2011年10月25日

われは海の子・・・元気の子・・・高津敏船長がスタジオに!

先週10月20日(木)のノアノアは第三木曜日・・・
トラベルキャスターの津田令子さんとともに、
津田令子の旅の香りのコーナーをメインにお贈りするノアノアでした。

これまで旅の香りでは
日本各地の旅先へと電話をつないでお届けしてきましたが、
令子さんとともに、はじめてスタジオにゲストをお迎えしました。

拓殖大学客員教授葛C象情報システム社長 高津敏氏がノアノアに!

生放送の一時間・・・
スタジオとリスナーの皆さんの輪に加わって、
大船に乗って大海原をゆったりと航海するように
静かな温かみと熱意・・・
そして謙遜さを湛えた声を聴かせてくれたのは、
葛C象情報システムの社長であり、
NPO法人ふるさとICTネットの理事長、

高津 敏(たかつはやし)さんでした!

五木寛之の小説『青春の門』の舞台としても有名な
福岡県田川郡は福智町で生まれ、
海の男になることを目指して北海道札幌の大学に学び、
まさに南から北へと日本を大移動しながら始まった若き日々・・・
その後さまざまな船に乗りつつ世界を見てきた高津さんからは、
文字通り荒波を経て今を生きている・・
そんな落ち着きと気概を感じました。

続きを読む


posted by フランキン at 02:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 津田令子の「旅の香り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。