2011年11月25日

屋根の上にオリオン・・・

星に物語を感じた古代の人々は・・・
たぶん今の時代よりももっともっと
たくさんの星を見つけられたはずだと思う。

伊豆高原の花らんぷの屋根の上に・・・オリオン座

幾つもある夜の星の中から
どのくらいの時間をかけてあのオリオンを形づくる星を
昔の人は選んだのだろう?・・・
それとも瞬時に決めて星座を語りはじめたのだろうか?

遠い昔にあの星の並びに名を付けた誰かは・・・
21世紀になっても人々が先ずは憶える星座のひとつとして
世界中で親しまれているということを
どれだけ想像できただろうか?

伊豆高原の今夜の空・・・星の光が溢れています。


posted by フランキン at 00:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。