2010年03月31日

真夜中…月の光に浮かんでた。

深夜に大室山裾のさくらの里に立ち寄ってみた。
雪をまとって、明るい満月の光に、
いつもよりもくっきりと夜空に浮かんだ大室山…

深夜の大室山が月に浮かんでた。

こんな時間に誰もいないと思いきや、
月夜のさくらの公園の木々の中を、
寒さの中で寄り添いながら歩くカップルがひと組。
なんかいい雰囲気でした。

あちらから見れば、黒いパーカーのフードをすっぽり被って、
小っちゃいデジカメを小石の上に危なげにのせて、
ひとりでポツンと暗闇に立っている僕は、
B級ホラー映画のシリアルキラーみたいに見えたかも。

でも、桜と雪のなごりと満月・・・
なんとなく民話が語られそうにも感じる不思議な真夜中。

posted by フランキン at 00:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

一夜明けてのミラクル

さくらの季節を迎えていた伊豆高原に、
この冬の置きみやげのような名残雪が降って明けた今日。
車で移動中の僕の目の前に、をまとって
いつもよりちょっとだけ由緒正しさが増したような大室山が、
小柄ながらも威風堂々と突然に出現しました。

突然現出した白い大室山

大室山すそに位置するさくらの里
桜の開花を期待して訪れた観光客も、
このちょっとミラクルな取り合わせとの出会いに、
思わず歓声を上げていました。

さくら、雪、一夜明けてのミラクルなカップリング

大室山・・・さくらの里・・・一夜明けてのコントラスト。
 
posted by フランキン at 17:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

High winds white sky

本格的な雪景色を見ないまま桜の季節を迎えていたので、
今日の雪の風景はちょっとうれしい。
雪で真っ白になっていくにつれて、音が消えていく。
すると急に自分の中のどこかで、
何かが鋭敏になってきたような気がして・・・
この感覚がけっこう好きだ。
満開まぢかの桜の色が、雪の陰に見えなくなっていく。

大室山裾、さくらの里もあとわずかで満開。
桜色が雪の陰に消えてく
なごり雪ですね。

ブルース・コバーン(Bruce Cockburn)の70年代の名盤、
High winds white skyを思わず引っ張り出してきて聴いた。
posted by フランキン at 17:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

最も近くてそれでもやっぱり遠い星…それが月


満月満月を少しだけ過ぎた今夜、
果たして雲が途切れて月が姿を現してくれるのか・・・
月夜を期待したくなる今日なのですが、
あの月世界に、大量の氷が存在しているということが、
このほど確認されました。
なんと!6億トンもの大量の氷が月の北極で発見されました。

昨年10月に期待をもって見つめていた
月は地獄だ…でも水があるかも
↑のニュースの続報ということになりますが、
こんなに見慣れて近くに感じる天体についてなのに、
まだまだ知らないことがたくさんあるのですね。
最も近くて、それでもやっぱり遠い星…それが
そんなことを改めて感じさせられちょっとワクワクしました。

ところで月に関連して最近ニュースが多かったので、
再びいろいろと楽しんでみました。
お暇がある人はお付き合いどうぞわーい(嬉しい顔)

映画20世紀のMOONBASE構想とその隠された歴史
ニュースにある通り、
月の北極には大量の氷が存在することも確認されました。
また、月面に縦穴 世界で初めて発見され、
月面基地の候補地になるのでは?
というニュースも昨年には流れています。
かぐや、月面に“縦穴”を発見・将来の月面基地「候補地」?

1980年にはすでに人類は地球防衛組織SHADO(シャドウ)を結成し、月面基地MOONBASE(ムーンベース)が機能していました。宇宙からの脅威に対して地球の平和が保たれているのは彼らが任務を遂行してきたことによります。今回発見された天然の月面基地候補ともいえる縦穴は、当時MOONBASEの候補地ともなりましたが、当時のストレイカー最高司令官の判断により、基地設置が一時的に見送られ、その後再開されることなく現在に至っているという経緯があります。

必要と考えられていた月面基地の増設が中止になった経緯はいかのような背景があります。1967年の建築家デビット・ビンセントによるUFO目撃事件、またその後につづいたとされる一連のインベーダーによる謀略の阻止事件についての全貌が明らかになるにつれ、既にSHADO設立以前に、地球人類社会への敵対的地球外知的生命体による浸透があったと確認されるに至りました。これらの情勢の変化から、1980年当時機能していた月面基地MOONBASEに加えて、新たな防衛線と成り得るであろうと建設を待つばかりの状態にあった新月面基地の増設は、当面は見送られることになったというのが公開された機密文書により明らかになりました。

地球防衛組織SHADO(シャドウ)はその後、MIBすなわちMEN IN BLACK(メン・イン・ブラック)と名称を改めて再組織され、1997年にはトミー・リー・ジョーンズ氏やウィル・スミス氏を主なメンバーに加え、もっぱら既に地球内に侵入している異星人たちの犯罪を取り締まることを主な任務とし、地球外からの新たな侵略などへの関連性が疑われる事件については、アメリカ連邦捜査局FBI内に1993年以来設置され、この種の事件に特化した知識と経験を持つ捜査官を中心としたX-Filesセクションにより対応されています。

なお、今回発見された月面の縦穴が今後どのように利用される可能性があるのかについてはニュース報道のとおりです。以上、もちろん…全部ジョークです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ ネットラジオへにほんブログ村 音楽ブログへ
どれかポチっとお願いわーい(嬉しい顔)
ラベル:月は地獄だ
posted by フランキン at 15:58| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制服警官モノが見たいんですけど。

ひらめき「ロックフォードの事件メモ」
ダーモット・マローニー主演でリメイク


完全にオリジナルなストーリーって生まれにくいのかな?
リメイク関連で流れてるニュースには

・リメイク版「スーパーガール」に美人歌手テイラー・スウィフト?
・大ヒットミステリー「ミレニアム」がハリウッドでリメイクへ
・韓国映画「ボイス」がハリウッドでリメイクへ

リメイクのオンパレードですね。
懐かしいのが様変わりして見れるというのは楽しい反面、
どこかにあったね・・・こういうの・・・
というところに留まりそうなものが量産されてるのも事実。

今回のロックフォード氏はどんな感じかな〜?
もちろん、期待はしてますけど・・・楽しみです^^

とりあえず、「ADAM-12」
2度目のリメイクを希望します(笑)
このドラマで「ミランダ警告」という法的手順を初めて知り、
刑事ものじゃなく制服警官ものの面白さを知ったのですね〜^^

サーチ(調べる)60年代〜70年代放映のADAM-12


サーチ(調べる)こっちの「NEW ADAM-12」は見てないなぁ〜


だんぜん、60年代もののADAM-12のDVD日本リリース希望しますexclamation×2
ラベル:ADAM-12 リメイク
posted by フランキン at 13:23| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする