2012年07月31日

八日目の蝉たちの声は何が決めるの!?

伊豆に移転してきたのは2003年の暮れ近く・・・はじめての伊豆の夏は2004年ということになります。その年の夏は猛暑・・・それを象徴して感じさせたのが、シャッ!シャッ!シャッ!という少し重めの鳴き方が特徴のクマゼミの大群でした。神奈川にいた頃にはクマゼミは他のセミたちに比較して希少で、夏の間の早朝に何度かその声を耳にすることがあるくらいだったので、伊豆ではじめて迎えた夏のクマゼミの大発生には、少年の頃のセミ捕りでもなかなかお目にかかれなかった種のセミがこんなにわらわらシャッシャッとそこら中に現れてくれるのが面白くてワクワクしてしまったものです。

大室山ちかくの道筋にて
大室山ちかくの道筋にて

夏の風景と記憶には欠かせないセミの声ですが、続きを読む
posted by フランキン at 11:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Clair de Lune 〜 月の光

満月まではまだ日があるにしても、今夜の月はとても明るくて、月の光があふれた遠くに見える海の表面は、まるで固体化して月面に変わってしまったように感じさせます。同じ月の光がそこら中に降りてきて小さな石や草木にも影を付け、鋭利な影色を主体としたモノクロームができあがる・・・いつも思うのだけど、遙かな昔から地球に寄り添う月の光には、決していま以上には近づくことのないこの地に向けて、心を許して注いでくれているようで、冷めた感触の中に何か無償の愛のようなものを感じます。

月を仰ぎ見ながら古代の人たちが、そこに神を感じて物語り、詩や祈りをもって表現したのがとても自然に感じられるような今夜の伊豆高原・・・スピリチュアルな感覚というのは、文字で書かれた言葉や教えのようなものではなく、自分と自然の間に、今は何一つ隔てるものがないと実感する時にこそ、最も深く、強く、湧き上がってくるように思えます。月が注ぐ光は無理なくサラサラと自分の中に入り込んできて、僕の中の何処かと結びつく・・・その時に生まれるものが何なのかは知らないけれど、多分それを自分が持つ術をもって表現しようとした人はこれまでにも幾人もいたのだと思います。

シェアした動画は、たぶんそんな風にして生まれてきたようにも感じるドビュッシーの「月の光」・・・それをグラスハープとスティーパンの音で再現した、冨田晃によるWave Edition Musicです。とにかく映像が素晴らしい・・・じっと耳を傾けながら見ていると、今夜だけは、僕も古代に戻って天動説を信じたくなります。

(YouTubeの映像の品質をHQ、1080pにセットして、大きな画面にしてご覧になることをお薦めします。)

posted by フランキン at 03:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

Fantastic IZU 水のまどろみ

伊豆というところをどんな風に捉えて過ごすのか?それはもちろん人それぞれなんだけど、山があり火山があり高原があり、島があり森があり美味しい食べモノと透き通った空気があり、街があり、人々がいて、そして太古からの止まらない時の流れがある・・・そのすべてを全部含んで何もないところへと突き出た半島を海の水の碧がぐるりと囲んでひとつの世界を形作っていいる・・・此処は言ってみれば地球のフラクタルそのもので、たぶん、世界の成り立ちと人間との関わりの原型みたいなものを象徴するような気がしてくるんです。

大げさに聞こえるかもしれないけど、それは僕にとっては実体をともなったファンタジーのようので、古い神話や語り継がれる伝説と同じくらいに何処か懐かしさと腑に落ちる感覚をもって迫ってくるのです。其処にいる人たちが何を感じてどんなことを語りたくなるのか?自分がいま身を置く場所への感じ方をはっきりと意識することって、とても大切な気がするんですよね。

曲は、時代と世代を越えて生きる子供たちと輪廻転生をテーマにして描かれた2004年のアニメ、「ファンタジックチルドレン」のエンディングテーマ水のまどろみ≠フロシア語バージョン。歌うのは歌姫Origaです。

posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

創世の月

夜を司る光として創世の頃に定められたといわれる月は永遠に地球に寄り添ってくれているわけでわないのだと、最近知りました。もしも月が無かったなら、何もかもが違っていたのかもしれません。そしていつの日か・・・この地球から月が離れていく時には、すべてが終わりを迎えるのかもしれません。それが何十億年先のことだとしてもそれは事実・・・人間も他のすべての生き物も、無限にも思える宇宙の観点から見れば本当に束の間の巡り合わせの中に育まれ、生きているのですね。それは出会いであって巡り合わせ・・・滔々と流れる時間の中で見るもの聴くものふれるものずへてが本当はすごく儚くて・・・でも生き物である僕らの心臓の大きさと鼓動の数には充分なほどにふさわしく確かなものなのなのでしょうね。

真っ二つより少しだけ丸みを帯びた月が、仄かに染まった夕暮れから闇が深まるにつれ形を鋭利にしていくのを見つていると、月も地も人も何もかも、こうして巡り会っての今なんだなぁ〜と、しみじみ感じ入ってしまう真夏の夜になりました。曲は、Thao Nguyen Xanh、Sad Romance<買@イオリンという楽器の音が奏でるメロディは、継ぎ目なくずっとつづいていくものをいきいきと思い起こさせますが、でも同時にいつかは途切れるかもしれない儚さも含んで胸に迫ります。

posted by フランキン at 20:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

Seeing You

R135・・・伊豆高原から熱海に向かう途中の海岸線は、ちょうど伊東のオレンジビーチや宇佐美の辺りで海の家が華やかにオープンして、通りかかる車を誘い込もうとウチワを振りながらしきりにサインを送ってくる若い男女の姿をたくさん見るようになります。あの様子・・・伊豆に住むようになる前からけっこう好きなあけっぴろげでのんびりした夏の伊豆の風景に感じてます。今年もはじまりますね。観光地に日常を持つ・・・ということの面白味は、此処で始まったり深まったり・・・そんな人間関係が訪れては通り過ぎていくのを見守るというところにもあるのかもしれません。そういう意味では、伊豆というのは、すごくドラマチックな場所ですよね。ということで、出かける前に一曲・・・Jimmy Messinaで、Seeing You (For The First Time)

posted by フランキン at 10:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

7月26日(木)のノアノアはJAA提供!今週は愛知につなぐ「茶色の小瓶と碧の地球」です!

気温が乱高下する夏・・・珍しいですよね。
梅雨明け直後の30度右斜め上越えの猛暑の日々があったかと思えば、
再び雲と雨が廻ってきて、一気に15度くらい急降下右斜め下・・・
今日はまた上昇してかなり暑くなりそうな予感がしてます。
それでも全国的に夏!晴れ伊豆はの季節です。
自然に寄り添って清々しい夏の時季を楽しみたいですね。

夏の空がやってきた!伊豆の海岸でUFO雲生成中!(^o^)

さて7月26日(木)、今週のノアノアは第4木曜日!
JAA日本アロマコーディネーター協会提供でお贈りするコーナー
茶色の小瓶と碧の地球
の放送日です。

全国に30000人以上活躍している
アロマコーディネーター
そのひとりひとりの活動に光をあて、アロマの素晴らしさや素敵さ、
その源である大自然とこの地球へと意識を向ける
素敵な機会となれたらいいなと思います。

今週は、愛知県一宮市でJAA認定校、
School&Salon マザーリーフを主催し、
介護施設でアロマセラピストとしても積極的にアロマを導入し
活動している川崎 忍さんが
スタジオに声を届けてくれます。

School&Salonマザーリーフ 川崎 忍さんのレッスン風景。

アロマセラピーが、人の暮らしや社会の中で、
どんな可能性を持ち、
それにふれながらの日々が
どれほど人を豊かにしてくれるものなのか?
一緒に感じませんか?

posted by フランキン at 10:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

7月19日(木)のノアノアは、トラベルキャスター「津田令子の旅の香り」の日です!

当日になってしまいましたが、
今日7月19日のノアノアは第3木曜日・・・
トラベルキャスターの津田令子さんをお迎えしての、
津田令子の旅の香りのコーナーです。

旅の香り

さて、その令子さんなのですが、
今回は、令子さんが教鞭をとっている大学の
学外授業の日と重なってしまい、
スタジオinが難しいということで、
電話での出演という予定に変更になっています。
もちろん、令子さんの旅のお話は
いつもと同じくたっぷりとお届けできることと思います。

今日の放送で
令子さんがリスナーの皆さんにお伝えしたいのは、
6月30日に記者発表したばかりの
(スカイバスの乗り降り自由版)
スカイホップバスに乗ってみての感想とコースの概要など、
今スカイツリーで盛り上がる東京周辺のバスの楽しさについてのお話・・・
ぜひぜひ、新しいバスの楽しさの体験・・・

ワクワクしながらお聴きになってくださいね。

posted by フランキン at 05:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

大切なモノ

本当に大切なモノ・・・幾つあるだろう? たぶんそれは記憶の中にしまわれていて、いつでも好きな時に取り出すことができるはずのモノなんだと思う。ゆっくりと流れるように奏でられるギターとピアノが綴るメロディは、もしかしたら忘れてしまいそうな記憶の中の時間や人、笑顔や涙の風景を呼び覚まし、もう一度生気を取り戻させてくれるかもしれません。そしたら、今度は思い出として大切にしていこう。。。

大切な友人でもあり、尊敬する音楽家、演奏家であるUNOのセカンドアルバム「月は光りぬ」から、アルバムのラストナンバー「大切なモノ」をiPhoneで撮った伊豆の風景に絡めてみました。動画はボケボケですが、曲はとっても素敵です。よければ是非。。。(^_^)v

posted by フランキン at 17:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

7月12日(木)のノアノアは、C+F研究所からティム・マクリーンさん&高岡よし子さんをお迎えします!

そろそろ梅雨もお開きの頃かなぁ〜なんて思っていると、
モクモクワラワラと灰色の雲がわき出したり、
今日も雨かぁ〜なんて思っていると、
スゥーーーっと雲が透けてきて青空が見えてきたり・・・
ここ数日の天気はかなり落ち着きがなくなってきていて、
ホントにそろそろ夏だァ〜!って雰囲気がでてきました。
伊豆は伊東の海岸沿いのあちこちでは、
海の家が本格的にバッチリになってきましたよ〜!

さて、7月12日(木)のノアノア・・・
スタジオを訪れてくれるのは、
自然あふれる伊豆は赤沢の高みに位置する
C+F(シープラスエフ)研究所の主催者のふたり・・・
ティム・マクリーンさんと、
高岡よし子さんです!

C+F(シープラスエフ)研究所 ティム・マクリーンさん。高岡よし子さん。>

「癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか」などの書籍でも有名な、
自然療法やナチュラルなライフスタイルに関心を持つ人なら
誰もが知っているアンドリュー・ワイル博士とも親交が深く、
博士が伊豆を訪れる時などは通訳なども兼ねて
とても親しくされているおふたり・・・

エニアグラム 自分のことが分かる本

最近ではおふたりの共著にて、
エニアグラム 自分のことが分かる本
を、出版されたのも記憶に新しいところです。

講演やワークショップ
(エニアグラム、バイロン・ケイティ・ワークほか)
企業研修、執筆活動などを通じて、生きていくにあたり、
人がより多くの可能性に目覚めながら、
効果性とともに人の本来性にフィットした
考え方や心身の在り方について気づきを与える活動に勤しんでいるおふたりです。

たぶん・・・すごく自然と生き物・・・そして人間の可能性や未来
スピリチュアルな観点も交えて、
素敵なお話に満ちた一時間になりそうです!
posted by フランキン at 17:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

映画の中に描かれる不幸が持つ意味・・・映画「ヒミズ」のこと

二日ほど前に、園子温監督の映画、「ヒミズ」をDVDで見ました。園子温監督作品は初体験・・・原作のコミックもこの映画の存在も何も知らないまま、レンタル店に新作として置かれているのに気づいて手に取ったのですが、久々に日本映画を見て激しく揺さぶられました。果たして自分自身がこの映画から何を感じたのか?映画を見終えた時の突き上げるように感じた強い印象が、落ち着く程度にに時間を置いて、少しだけ書き留めておきたいと思いました。

続きを読む
ラベル:ヒミズ 園子温
posted by フランキン at 21:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

7月5日(木)のノアノア・・・ユミカさんがやってくる!

昨夜は満月満月・・・
でも雲に隠れて見ることは叶いませんでした。
でもその働きかけはきっと
この伊豆の森や海など、
さまざまなところの生き物たちに
力を及ぼしているはずですね。

シンガーソングライターのユミカさん

音楽がもつ力も
それと似ているかもしれません。
どみからか聴こえてきたメロディや歌声に、
なんだかすごく心がゆれたり力づけられたり・・・
そういうことってありますよね。

7月5日(木)・・・
今日、ノアノアのスタジオを訪れてくれる
シンガーソングライターのユミカさんの歌も、
聴く人にとってとても力となる曲ばかりだなぁ〜と、
フランキンとネロもしいつも思っています。

数週間ほどほど前・・・朝目が覚めた時に・・・
そういえばユミカさんはどうしてるかな?
またゲストに呼びたいなぁ〜なんてふと思ったのですが、
その日の夕方になんと彼女からのメールが届き、
熱海でのイベントに伴ってまた番組に!
という声をいただきました。
引き寄せの法則の法則が働いたような実にスムーズな展開・・・
さて、生放送のノアノア・・・ユミカさんの歌、たっぷりとお届けします!



posted by フランキン at 09:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする