女が道に迷うっていうのは、いったいどんないきさつのことだろう?と、それでも心配になった僕は、「君の名前はなんていうの?」・・・その子はしっかりとした発音で自分の名前を教えてくれました。その子に名前を訊く時点で、僕はこれが夢なのだとわかっていた僕は、目覚めたらきっとこの名前を忘れてしまうと思い、その子の名前をとにかく憶えていたくて、何度も何度も想いの中で反芻しました。それなのに・・・記憶から消えてしまった。リアルな印象だけが残る・・・不思議な感触の夢でした。あの少女は誰なのだろう? 曲はYuccaの歌声で、Call My Name 〜風鳴りの丘〜
posted by フランキン at 11:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

In the early morning rain


伊豆長岡で早い朝を迎え伊豆高原へと帰っていく・・・もうすっかり馴染んだこのドライブの感覚が好きです。「梅雨入りしたとみられる」という気象庁の発表は一昨日のことですが、昨夜遅くまで残っていた雨は朝の訪れとともにまた新しい霧雨となって朝の風景を満たしていました。緑の真ん中を貫きながら中伊豆の道を走る・・・朝の光に浮かび上がる白い霧をまとった山々は、彼方というには身近過ぎるところに垣となって田んぼと民家からなる風景を囲むようにして連なり、道々の風景を箱庭のように感じさせてくれます。まだ空気がひんやりと感じられる梅雨の始まりの朝・・・今朝の雨はこの曲のような感触がありました。In the early morning rain≠Eva Cassidyの歌声で。今日はこの後、午後には熱海でラジオです。雨っぽい曲ばっかり、かけようかなと思っています。^^
posted by フランキン at 10:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

満月を見つめるということ



満月というのは気づいた時には既に今日の空に浮かんでいて、観察者である僕をいつでも一歩先んじています。ポッカリと浮かぶ月・・・などと言い表したくなるのは、きっといきなり視界の中心を占めてしまうその唐突なありさまから受ける印象も含んでのことかもしれません。満月というのは限りなく丸いのだけれど、もし予備的な知識(今や常識だとしても)がなければ、僕はその丸い形を「円」として受け止めていたことでしょう。夜が深まるにつれて空がさらに暗くなり月の明るさが更に増してくると、目を細めて見つめる月の表面に印された、古来から無数の人々の想像力を刺激しつづける模様に絵と動きを感じるようになります。幾つもの神話や民話が見出されてきたあの丸い月を円ではなく「球」として見つめるということ・・・今やそんな当たり前も、そこに至るまでにはずいぶんと長い時間の流れと人間の意識の変遷があったのかもしれません。

今夜の満月も、すっかり中天にかかりました。月の光が音を立てるようにして注ぐ伊豆高原で月を見つめる・・・足元の小さな小石や木々の枝葉もそれぞれにくっきりとした影を帯び始め、ちょっと不思議な気分で今夜の空を観察している自分もいつのまにか風景の一部となっているような気がしてきました。

シェアした動画は、ニュージーランドはウェリントンのマウントビクトリア展望台に上がる月のリアルタイムビデオです。人々のシルエットがなんとなく童話的です。こんな風にゆっくりと月に戯れてみるのもいいなぁ〜^^
posted by フランキン at 21:31| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海のない伊豆の道と水のある風景

伊豆長岡から冷川峠を通って伊豆高原へと帰るのですが、エンジンをウァンウァン吹かしつつひと山ふた山と越えながら走る急な登り下りの道の両側には、いつ頃に造られたものなのか古い石垣で囲まれた小ぶりな田んぼが、世代を超えて受け継がれたままの姿で幾つも視界に入ってきては飛び過ぎていきます。朝の太陽を受けて滑らかな光をたたえた田んぼは、山の斜面の木々の様子と共に小さく切り取られた空を映して土色と緑色が混ざり合った鏡のようです。海のない伊豆の道にも、水のある風景≠ェあります。

途中で八幡東≠ニ書いて「はつまひがし」と読む小さなT字交差点があるのですが、此処を通る度にいつものルートから逸れて山の中へと細く分け入っていく道へと進んでいきたくなる誘惑に駆られます。この道はひと月ほど前に一度だけ通ったことがあるのですが、しばらく走っていると車がようやくすれ違える程度の細い道になって、深い森の中をしばらくウネウネと走ることになります。背の高い森の木々の枝をすり抜けてきた太陽の光が木々が作る影とともにフロントグラスをかすめ始めると、森を支配する緑色に慣れた目に陽の光で目薬を点されたような清涼な感触を味わえます。此処でもやはり、海の見えない伊豆の風景の中で水と潤いを感じます。

たまには目的を持たずにいつもの道からドロップアウト・・・ちょっとした好奇心?冒険心?・・・そういうのを満たしてあげるというのも、日々の営みの中で繰り返し生き返るための大切な方法のひとつに感じます。
posted by フランキン at 10:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

5月23日(木)のノアノアは「茶色の小瓶と碧の地球」です!

