2012年01月26日

1/26は、熱海から石川県金沢を結んでの「茶色の小瓶と碧の地球」です!

毎月第4木曜日のノアノアで
JAA日本アロマコーディネーター協会
の提供でお贈りしています、
茶色の小瓶と碧の地球

2012年最初の生放送は、
スタジオがある熱海から遠くはなれた
石川県は金沢で活動しているアロマセラピーのスペシャリスト
Holistic Therapist School金沢の校長
中本幸枝さんに電話をつないでお届けいたします!

Holistic Therapist School金沢 校長の中本幸枝さん

昨年の3月11日の東日本大震災の際には、
セラピストである自分としっかりと向き合いつつ、
このような緊急時に自分に出来ることはいったい何なのか?
ひたすら模索するだけではなく、
居ても立っても居られない気持ちを抱えながら
被災地した南三陸町に趣き、ボランティア活動に携わりながら、
多くの風景と人々に接して感じたこと・・・
自身ができること・・・できないこと・・・
それでもしたいと思うこと・・・中本さんは心を込めた記事を
JAA機関誌である香羅夢(こらむ)に寄せました。
その記事に心を動かされた人々は多いことと思います。

1月26日(木)茶色の小瓶と碧の地球では、
アロマスクールの校長、そして
自らもアロマセラピストとしてアクティブに動き続けている
中本幸枝さんの今を、その溢れる想いを、
ラジオを通して存分に語っていただく予定です。
アロマに関心をもたれるすべての方に・・・
自然と命と人々との関わりを愛するすべての人に・・・
今月の茶色の小瓶と碧の地球・・・
心をこめてお届けいたします!


生放送中のメッセージを受けつけるTwitterのハッシュタグは
#noa2 です。どうぞお楽しみに!!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
お楽しみに〜!!
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

雪へ・・・伊豆高原

急激に気温が下がってきたと思ったら、窓の外は再び空の色が沈んで雪のパラシュートがはらりはらり・・・さっきまで海にも光が射しはじめていた海は空の色よりも濃い灰色に・・・。今日は一進一退の風景・・・1〜3度のアップダウンにその都度少しだけホッとしたりまた首をすくめたり・・・北国の冬の厳しさとくらべたらちょっと贅沢な伊豆高原の冬の感覚ですね。
posted by フランキン at 10:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北国は寒いだろう

中山恵美子 北国は寒いだろうているとあちこちから北国の風景が入ってくる・・・ネットなんかなかった時代の北のたよりは文字とラジオの音声から感じていた。ずっと昔夜毎に聴いていた深夜ラジオからの一曲・・・真夜中にこの歌が流れてくる度に、北はずっとずっと遙か彼方に感じていた・・・。
FBのウォールを見
posted by フランキン at 02:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

サラダと軍艦(自衛艦)

サラダと軍艦(自衛艦)
ステーキ・・・というよりも、
ほとんど野菜を食べに来てるっていう感じ。
窓の外の伊東の海、今日は海自の艦船が訓練らしい。
posted by フランキン at 15:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香りを電波にのせて 夫婦のアロマ物語V

JAA日本アロマコーディネーター協会が四季に応じて発行する「香羅夢(こらむ)」という情報誌があるのですが、この冬、1/20発行の香羅夢」にネロリとフランキンのコラムが掲載されました。主に、エフエムCiao!から第4木曜日に放送している「茶色の小瓶と碧の地球」というラジオコーナーについて語りました。PDFにしようとしたら、スキャナーがどうもいかれてしまったらしく、写真でアップしてみました。
香りを電波にのせてV
posted by フランキン at 12:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

津田令子の旅の香り 20120119 放送後記

 「映画はタイムトッリップの道具のひとつ」

旅の香り

 小説や映画それからドラマに音楽・・・それぞれの舞台となった地を訪ねたくなることはありませんか。最初は美しく映し出された映像を見てなんて綺麗なんだろうと感動します。見るたびにその思いは強くなり「訪ねたい」という気持ちが芽生えます。やがてロケ地に立つ自分がいるのです。その土地に興味をもち実際足を運ぶということは、映画が旅の「きっかけづくり」に一役かっているということになります。

熱海の浸水講演、ムーンテラス

旅の仕事を生業としているので、たいていの場合旅はオフィシャルです。旅先での感動やその土地の魅力をどのようにお伝えしたらよいかということに重きをおいた旅ばかり。そういうことをいっさい考えずきれいな風景を見てわたしだけが感動したいという想いをいつも心にひそめています。大きな画面に映し出された綺麗な風景シーンでその想いを叶えているのかもしれません。感動を人に伝えることばかり考えているのでジワッと心の中から感動している余裕がないのです。

旅先ではいつも新しい出会いが・・・

なぜ映画の舞台を訪ねたいという思いが強いのでしょうか。それはその地を訪ねることで、その映画を観た頃の恋愛も、聴いていた音楽も、通った店も、着ていた服も、歩いた街も、お気に入りの美容室でカットしてもらった流行の髪型を風になびかせていたことも、すべてひっくるめた生き様(暮らしぶり)みたいなものが、そこ(ロケ地)を訪ねることでもう一度思い起こすことができるからだと思うのです。わたしにとって映画は、あの頃へのタイムトリップの道具のひとつになっています。

津田令子
posted by フランキン at 13:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

新しい道が切り拓いた風景

新しい道が切り拓いた風景
気温はそんなに低くないようなんですが雨で湿った空気が強い風にのって打ちつけてくる感じ・・・今日の伊豆高原は寒いです。新しく切り拓かれて通った路から真新しい視点で近くの山々へ目を向ける・・ちょっと高度がちがうだけで、雪らしきものがチラホラ・・・。
posted by フランキン at 18:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「冬の華」と健さんとチアリのギター

映画と旅というテーマでの昨日のラジオでもかけた曲ですが、「冬の華」という映画のテーマでそのまんま「冬の華」・・・というギター曲。殺してしまった友人の娘を獄中から仕送りしつつ影ながらその子の成長を見守ってきたのだけど、いざ出所してみると、あれほど会いたかったその娘の前に立つことがどうしてもはばかられる・・・やがて男は再び過去の世界のしがらみに・・・。高倉健さんが寡黙に演じた秀次という男・・・セリフの多くを僕はいまでも諳んじることができるほど好きな映画でした。横浜の夜の路地で季節外れに咲いて雪をかぶってしまった鉢植えの花を秀次がしゃがんで指先で雪をはじいてどけてあげるシーン・・・その花の色は映画のタイトルの「冬の華」の文字の色と同じで、世間にもどって普通の暮らしを夢見てきたにもかかわらず、取り残されていく主人公の心を象徴していたような気がします。少しばかり前の横浜を感じさせてくれる映画ですね。
posted by フランキン at 01:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

伊豆の記憶を辿ってみると

今日のラジオは「津田令子の旅の香り」という月に一度のコーナーでしたが、映画やドラマ、物語と旅・・・というテーマでした。いろんな映画の音楽をかけましたが、どうしてもはずせなかったのがこれ・・・「カヨ〜!おみゃぁ〜にやるメシはにゃ〜でよ!!」幼い頃に父母が見ていたこのドラマ・・・一緒になって夢中になってました。この動画・・・どなたの作かはわかりませんが、何となく懐かしい伊豆の風景がよく表れてますよね。探してみると・・・あったあった・・・ちゃんとCDで残ってるんです!ってことで、遠くから伊豆に憧れていた頃の思いも込めて、僕の記憶の中の伊豆の象徴ともいえるこの物語の曲、そして語りを、今日はじっくりOnAirしました。
posted by フランキン at 21:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの心の記憶に残っている映画や物語・・・そこから誘われる場所や風景を教えてください!「津田令子の旅の香り」・・・今月は1月19日(木)です!

旅の香り

安楽椅子クライマー・・・
そんな言葉がありますが、それはずっと前に
「北壁の死闘」(ボブ・ラングレー著 創元推理文庫)
という小説を読んだ時に出会った表現でした。
その物語の中で僕は、自宅に居ながらにして
第二次大戦末期のアイガー北壁に運ばれました。
実際の体験に敵うものでは到底ないのだけれど、
それでも、読書というのはひとつの体験であって、
きっとこの物語に誘われて
アイガーを訪れた人も必ずいるはず・・・
そんな風に思います。

小説・・・映画・・・ドラマ・・・それらは人を
しばしば此処ではない別の何処かへと運んでくれます。
スクリーンに・・・映像に・・・文字の力で脳内に・・・
さまざまな風景を人は物語との出会いから写し取っています。
其処から旅が始まることもある・・・。

1月19日(木)午後2時からの津田令子の旅の香り・・・
ズバリ!旅と映画、そして物語・・・です。

映画の中に見た風景・・・人々・・・
小説やドラマに見たストーリーの中のあの場所この場所・・・
それらに誘われて旅に出たこと、何処かを訪れたことはありませんか?
例えばフランキンは最近、八日目の蝉という映画を見て、
その舞台のひとつとなった小豆島の美しい風景にとても心惹かれました。
たぶんいつか、実際に訪れる日がくるかもしれないですね。

心に残っている映画や物語・・・
そこから誘われる場所や風景を教えてください!
今回の津田令子の旅の香りは、
ラジオをお聴きの皆さんからの思い出も絡めながら
お届けしたいと思っています。
どうぞドシドシ!メッセージをお寄せくださいね〜!!

そしてもうひとつ・・・
スタジオから電話をつなぐのは、
静岡県は御前崎・・・
御前崎観光協会事務局長の
小野木邦治さんです!!
マリンスポーツも盛んな御前崎・・・
ぜひその地元の方から魅力を語っていただきましょう。
(御前崎との中継は午後2時30くらいからです)

生放送中のメッセージを受けつけるTwitterのハッシュタグは
#noa2 です。どうぞお楽しみに!!
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

遙かなる山の呼び声

明日のラジオが旅と映画・・・っていう感じなのでちょっと思い起こしてたら「遙かなる山の呼び声」の予告編を発見。いい映画だったなぁ〜。映画のタイトルそのものが、「シェーン・カムバック!」で有名なアラン・ラッド主演のパラマウント映画「シェーン」のテーマ曲と同じで、雪をかぶる山々を背景にした雪どけであのジメっと泥ついたワイオミングの開拓村の風景と、高倉健さんが放浪して行き着いた北海道は中標津の風景と重なる。山田洋次監督の「遙かなる・・・」は「シェーン」へのオマージュがたっぷり感じられる映画でもちろん「シェーン」も大好きな貴重な名画だと思うのだけど、僕的にはこの日本版シェーンと言ってもよい「遙かなる・・・」は何度見てもたまらなく好い素晴らしい作品なのだ!!
posted by フランキン at 21:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

風の絵師



ドラマを放送に合わせてリアルタイムに見ることは殆どないのだけれど、DVDで見始めるとどうしても止められなくなります。どうやら僕もネロリもけっこうはまるタイプですね〜夫婦ふたりして。(^^;)

韓流史劇の「イ・サン」の時代と時を重ねて実在した、金弘道(キム・ホンド)と申潤福(シン・ユンボク)というふたりの天才絵師の運命を描いた「風の絵師」というドラマがあまりに素晴らしいです。(まだ半分も見てないんですけどね・・・^^)「イ・サン」にも登場した図画署(トファソ)の風景、そしてそこに生きるふたりの実像についての大胆な仮説を元に、今に残された幾つもの絵画に秘められた当時の人々の息吹・・・それらを描いたふたりの画家と、ドラマ「イ・サン」にも描かれていた当時の朝廷内での政治的な駆け引きも交えながら、じつに繊細で優しさを感じる映像表現と起伏に富んだ魅力的な脚本と音楽ですっかり心を捉えられてしまいました。(もう何年も前の作品なんだけどね〜)

「イ・サン」を見た人は是非観てみるべし!という作品ですね。チョ・ソンモが歌うこの「風の歌という曲も、たいへん印象深いです。
posted by フランキン at 22:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の雫

雪景色を描こうとしてデッサンのまま終わってしまったような昨夜の伊豆高原の雪・・・白い屋根がいくつも目に入りますが、少しずつ屋根瓦の色が透けるようにして見えはじめました。それでも時々ひらひらと雪片が舞う・・・雨だれのように軒先からポタポタ落ちてくる溶けた雪の滴・・・ふとしたところにいつもとは違うリズムを感じる静かな午後です。
posted by フランキン at 13:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちみん 伊豆高原アコースティックライヴのお知らせ

ちみん
MOCK HILL RECORDS
発売日:2012-02-05


ニューアルバム「ちみん/住処」のリリースに伴って
2月2日(木)のノアノアにゲストとして来てくれる
シンガーソングライター、ちみん
ラジオ出演翌日(3日金)に
伊豆高原のピースヴィレッジでライヴもすることになりました!

chimin izu

ちみん 伊豆高原アコースティックライヴ
出演 ちみん(guiter.vocal) 井上JUJU博之(sax.fl)
日時 2012年2月3日(金)
開場 18:00 
開演 18:30
Mチャージ \1000円
場所
 伊豆高原ピースヴィレッジ
   住所:413-0232
   静岡県伊東市八幡野1247-11
   Tel&Fax:0557-51-1730
   Mail: info@izu-pv.com


最初に彼女のライヴを聴いた時の印象から、
僕は彼女の歌をずっとちみんセラピーと呼んできました。
渇いた砂に水が沁み込むように・・・
酸素が心身にいきわたるように・・・
本人はぜんぜんそんなつもりはないようなのですが、
ちみんの歌声はセラピーです。
自然豊かな伊豆の静かな環境の中でのちみんライヴ・・・
お見逃しなく〜!!


ちみん
(作詩/作曲/歌/ギター)

1985/1/4生まれ、大阪出身の在日コリアン3世。高校卒業後、18才で上京。
2004年11月1日にミニ・アルバム『ゆるゆるり』でデビュー。その中の収録曲【午後】は、東京芸術座の舞台、【風が吹くとき】(原作Raymond Briggs)のテーマソングとなる。
優しく伸びのある歌声を持ち、
2006年2月リリースの1st アルバム『ぽむぽむ』でもその歌声を発揮。
2008年にリリースされた『みつけてあげよう』では、世界観の心地よさはもちろん、言葉や想いの力強さも存分にみせつけている。
2010年にはギタリストの平岡雄一郎と5曲入りミニ・アルバム『流れる』を制作。
本作は歌とギターだけのシンプルな構成、自宅録音にもかかわらず高い完成度を誇っている。(現在はライブ会場のみでの販売)
その後ライブ活動を一時休止し、制作期間に入る。
2011年、プロデュース、アレンジに井上JUJU博之(サキソフォビア、ネタンダーズ
他)を迎え、ニューアルバムのレコーディングに入る。
レコーディング・メンバーには井上JUJU博之(sax, fl)をはじめとして
野本晴美(p)、和泉聡志(g)、小泉P克人(b)、岡部洋一(perc)など
現在の音楽シーンを代表する精鋭ミュージシャンが集まる。
最新アルバムは『住処』。2012年1月15日リリース。
2012年より都内を中心に本格的にライブ活動を再開。
posted by フランキン at 11:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜に雪が降りはじめた

深夜の雪
帰宅なう。伊豆高原は深夜の雪・・・
花らんぷの前もこんな感じ・・・
朝には白い世界かな?
posted by フランキン at 01:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

雪のパラシュート

さっきまでサラサラと流星雨のような速度で落ちていた硬質な雪が一斉にパラシュートを開いたように速度を緩めて舞い降りはじめました。伊豆高原は雪・・・でもたったいま雲間から光が射し始め、窓ガラスについた水滴が陽の光で床に影を落としています。この雪・・・天気の回復を前にした最後の反撃空挺作戦のような感じです。
posted by フランキン at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

快晴

伊豆高原はほぼ快晴・・・昼間の陽射しの暖かさと眩しさは、夜になっての冷え込みとたいていは対になって訪れるのですね。今夜も冷え込みそうです。冷え込みが増してくると、伊豆が温泉地であることのありがたさみたいなものが感じられます。陽が落ちて夜になると一気に大気が冷却してくる感じですが、走る車のヘッドライトの中に光を反射しながらもうもうと立ち上る湯気を見つけると、冷えた空気に我が身の劣勢を感じて退けそうになったところへ、援軍を得たような妙な安心感が湧き上がってきます。
posted by フランキン at 09:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

POPS&JAZZシンガー、Shinoさんが登場しますよ〜!今日のノアノア!!

エフエムCiao!熱海湯河原、
今日1月12日(木)午後2時からのノアノア
久しぶりに懐かしいノアノアフレンド、
POPS & JAZZヴォーカリスト、
シンガー・ソングライターの
Shinoさんが登場します。

POPS & JAZZヴォーカリスのShinoさん登場!

ポップスユニットバジルのヴォーカル、
また現在はソロヴォーカリストとしても活躍中!
熱海KKRホテルでのロビーコンサートでも、
ご存じの方は多いですよね。

ヴォーカリストとして活動しつつ、
最近では動物愛護の活動にも貢献しているShinoさん。
最近リリースしたばかりのミニアルバム
Bioomingをひっさげてのノアノア登場です!
posted by フランキン at 10:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

電信柱は鳥の休み場

電信柱は鳥の休み場
羽を休めてる君と僕のあいだに
どんな関わりがあるというんだい?
すぐ其処にいるけど違う世界にいるって感じの距離感。
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

朧気なものは朧気なままに

朧気なものは朧気なままにしておきたい・・・何かに似ている・・・何かのようだ・・・物事の形はその程度の受け止め方がいい。幾つもの似通って感じるものや、もしかしたらこうかも・・・に出会えば出会うほど本当に見つめたいものの姿が浮かび上がってくるような気がする。物事の輪郭を描かずに近接する背景を見つめていく内に、いつのまにか捉えたいものの全体が顕わにされていく・・・それでいいのだと思っている。急がないし、決めつけもしない。顕れた出てきたものを、ただ、「ホウ・・・」と受け止めるだけでいいのだと思う。
posted by フランキン at 09:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする