2012年01月07日

転落少女

転落少女と36の必読書(上)
転落少女と36の必読書(上)
まだ読み始めたばかりですが、この本がやけにおもしろいのです。著者は30代半ばの女性、物語の主人公ブルー・ヴァン・ミアは高校生の少女。10代の少女ながら古今の文学や映画に精通したブルーを語り手として展開する極めて知的でミステリアスな物語は、その文章の至るところで、ブルーが目にしていること、感じていることの諸々が既に彼女が読み終え精通している無数の書物や映画の中のフレーズに結びつけられてイメージ化されつつ、少女らしい正直さと軽やかなアイロニーを伴って表現されていく・・・それがじつに小気味良くてユーモラスな文章になっていて、著者の知性と感性の瑞々しさを感じます。

ブルーは自分の置かれた状況にトギマギしたりドキドキしたりしながらも、自身のうちに蓄積された言葉の数々を「当てはめる」ことのできる側面を見出し、常に客観的でちょっと醒めた部分をもって語ってくれます。

今経験している事柄を既に自分が知っている事柄や知識に結びつけて再構築し、自分との関係性をより確かなものへと変換しながら、それらを経験として自分自身の認識に落とし込んでいく・・・そうすると、誰だって自分の物語を表現できるようになっていくのかもしれませんね。「本をつくれば限りなし」・・・というのはバイブルの中の言葉ですが、新しさや流行に振り回されず、その限りない本との出会いをどれだけ経験できているのか・・・?「読む」という行為というか習慣が、どれだけその人を豊かにしてくれるものなのか・・・そんなことを感じさせてくれる一冊(上・下だから二冊か^^)先が楽しみ・・・(^^;)


posted by フランキン at 21:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炬燵の中で見た幼い頃の熾火のような

熾火のような・・・
夕暮れに紅く燃えて見える西の空・・・
炭火で炬燵をしていた幼い頃をふと思い出します。
夕焼けというのは灰にまみれた熾火のようで、
掘り起こすとまた温かみを取り戻しそうにも見えます。

今日も暮れていきました・・・
伊豆高原のちょっと寒い夜がこのあとにつづきます。
posted by フランキン at 19:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

ある種の本が目に留まるということ

伊東のGeoに立ち寄ったら、中古本をさらに半額で販売してました(ブックオフとかがあれば別にありがたい価格じゃないんだけど)。そこで宮迫千鶴さんの真新しいままのエッセイをたまたま発見。この人とは数年前ラジオゲストという形ですが一度だけお会いしたことがあるのですが、僕にとってはなんとなく意味のある出会いだったような・・・当時は全く気づかなかったのだけど、今になってそんな気がしてくるのです。彼女がこの伊豆高原に住みながらこの世界や命について何を考え、どんなふうに旅をしていたのか?今さらながらですが、この本を通して少しだけでふれてみたいと思いました。たぶん数年前の僕だったら手に取らなかったであろう本なのですが、時期が訪れると・・・人はいつのまにか以前のものを手放していたり、心をひらいて異なるものを受け入れていたり・・・いろんな機会に巡り会うものなんですね。ある種の本が目に留まる・・・小さなそんな出来事も、出会いと考えるとひとつの経験として大切にしたい・・・これも一連の流れの中での個人的なプロセス・・・アハハ、意味不明な書き込みですみません。^^
posted by フランキン at 22:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相変わらずな風景なんて唯の一度もない

海と空との間・・・
伊豆高原から見たきょう午前の海・・・
相変わらずの視点からの風景ですが、
ほんとに相変わらずな風景なんて唯の一度もありませんね。
posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tom Traubert's Blues

この曲も昨日のラジオでかけたうちの一曲。もちろんTom WaitsのTom Traubert's Bluesが大好きなのですが、今回はRod Stewartのバージョンで・・・歌詞はとっても物語にあふれていて辛さや苦しさ後悔や悲しさを感じるのですが、メロディがとにかく優しくて慈愛に満ちて感じられる・・・喜びも悲しみも幾年月・・・すべてまとめてその人の人生なんですよね。
posted by フランキン at 08:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白い世界

昨日のラジオでかけたうちの一曲、柴田淳さんの「白い世界」です。PVには人の目を和ませる様々な色があるのですが、歌われる歌詞はまだ何色にも染まっていない白・・・すべてを失ってしまったかのような白・・・彼女が「僕」という一人称で歌う曲を聴くと、なんだか妙に心が遠くにいってしまいます。でもとても好きな曲で、冬には必ず一度はかけてるような・・・。リアルタイムのヒットナンバーは殆どかからないラジオですみません。。。
posted by フランキン at 08:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

1月3日の空と海

冬の雲と光

正月3日・・・伊豆高原は雲が多いです。でも、こういう空の時にこそ、光の道筋が感じられることとそれが到達した時の風景の変わり方が楽しいんです。光には熱があってその熱をうけて冷たかった大気にも動きが生じ、太陽の顔色を伺いながら雲や靄も前に進んだり退いてみたり・・・風景のすべてが刻々と変わっていく・・・伊豆七島の影も次第にハッキリと見えてきました。その様子の一部師始終をじっと見ているには、自分の側にも余裕・・・というか割り切りみたいなのが必要ですが、失うものはなんにもなくて、反対に、得るもの・・・というか内に湧き上がってくるものはたくさんあるような気がします。ふと気がつくと・・・自分自身も周りのすべてに呼応してものを考えたり感じたりしながら、風景の中の要素のひとつになっているんだと気がつきます。
posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

城ヶ崎とターザン、そしてチータよ・・・お疲れさま。。。



なぜか数日前に、このチンパンジーが出演していた映画「類人猿ターザン」のことを思い出していた。

太古の火山活動で流出した溶岩が形作った伊豆は城ヶ崎の断崖を見ていると、此処から海に落ちたらどうなるだろう?・・・なんて考えてしまうけど、CGも特撮も無かった時代に撮られたターザン映画では、生身の人間が数十メートルの断崖から眼下の川面や湖に跳躍して飛び込むシーンが何度もあった。大きく広げた両手を空中で動かしながら、たぶん微妙なバランスを測りつつ着水のタイミングに集中して宙を舞っている様子をテレビで見ながら、子供心に「なんであんなことができるのだう?すんごいなぁ〜!」と思っていた。主演のジョニー・ワイズミュラーは水泳選手でもあり、身体を張った映画撮影はきっと今の現場よりももっともっと過酷だったのではないか?・・・なんてことも考えてしまう。

伊豆、城ヶ崎の断崖は太古の火山活動で流出したマグマの痕跡・・・
伊豆、城ヶ崎の断崖は太古の火山活動で流出したマグマの痕跡・・・

その映画の中で、たまらなく愛嬌をふりまいていたあのチータが、数日前までまだこの世に生きていた・・・これはちょっと驚きなのであって、同時になんだかすごく嬉しいことなのだ。記憶というのは何がどうつながって脳にしまいこまれているのか?その関連づけは常に謎が伴っていて、どうしてターザンを思い出していたかというと、城ヶ崎の風景が答えになるのだけど、ちょうどそのターザンを城ヶ崎の風景から思いだしていた頃に、チータが亡くなった・・・というのは何とも奇遇でもあり、僕としては脈絡もないものが触発し合って思いがない記憶の復活と過去と現在が現実の中でつながった経験なのでした。もちろん、ただそれだけのことでしかないのですが・・・それにしても・・・
う〜んチータよ・・・本当にお疲れさま。。
posted by フランキン at 19:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チータよ・・・本当にお疲れさま


なぜか数日前に、このチンパンジーが出演していた映画「類人猿ターザン」のことを思い出していた。

太古の火山活動で流出した溶岩が形作った伊豆は城ヶ崎の断崖を見ていると、此処から海に落ちたらどうなるだろう?・・・なんて考えてしまうけど、CGも特撮も無かった時代に撮られたターザン映画では、生身の人間が数十メートルの断崖から眼下の川面や湖に跳躍して飛び込むシーンが何度もあった。大きく広げた両手を空中で動かしながら、たぶん微妙なバランスを測りつつ着水のタイミングに集中して宙を舞っている様子をテレビで見ながら、子供心に「なんであんなことができるのだう?すんごいなぁ〜!」と思っていた。主演のジョニー・ワイズミュラーは水泳選手でもあり、身体を張った映画撮影はきっと今の現場よりももっともっと過酷だったのではないか?・・・なんてことも考えてしまう。

その映画の中で、たまらなく愛嬌をふりまいていたあの「チータ」が、数日前までまだこの世に生きていた・・・これはちょっと驚きなのであって、同時になんだかすごく嬉しいことなのだ。記憶というのは何がどうつながって脳にしまいこまれているのか?その関連づけは常に謎が伴っていて、どうしてターザンを思い出していたかというと、城ヶ崎の風景が答えになるのだけど、ちょうどそのターザンを城ヶ崎の風景から思いだしていた頃に、チータが亡くなった・・・というのは何とも奇遇でもあり、僕としては思いがない記憶の復活と過去と現在が現実の中でつながった経験なのでした。もちろん、ただそれだけのことでしかないのですが・・・それにしても、う〜んチータよ・・・本当にお疲れさま。。。
posted by フランキン at 15:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETが乗った宇宙船か現れ出てきそうな・・・

窓をあけてみると、
枯れた草や落ち葉の上に細かい氷の粒が
パラパラと音を立てて落ちているところでした。

ETが現れ出て来そうな・・・少しいたずらめいた空でした。

今日の伊豆高原はそれほど寒くはありません。
でも、空の高いところでは、
冷え切った大気が作り出した雲が太陽の光の熱に抗って、
消え去る瞬間に細かな氷となって
光と一緒にこの地に降りてきたような・・・
ちょっといたずらめいた雰囲気が感じられます。
ETが乗った宇宙船か現れ出てきそうです。

冬・・・ですね〜
posted by フランキン at 13:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬空・・・


窓をあけてみると、枯れた草や落ち葉の上に細かい氷の粒がパラパラと音を立てて落ちているところでした。今日の伊豆高原はそれほど寒くはありません。でも、空の高いところでは、冷え切った大気が作り出した雲が太陽の光の熱に抗って、消え去る瞬間に細かな氷となって光と一緒にこの地に降りてきたような・・・ちょっといたずらめいた雰囲気が感じられます。冬・・・ですね〜
posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

「夕あり、朝ありき」・・・あけましておめでとうございます!!

あけましておめでとうございます!!
様々な風景を含んでおそらく決して忘れないであろう
2011年が過ぎ、2012年の幕開けですね。

好きな言葉に・・・
「夕あり、朝ありき」・・・
という言葉があります。

朝の前に夕があり、そして光が射し朝が訪れる・・・。
闇に包まれた未明の時間・・・
すべてのものの形は未だ定かではなく、
陽の光が空の色を変えていくにつれて
やがて朧気にそれぞれに在る姿が浮かび上がり、
朝日とともにまるで
意味が付されるようにして確かなものとなっていく・・・
このプロセスが好きです。

人の歩みも・・・
人が何かを遂げようとする時も・・・同じですね。
いまは確かなものが何も感じられなくても、
やがてはすべてに意味があったのだと
気づく時がやってきます。

だから・・・今はこの清々しい気持ちをじっくりと味わいながら、
手にあることに一生懸命でいたいと思います。

さて・・・昨年の名残ともいえる今年最初の「夕」が明けて
初めての陽が昇る時まであとわずか・・・
2012年がいよいよ顕わにされて目の前に現れるのですね。
少し早いですが・・・皆さん、おはようございます!
posted by フランキン at 03:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけました!!

あけました!!おめでとうの声が冷たい夜気の中であちこちに飛び交ってます。やっぱり元旦っていうのは冷え冷えとした冬だからこその人の温かみの伝わり方みたいのを感じますね。FBのウォールを見ているとなんだかいっそう清々しい気分になってきました。

あらためまして・・・皆様、あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします!初日の出・・・きれいだろうなぁ〜^^
posted by フランキン at 00:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。