2013年02月03日

いつもの鳥がまた海を見つめにやってくる

窓の外に目をやるとそのまま海の様子に吸い寄せられるのだけど、海と僕との間には一本の背の低い桜の樹が他から孤立するように立っていて、海の輝きが逆光となって浮かび上がる黒い葉脈のような枝越しに見る海は、そこだけを切り取った絵のような風情を感じます。その桜の樹の、いつも同じ枝の同じ辺りにとまっては数十分動かずにいる鳥の姿に気づいたのは、昨年の十二月のこと。それからは、「お、また来たか」・・・と、彼の姿を見る度に思うようになりました。

いつもあそこにとまってる鳥はやっぱり伊豆の海が好きらしい

彼はいつも海を見つめるかのようにむこうを向いてて枝にとまり、僕はその少し後ろにあるこの窓辺で目を上げては彼の背中を見つめることになるのだけど、いつでも必ず海の方を向いてじっとしている様子に、同じ風景を前にした以心伝心のようなものをなんとなく感じて、その鳥のことがやけに近しい存在のように思えてくるのです。

「お前と僕との間に、どんなの関わりがあるっていうんだ?」・・・そんな問いかけが自然と口を突いて出てきます。

自分の視野の中に入ってくるもの・・・そして其処に定着して繰り返されるもの・・・何もかもが「たまたま」に過ぎないのだけれど、其処に何もつながりや意味がないと言い切ってしまうのも、なんとなく寂しい、貧しいことのように感じるのです。少なくとも、あの鳥と僕は同じこの伊豆の海を時間を忘れて見つめることについては、経験として伝え合える同じものを持っているように思える・・・そんな気がしてきます。

自分の視界の中に入ってくるものとのすべての関わりを、通りすぎていくのに任せるだけでなく、思いつくままにつなげて考えてみること、それだけで、人は豊かになれる気がします。今日はそんな日曜日かもしれません。雲がかかって感じられた昼前にあの鳥の姿を再び目にしてから、正午を三十分経過、日差しが明るくて暖かな午後になってからは、もうあの鳥の姿を見ていません。


posted by フランキン at 12:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。