5月も半ばをとうに過ぎて、
伊豆のあちこちで、
新緑の冴えがますます目に映える頃です。

季節は廻り、時の訪れに気づいた生き物たちは、
何処からともなくいつの間にか皆そこに在って
風景の中には幾つもの小さな動きが感じられます。

道々を走っていると、
水をはられた田んぼの脇を通り抜ける度に
蛙たちの声の重なりが一瞬大きな波となって聴こえてきては
すぐに遠くなり、そして再び聴こえてきる・・・

車の中からは見えなくとも、この瞬間、
数において圧倒的に優位に立つ小さな蛙たちの生を感じて、
この世界が人間だけのものだったことなど一度もないのだと、
ふと謙虚な気持ちに駆られたり・・・
些細な変化や移り変わりが重なり合って、
人手に依らない大きな変化が肌で感じられる
そんな楽しい時季でもあります。

茶色の小瓶と碧の地球

そんな伊豆の風景の中から、
次週5月23日(木)のノアノアは、
第4木曜日にお贈りすることになっている、
茶色の小瓶と碧の地球
JAA日本アロマコーディネーター協会提供で、自然とアロマ、
そして地球を感じるトークと音楽でお贈りしている
月に一度のコーナーです。

今回は、豊かな自然に恵まれた日本の森から生まれたアロマを、
素晴らしい宝物として発見し世に送り出してきた、JAA法人会員
正プラス株式会社の代表
稲本正さんに、お声を届けていただきます!

過去には物理学の研究者として、
原子炉の実験などにも携わっていた稲本さんが、
どのような経緯で自然環境との共存を
強く意識した現在の取り組みへと歩んでこられたのか、
その辺りのお話には、フランキンとネロリにとっても、
幾つもの気づきを含んでいるような気がします。
楽しみです!

kotoha_img2.jpg
KOTOHAwithyuica(ことはウィズゆいか)

今回の放送でも、素敵なリスナープレゼントがあります!
今回は、日本の森の香りをコンセプトにした
今までにない新しいタイプのバストイレタリーブランド
サーチ(調べる)KOTOHAwithyuica(ことはウィズゆいか)
洗うたびに森の香りで森林浴ができ、洗い上がりが良く髪だけではなく
体と心のバランスを整えてくれるこのブランドから、
ニオイコブシシリーズ
シャンプー&コンディショナー&ボディソープ

お試し3点セットです!
プレゼントご希望の方は、
「ニオイコブシシリーズ希望!」
と書いて、郵便番号・住所・氏名をご記入の上、
エフエムCiao!、ノアノア宛にご応募ください!
詳しくは、番組の中、そして終了後のCiao!のプレゼントホームページから!
こちらもドシドシご応募くださいね!

番組参加のTeitterハッシュタグは #noa2
お時間の許す方は是非〜!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
お楽しみに〜!!
posted by フランキン at 15:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

「津田令子の旅の香り」5月16日「旅の香り」放送後記

5月16日「旅の香り」放送後記

2013年5月16日スタジオ風景

 旅と文学というテーマで、当日仙台で行われた「日本旅のペンクラブ」仙台大会の会場と電話をつないで、その盛況ぶりをお伝えしました。
 5月16日というのは、祝日ではないので学校やお仕事がお休みになったりするわけではありません。でも「日本旅のペンクラブ」にとっては一番大きなイベントを行う日として決まっています。バレンタインデーとかホワイトデーとかと同じくくりと考えていただければわかりやすいでしょうか。
 旅の日は松尾芭蕉が『奥の細道』のために旅に出発した日であるということから決めたということです。曾良を伴っての行脚は、かなりの道のり、まさに命がけの旅でした。現在でも、芭蕉が辿った行程をすべて乗り物を使ったとしてもかなりの日数がかかります。電車も車もない時代に行脚した芭蕉は、元祖旅の文化人といってもよいでしょう。

CIMG2259.JPG

「文学をたどる 目白台編」
東京メトロ有楽町線江戸川橋駅を出て、江戸川橋をわたって音羽通りへ。久世山に登る坂・鷺坂辺りには堀口大学が住んでいました。鷺坂というのは万葉集の古歌にちなんで佐藤春夫と2人で名づけたといいます。首都高速の下をくぐって神田川沿いの江戸川公園を抜けて目白坂へでます。椿山荘前の横断歩道をわたって路地を入り少し行ったところに佐藤春夫の家がありました。櫛形の門扉を大谷石が包むモダンな構えが特徴でしたが、記念館に移築されてしまいましたので、ここで見ることはできません。目白通りへ戻って右へ、直進した左手に講談社野間記念館があります。講談社90周年を記念して建てられたものです。煉瓦色の屋根に白亜の壁のコントラストが美しく落ち着いた雰囲気です。入口の躑躅の丘や竹林も素晴らしいけれど広々とした庭が眺めれる休憩室で時間を忘れ、くつろでいただきたい空間です。その先を左折した右側にある永青文庫にも立ち寄ってみてください。このあたり一帯は江戸時代の熊本藩主細川家の下屋敷だったのです。細川家16代護立が伝来のコレクションの分散(散逸)を防ぐ目的で昭和25年に設立したものです。鬱蒼としたエントランスの奥にひっそりと建つこじんまりとした美術館です。一般に公開されたのは、昭和47年になってからのことでした。
その先にある胸突坂は、かなり急な階段です。そこを下ると新江戸川公園にでます。ここも細川家の下屋敷でした。石段の右にある水神社は、神田上水の水神で、水源地は三鷹の井之頭だといいます。さらに左には関口芭蕉庵があります。芭蕉が神田上水の工事の時にこのあたりの「水番屋」に住んでいたらしいと書いてあります。芭蕉の三十三回忌に木造を祀って「芭蕉堂」が、建てられ、以来「関口芭蕉庵」と呼ばれるようになりました。石段を下り左に曲がると椿山荘の冠木門があります。元黒田豊前守の中屋敷で、そののち明治の軍人で政治家の山形有朋の屋敷となりました。自生する椿がとっても美しく、周りの景観もよく「椿山」といわれたことから、山形有朋自ら「椿山荘」と命名したということです。大正に入り男爵の藤田平太郎の所有となり、今も五重塔などの文化財を随所に施した林泉回遊式庭園として整備されています。ホタルを眺めながら「食」も楽しめる都会のオアシスとして多くのファンの心をつかみつづけています。

CIMG2261.JPG

こちらはほんの一例です。東京には、目白台だけではなく、馬込の文士村界隈、落合文士村界隈、荻窪界隈、三鷹界隈、多摩川流域界隈など文学と風土をつなぐ「東京文学探訪」を楽しめる地域がたくさんあります。お時間を作って歩いてみてはいかがでしょうか。
文学を通して旅を考えるきっかけになっていただければと思います。
佐藤春夫
明治25年(1892年)和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)に生まれました。
医師である父・豊太郎が文芸にも造詣が深くまた、当時木材業で栄えた新宮には大石誠之助、西村伊作、沖野岩三郎ら先進的な文化人が活発に活動していました。
明治43年(1910年)、中学卒業と同時に上京。慶應義塾大学予科文学部に入りますが、のちに中退。雑誌「三田文学」「スバル」などに詩歌を発表、また「西班牙犬の家」を発表してその才能が注目されつつありましたが、大正7年(1918年)、谷崎潤一郎の推挙により文壇に登場、以来『田園の憂鬱』『お絹とその兄弟』『美しき町』などの作品を次々に発表してたちまち新進流行作家となり、芥川龍之介と並んで時代を担う2大作家と目されるようになりました。
posted by フランキン at 00:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

5/16(木)のノアノアは「津田令子の旅の香り」テーマは「旅と文学」つなぐのは仙台!

旅の香り

今週の5月16日(木)のノアノアは
第3週目の木曜日・・・
トラベルキャスターの津田令子さんをお迎えしての、
津田令子の旅の香り、の生放送です。

以下は令子さんからの番組予告です!

5月16日ノアノアな風をうけて
「津田令子の旅の香り」
テーマは、旅と文学です。

рつなぐのは、
日本旅のペンクラブ東北復興支援記念大会の会場です。
第26回「旅の日」の会
5月16日(木)東北・仙台で開催されます! 

 毎年恒例の日本旅のペンクラブ主催の最大のイベント「旅の日」の会は、今年は仙台駅前の「ホテルモントレ仙台」を会場に、5月16日に開催されます。

 仙台開催の主旨は、旅ペンが「東北復興支援」と銘打ってなんらかの情報発信を行うのであれば震災後2年を経過する今年度開催がタイムリミットと思われること、開催には東北の中心地である仙台が東京・関西方面からも東北各地からももっとも集まりやすい立地であること、被災地の復興の現状を現地で確認したいこと、などが主な理由です。

 「旅の日」の会本番の前後には、特別例会として、宮城県鳴子温泉→山形県最上町・尾花沢市→秋田県にかほ市(象潟)を訪ねる「奥の細道コース」と、石巻→南三陸町→気仙沼市→陸前高田市を中心に訪ね「被災地復興視察コース」を実施いたします。

ということで、5月16日のノアノアな風をうけて「津田令子」の旅の香りは、旅の日に因んで松尾芭蕉と「旅と文学」を絡めながら、さらに日本旅のペンクラブ東北復興支援記念大会の会場である仙台市の「ホテルモントレ仙台」の会場とр結びます。電話に出ていただく方は、お二人です。まずは、日本旅のペンクラブ仙台大会実行委員長の安斎二三夫(ふみお)さん、もうお一方は、日本旅のペンクラブ名誉会員の山本鉱太郎さんです。当日会場では、第33回「日本旅のペンクラブ賞」の贈呈式(石垣市受賞)
第5回「旅の日」川柳大賞の表彰式なども行われます。

posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする