2010年10月16日

日没の表情に気づくのは…たいていはたまたまだったりする。

日没の風景・・・たいていはたまたま通りかかっただけのことだったりする。

日没という時間帯がかもす表情はさまざまだ。
そしてたいていは
たまたま通りかかって目にする風景だったりする。

ついさっきふと車を寄せてカメラを向けた日没の光景は、
有刺鉄線と金属ネットがめぐらされた
裏寂れた無人の土地と背の高い送電塔ごしに見えた。

松川湖を囲む山々の向こう側に
今しがた落ちたばかりの太陽の残光・・・
8分ほど前にあっちを離れた光の波なのか粒なのか…
とにかくたった今僕のところまで届いた。
ただそれだけのこと…

今日も一日が過ぎていく。。。
 


posted by フランキン at 18:36| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。