2011年11月30日

今週のノアノアは湯河原のゆずの香り・・・お届けします!

今週のノアノアもう明日ですね。
エフエムCiao!は静岡県の熱海と神奈川県の湯河原という、
二つの町、二つの県にエリアを持つコミュニティFM局です。
なのでノアノアも、どんどん地元にかかわる情報にも
関わっていきたいな〜と思っています。

湯河原のアロマコーディネーター浅原純子さん。

そこで今週12月1日(木)のノアノアは、
翌2日(金)に湯河原町商工会で行われる
地元産ゆずを使った
化粧水作り体験&ゆずジャム試食会
で指導にあたるアロマコーディネーター
浅原淳子さんをゲストにお迎えして、
地元の香りにこだわった香りとの関わりや楽しさについて
語っていただく予定です!

生放送中のTwitterハッシュタグは
#noa2です!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。

posted by フランキン at 11:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

JAA日本アロマコーディネーター協会が伊豆から発信!「茶色の小瓶と碧の地球」がスタート!

ここ数日のあいだ、伊豆はとてもすっきりとした風景に恵まれています。
そんなが近づくにつれて、
大気がかおいっそうどんどん澄んでくる・・・
寒さも冷たさも増してくるけど、
夏や秋にはまだ見えなかった遠くの景色までが見えてくる・・・
だから伊豆の冬・・・OKです。わーい(嬉しい顔)

JAA日本アロマコーディネーター協会「茶色の小瓶と碧の地球」スタート!
>JAA日本アロマコーディネーター協会「茶色の小瓶と碧の地球」スタート!

11月24日(木)
エフエムCiao!熱海湯河原のスタジオがある熱海は
水平線がくっきりと見える素晴らしい晴天に恵まれました。
そんな伊豆らしい風景に恵まれた熱海のラジオからお贈りした
フランキンのノアノアな風をうけて・・
今回は、これから毎月第4木曜日のノアノアの新コーナー
JAA日本アロマコーディネーター協会
の提供でお贈りする
「茶色の小瓶と碧の地球」の第一回目だったのです!

続きを読む
posted by フランキン at 12:39| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

「ふたつのアルプスがみえる町」・・・長野県飯島町の町長、高坂宗昭さんが熱海のラジオに登場でした!

伊豆もだいぶ冷えてきました。
夜にはもう10度を切っていますよね。
伊豆がこんなに冬を感じるようになってるのだから、
信州はきっともっと寒いにちがいない!

旅の香り

でも・・・大気が冷えてくるとなぜか風景が澄み渡って見えてくる・・・
11月17日(木)ノアノア・・・
第3木曜日
トラベルキャスターの津田令子さんともにお贈りする
津田令子の旅の香りのコーナーが中心・・・

長野県飯島町 道の駅

今回はきっともうすっかり冬っぽさが増してきているはずの
信州は長野県飯島町(いいじままち)がテーマ!
そしてなんと電話を通してスタジオに声をとどけてくれたのは、
長野県飯島町の町長、高坂宗昭さん自らのご登場でした!

南アルプス中央アルプスとの
続きを読む
タグ:津田令子
posted by フランキン at 18:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

屋根の上にオリオン・・・

星に物語を感じた古代の人々は・・・
たぶん今の時代よりももっともっと
たくさんの星を見つけられたはずだと思う。

伊豆高原の花らんぷの屋根の上に・・・オリオン座

幾つもある夜の星の中から
どのくらいの時間をかけてあのオリオンを形づくる星を
昔の人は選んだのだろう?・・・
それとも瞬時に決めて星座を語りはじめたのだろうか?

遠い昔にあの星の並びに名を付けた誰かは・・・
21世紀になっても人々が先ずは憶える星座のひとつとして
世界中で親しまれているということを
どれだけ想像できただろうか?

伊豆高原の今夜の空・・・星の光が溢れています。
posted by フランキン at 00:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

JAA提供の新しいコーナー「茶色の小瓶と碧の地球」がスタートします!

エフエムCiao!熱海湯河原から、
毎週木曜日の午後2時からの生放送
フランキンのノアノアな風をうけてに、
JAA日本アロマコーディネーター協会
の提供でお贈りする
月に一度の新しいコーナー
茶色の小瓶と碧の地球
(ちゃいろのこびんとみどりのちきゅう)
がスタートします。

タイトルにある「碧」という文字・・・
「あお」とも読みますが、このコーナータイトルの場合、
「みどりのちきゅう」と読んでいただき、
豊かな水と空気に恵まれた地球という星、
そしてその地球を美しくも健やかに彩る植物たちと
人と大地をつないだイメージを感じていただけたらうれしいです。
「あお」でも「みどり」でもある「碧」・・・
その曖昧さの中に、すべてのものの
自然な在り様のようなものを感じるんです。
そして「茶色の小瓶」・・・
これはもちろん、精油が入った小さなボトルのことです。
(茶色とは限らないけど・・・笑)

設立当初より、安全で正しいアロマセラピーの普及に努め、
日本中に多くのアロマコーディネーター、
アロマトリートメントのプロフェッショナル生み出し
癒しの概念を深めてきたアロマの協会・・・JAAが、
自然に溢れた伊豆の風景の中から
命と地球を愛するすべての皆さんにお届けします。

茶色の小瓶と碧の地球では、
植物と香りの話題を真ん中において、
アロマのこと地球のこと人生のこと・・・
多彩なゲストをお迎えしながら、
様々な話題をお贈りする予定です。

JAA日本アロマコーディネーター協会上欄理事・浅井隆彦先生登場!

記念すべき第一回目11月24日(木)
スタジオに登場してくれるのは
アロマテラピーおよび東洋医学の融合医療を目指した
興味深いワークショップ、
癒しとボディケアについて幾冊もの著作を手がけてこられた
JAA日本アロマコーディネーター協会常任理事
浅井隆彦先生です!
そしてソフトで紳士的な語り口でファンも多い
JAA事務局長の木村保司先生です!

このコーナーは月に一度・・・
第4週目の木曜日のコーナーとして放送されます。
番組参加のためのTwitterハッシュタグ#noa2 です。
第1回目から、どうぞお楽しみに!!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶色の小瓶と碧の地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saylon Dola

毎週木曜日のフランキンとネロリのラジオ番組、
「フランキンのノアノアな風をうけて」の
エンディングでOnAirしている曲はこれなんです。

モイヤ・ブレナンラッセル・ワトソンによって
なんとなく聖なる雰囲気で歌われるSaylon Dola・・・



ときどき「何ていう曲?」
って訊かれることがあるので紹介しておきます。
ちなみにノアノアのオープニングで流れる曲は
モイヤ・ブレナンのにあたる
もうおなじみエンヤのナンバー
ブック・オブ・デイズです。
posted by フランキン at 00:49| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

伊豆高原・・・大室山の裾を走ってみよう!

ネロリとフランキンが伊豆高原で主催している
アロマスクール&サロン花らんぷ
そのすぐそばに新しい道路が開通しました。

伊豆高原・・・大室山の裾を走ってみよう!

大室山に陽があたって綺麗です。
車を寄せてちょっと深呼吸。

posted by フランキン at 01:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

大室山の裾にある朱い鳥居の奥で・・・

大室山の裾・・・
遠傘山道路に面してひっそりと鳥居があって、
少しだけ山に入ってみると古い大きな樹がひとつ。

大室山の裾にある朱い鳥居の奥で・・・

木漏れ日の中・・・
たぶん此処の住人らしい鳥たちの影が
サッと横切っていきます。
posted by フランキン at 13:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

「心のふるさと・いいじま」津田令子、放送後記

「心のふるさと・いいじま」2011.11,17 放送後記

心のふるさと・いいじま

 東京生れの東京育ちのわたしにふるさとは、ない。もちろん、東京がふるさとといえなくもないのだが。
結婚して、福井が第二のふるさとになってからすでに何年もの歳月が流れている。旅を生業とするわたしは、計算上今までにのべ2000回もの旅に出ていることになる。数えきれないほどの家族旅行や友人との旅をくわえたらその数はもっと大きいものになる。いままでに訪ねたたくさんのなかで、とくに好きになった街を「心のふるさと」と呼ぶことにしている。亡くなった父によくつれて行ってもらった箱根、熱海、伊東、伊豆高原もそのなかのひとつにはいっている。

 そして縁あって「ふるさと大使」に任命いただいた長野県飯島町も「心のふるさと」にくわわった。飯島町の最大の魅力は、手つかずのありのままの自然な風景の広がりとそこに住む方々の純朴なお人柄だろう。決して旅人に媚びたりしない。たくさんの資金をかけての無理な観光地化を行わない。そんなことよりそこに住む人々が、安心安全に暮らせるように。そして旅人をもてなす「気くばり」「心くばり」をこどもたちが自然に会得できるような「人づくり」に重きをおいている。つねづね申し上げている「町づくりは人づくりから」ということを実践している町なのである。人口1万ちょっとの決して大きい町とはいえない飯島町だがその結束力とみなぎる自信と誇りは、暮らすように旅をする人が増えている昨今の旅の傾向にマッチしているのではないだろうか。そんな飯島町は、これから脚光をあびるにちがいない。

「心のふるさと・いいじま」に行くたびに優しい声で
「お帰りなさい」とみんなが言ってくれる。
できそうでできないことである。

津田令子
タグ:旅の香り
posted by フランキン at 11:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16歳で登った劔岳で見つめた今につながる光景・・・伊豆高原「切麦屋あいだ」の會田アキラさん

伊豆高原・・・切麦屋あいだの會田アキラさんがノアノアに!
伊豆高原・・・切麦屋あいだの會田アキラさんがノアノアに!

地図を頼りに目的の場所まで迷うことなく辿り着く・・・
魅力的に編集されたガイドブックを片手に歩く旅は、
旅のカタチとしてはじつに無駄がありません。

でも時には、ガイドブックをポケットにしまって、
自分の心の趣きに任せて歩いてみる・・・
そんな風にして旅先での「しばしの迷い」を楽しんでみるのも
もうひとつの旅のカタチといえるかもしれません。

伊豆高原を走るメインの通りにつながって
旅人の訪れを待っている幾つもの細い道・・・
車を停めて自分の足で少し歩いてみる。

そうすると・・・知らずに通過していたたくさんの風景や、
伊豆高原に住み、此処での生活を楽しみながら
訪れる人々との関わりを心待ちにしている
愉快で温かな人々がそれぞれに世界を創っているお店を、
幾つも見出すことができます。

それはアートであったり、
味覚の繊細さや豊かさを再認識させてくれる
小さなカフェやプチレストランであったり・・・
山と海と高原に恵まれた
伊豆ならではの海の幸山の幸を堪能させてくれる
田舎料理・・・日本料理・・・蕎麦やうどんのお店であったり・・・。

続きを読む
posted by フランキン at 01:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

「ふたつのアルプスが見えるまち」・・・長野県飯島町からの旅の香りは高坂町長が出演!

自分の住む町を誰かに紹介するとしたら、
あなたはどんなフレーズを使って表現しますか?

その町の空気や水・・・土地で得られる自然の恵み・・・
行き交う人々や遠く近くの風景・・・そして色や香り・・・


その町に生き続けること・・・訪れる人を迎え入れること・・・
何かをはっきりと感じていてそれを愛している人は、
日々を生きる場所についての表現がおのずと変わって来ます。

長野県飯島町 道の駅

長野県の飯島町に住む人々が
自らの町を言い表すのに選んだ言葉は、
「ふたつのアルプスが見えるまち」
んん〜!このフレーズだけで風景が浮かび、誘われますね。

毎月第3木曜日のノアノアな風をうけてのコーナー
津田令子の旅の香り
今週の生放送で訪れる町は長野県飯島町・・・
電話を通じてスタジオに声を届けてくれるのは、
飯島町長の高坂宗昭さんです。

この町を旅人として、
またこの町を広く人々に知ってもらうことを願う
トラベルキャスターの津田令子さんからのメッセージにも、
飯島町がいかに素敵なところなのかが表れています。

飯島町の魅せられて

長野県飯島町は、
南アルプス(赤石山脈)と中央アルプス(木曽山脈)の眺めが素晴らしく、
伊那谷 随一とさえいわれています。
この町のキャッチコピーが
「二つのアルプスが見える町」といのもうなずけます。

縁あって2008年より
この町の「ふるさと観光大使」をつとめさせていただいていますが、 
いつ訪ねても素朴で飾り気のない人びとと
大自然に抱かれた農村風景に魅了されてしまいます。

風に揺れる若葉色の木々、
深い森のざわめき、優しい雄姿をみせる山々、
そして村と村の境や峠などには 小さな祠や道祖神が祀られ、
悪疫悪霊が入りこまないように守ってくれています。
そこにいるだけで旅人の心を掴んでしまう力を
飯島町は、もっています。

津田令子


津田令子の旅の香り・・・
今月の生放送は11月17日(木)午後2時スタート

旅の香り

「訪ねてよし、住んでよし」といわれている
長野県飯島町・・・その魅力を語ってくれる
飯島町長、高坂宗昭氏のお話を中心にお届けする今月の旅の香り
何処に住んでいる人にとっても、
自分の住む町をふり返ってみる機会になるでしょう。

番組宛のメッセージを受けつけるTwitterのハッシュタグは
#noa2 です。どうぞお楽しみに!!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有

ひらめきiPhoneユーザーにはこちらのアプリもお薦め

radio jp

ありがたいことに静岡の地域に、
エフエムCiao!が初めからプリセットされています。
タグ:津田令子
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

見えない満月と真夜中の蟹歩き

まだ霧雨が残る深夜・・・
伊東の街中を車で走っていると
ヘッドライトに照らされた路面の
奇妙な動きに気づき車を停めた。

正体を確かめようとて外に出で数歩あとに戻ってみると、
手のひらほどの大きさの甲羅を持つ蟹が数匹・・・
まだ時々車が通る深夜の道を横切っていた。

続きを読む
posted by フランキン at 02:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

「切麦」と名のつく「うどん料理」の鉄人・・・會田アキラさんがスタジオに!

実は伊豆高原に住んでいながら、
伊豆高原のことをまだ充分には知りません。

生活っていうのはベースとなるパターンがあって、
車で往き来する自宅周辺の道路も大体決まっていたり・・・
なので車から降りて歩いてみると、
その度にいろんな発見があったり思いがけない出会いがあったりと、
おもしろいものです。

こんな道があったんだ・・・なんて思いながらちょっと歩いてみる。
森や林を廻る細い道に沿ってならぶ別荘や住宅・・・
それと一緒にいろんな個性をにじませた美味しいお店が、
都会と比べると何ともひっそりとした佇まいで
人の訪れを待ってくれています。

ところがそんなひっそりした・・・
知る人ぞ知る・・・というお店の中に、
此処にしかないもてなしや嬉しい味覚体験が
溢れていたり・・・

今週のノアノアにゲストとして登場してくれる
伊豆高原にある切麦屋あいださんも、
そういうお店のひとつです。
スタジオに来てくれるのは、このお店の店主であり、
うどん料理の職人、エキスパートである
會田アキラさんです。

伊豆高原のうどん料理とおもてなしの鉄人・・・會田アキラさんが登場!

切麦って、なんだかわかりますか?
そう・・・うどんのことなんです。
東洋、西洋を問わず、小麦は、大地からの恵みとして古代から
人を養い、世界の食・味覚・経済の歴史を形づくってきました。
小麦の利用の仕方や食べ方については、
人間は無数のアイディアを世界に知らしめてきましたが、

うどんというカタチでの食べ方は、
もしかしたら究極の小麦の食し方のひとつ・・・
と言えるかもむしれません。

日本ではうどんと言えば極めてポピュラーな日常食ですし、
うどんなんて何処にでもあるし・・・と思う人もいるかもしれませんね。
でも、會田さんがなぜ自分が作るうどんを
切麦(きりむぎ)と称するのか?
一度彼のお店に行って彼の作るうどん料理を口にしたなら、
「んん!なるほど〜!」と、膝を叩きたくなる想いにかれれることと思います。

伊豆高原の小さな居心地のよい空間に、
うどんというものをひとつの宇宙のように展開し、
季節の風味に彩られた独自の世界を創造してきた男・・・
切り麦屋あいだの店主であり料理職人である、
會田アキラさん・・・実はけっこうイケメンだという評判です。

今週はちょっとこだわりのノアノアになりそうですよ。

お楽しみに〜!!

番組スタートは午後2時から・・・
エリア内の方は79,6Mhz
Twitterのハッシュタグは #noa2 です!

サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有


お楽しみに!!
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

UNOk UNOの111111ラジオツアー!今日のノアノアからスタートします。

今日のエフエムCiao!熱海湯河原・・・
午後2時からのノアノアは、
伊豆ではもうすっかりおなじみの、
あの豪快なギタープレイと
繊細でメロディアスなピアノが織りなす、
とにかく「たまんない」ライヴを体験させてくれる
UNOのの大平里美(作曲・ピアノ)さんが電話出演の予定です。



スペイン語で「UNO」は数字の「1」・・・
徹底的に1が並んで見える
2011年11月11日に合わせて
その前後の週に静岡県のエフエム数局をリンクして
111111ラジオツアー!

3日(木)FMチャオ!熱海湯河原「フランキンのノアノアな風を受けて」14:00
7日(月)シティFM静岡「団塊!痛快ラジオ放送局」17:30
8日(火)FM沼津「トワイライトビーチ」18:25
FM島田「ふるさとイブニング」19:10
11日(金)FMチャオ!「あたみっチャオ!」14:00


ということで、ノアノアがその皮切りとなります。
里美さん登場は午後2:30過ぎ辺りからです。
生放送中のTwitterタグは #noa2 です。


サーチ(調べる)番組はサイマル放送(インターネット)でも生放送されます。
サイマル放送の聴き方
サイマルラジオのサイトに行く
東海 → Ciao!熱海の放送を聴くをクリック
メディアプレーヤーが起動してお聴きいただけます。

サーチ(調べる)iPhoneユーザーは愛ポンでも聴けますよ♪ ←聴き方はこちら
お楽しみに〜るんるん次項有


お楽しみに!!

posted by フランキン at 10:36| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする