2010年01月30日

それぞれのスピードで、いつかは辿り着くのかも…「その街のこども」再放送を見て

再び見ることができて本当に幸せだと思った。
そんな風に感じさせられたドラマはおそらく他にない。
今日30日午後1:30、NHK BS2でのアンコール再放送だった。

その街のこども

ひらめきこのあとには少しネタバレも含んでますので、
まだ未見の方はこの読まずに先ずこのドラマを一度見てくださいね。

続きを読む
posted by フランキン at 17:57| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

小林麻美とタルコフスキー

昨日のラジオでOn-Airした懐かしい曲…
小林麻美さんの雨音はショパンの調べですが、
YouTubeにUPされているPVを見てみると、
その映像が、あのタルコフスキーの映画
「ノスタルジー」をモチーフにしているのに気づきました。
ただそれだけなんだけど、気づくとちょっとおもしろいです。
今頃知りました。

タルコフスキーの映画「ノスタルジー」
この映像はたまらなく心当たりを感じさせて好きだ。
夢から覚める…感覚っていうのかな・・・


そしてこちらが小林麻美さんの「雨音はショパンの調べ」PV


 
posted by フランキン at 23:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタジオの中も外もみんな雨…

1月28日(木)の熱海はとっても久しぶりな雨雨模様でした。
空気が乾燥してたんで湿り気を取り戻した空気が気持ち好い。
海は少し青みを帯びた鉛色で
薄いグレーに見える空との溶け合い方が
誰かが描いた水彩の絵のように妙にしっとりとした感じ…
こういう伊豆もいいですよね。

小嵐中学からきた あやのちゃん!とCiao!の仲間たち♪将来が楽しみ♪

さぁて、昨日は熱海のスタジオについてみると、
ちょうどエフエムCiao!と沖縄のエフエムとよみとの、
クローストークの真っ最中でした。
そんなトークの中、「あれっ?」
いつもは聴きなれないテンションの可愛い声が!?

なんと、地元熱海の小嵐中学校の女の子がひとり、
職業体験ということで、スタジオinしていたのでした!
このトークがなんとも初めてとは思えないほどシャキっとしてて、
沖縄のパーソナリティのカッパさんとも絶妙にやり取りしてる…

いやいやすごいなこの子!
それもそのはず、本当に小さな頃から演劇をやっていて、
声の出し方から表情作りまで、
聴いていてとっても楽しいシャベリをしてくれる女の子なのでした!
名前はあやのちゃん

きっとこういう体験から未来が少しずつハッキリしてきて、
素敵なアーティストが育っていくことにもなるのかもしれませんね〜
お疲れさま〜あやのちゃん

さて、朝から一日中雨模様となった
熱海のスタジオからお贈りした29日のノアノアですが、
On-Airしたナンバーは全部、雨模様な曲ばっかりになりました(笑)
しかも偶然、ほとんどの曲の冒頭に
雷と雨のエフェクト入りのものばっかり…

サーチ(調べる)Brook Benton
 るんるんRainy Night In Georgia

サーチ(調べる)Meta Roos
 るんるんRhythm Of The Rain

サーチ(調べる)Garth Brooks
 るんるんThe Thunder Rolls

サーチ(調べる)Eliza Gilkyson
 るんるんSong of the Rainbow Warrior, Pt. 1

サーチ(調べる)拝郷メイコ
 るんるんあめふり

サーチ(調べる)小林麻美
 るんるん雨音はショパンの調べ

放送スタジオの中も外もみんな雨…そんなノアノアでしたわーい(嬉しい顔)



posted by フランキン at 11:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「その街のこども」再放送

「NHKの広報」のTwitterによると、
「その街のこども」の再放送が決まっていたようですね。
https://twitter.com/NHK_PR

それから、たくさんのお問い合わせをいただいておりました「阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ『その街のこども』」を、明日(1/30 土)午後1:30からのBS2「あなたのアンコール サタデー」の枠内で再放送いたします。1日早いですが、取り急ぎお知らせいたします。

当ブログ内での「その街のこども」についての記事

サーチ(調べる)2010年01月30日
それぞれのスピードで、いつかは辿り着くのかも…「その街のこども」再放送を見て
サーチ(調べる)2010年01月25日
もう視聴率なんていらない!
サーチ(調べる)2010年01月19日
「その街のこども」の再放送希望
サーチ(調べる)2010年01月18日
「その街のこども」…一夜明けての覚え書き
サーチ(調べる)2010年01月18日
その街のこども
posted by フランキン at 09:54| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

タイガマコトはまさしくあの男だった。

愛と誠

テレビドラマ「特捜最前線」や「愛と誠」で知られる
俳優の夏夕介さんが27日亡くなられました。

フランキンの記憶としては
「特捜最前線」の叶 旬一刑事だけでなく、
愛と誠太賀誠(たいがまこと)役が最も記憶に残っています。

愛と誠の太賀誠(たいがまこと)役は、
西条秀樹でも南部英夫でもなく、
テレビ版の「愛と誠」の夏夕介さんこそ太賀誠だったな〜
と個人的には思います。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by フランキン at 21:59| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

もう視聴率なんていらない!

1月17日の夜にNHKで放送された
その街のこどもというドラマ。

このドラマを見た直後と翌日に
ブログとmixiの双方に感想を書いた記事に
未だアクセスが止まらない
mixiの場合はまるで
大事件のニュースに日記を投稿した時のように
足跡が爆発しつづけました。
ブログのほうも今も夜中までこのドラマを検索して
たくさんの人たちが辿り着いてくれます。
いったい何が起きてるのか?…と思ったものです。
こんなことは初めての経験です。
続きを読む
posted by フランキン at 02:49| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

「ガラスの街」〜ポール・オースター

味わい深い一冊です。

ガラスの街
ガラスの街

人、街角、足元、壁、空…それら各々に名前はあるのか?
目にするすべてのものそれ自体に意味やつながりがあるのか?
ただ在るというすべての成り立ちの中で
自分は他とどれほどの違いがあるというのか?

一方を選ぶ…その名で呼ぶ…他と識別する…
その時に選ばれなかった方は消えてどこへいくのか?

読みながら、
次第に存在の影が薄くなっていく
この男に流れる時間にしばし漂ってみよう。

読み終えて僕が行き着いた先にあったのは、
透明、周囲との同化…そして拡散、
それはすごく孤独だけれど、でも安らぎがあった。
 
posted by フランキン at 04:15| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色と心にふれる一時間〜花形まきこさんをお迎えしてのノアノア♪

早くも春の訪れが感じられるような
暖かい日となった熱海・湯河原、そして伊豆地方。
冷たかった空気がこの日は朝からポカポカ。

降るかもしれない…そう思っていた雨も、
どこかへ気配を消してくれました。

色とココロのエコバランス〜花形まきこさんinノアノア♪

そんな熱海の高台に位置するエフエムCiao!のスタジオ…
生放送のノアノアに来てくれたお客様は、
(株)BALIO TOTAL FACILITATE代表
カラーセラピストそして心理カウンセラーの
花形まきこさんでした。

時にはあふれ出し、時には滲み出す…
続きを読む
posted by フランキン at 02:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

色とココロのエコバランス〜花形まきこさんゲスト出演♪

サーチ(調べる)この番組予告記事は放送当日までトップに常駐します。
リアルタイムでの更新記事はこの記事の次からになります。


2010年に入って、太平洋側は
さわやかな晴れの日がつづいていますね。

太陽晴れが昇り…そして沈むまで…一日の間には
幾つもに及ぶ光の波長があらゆる角度に反射して、
目に入るすべての風景や
身の周りのひとつひとつのあり様に
それぞれ色をつけていきます。

それらの光の波長を色として目にする時…
人の心もさまざまに呼応するようです。

色とココロのエコバランス〜花形まきこさん♪

さて、1月21日(木)ノアノアには、
そんな色とココロのエキスパート
心理カウンセラー&カラーセラピストの
花形まきこさんをゲストにお迎えしてお贈りいたします!

続きを読む
posted by フランキン at 14:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト&アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

「その街のこども」の再放送希望

1月17日PMからNHKで放映されたドラマその街のこども
すごい反響だったのでしょうね。
日頃アクセス数が大したことのない僕のブログも、
このドラマの感想記事にものすごいアクセスがありました。

これまでもドラマや映画、本などについての感想を
このブログで書いたことは何度もありましたが、
今回は放送翌朝から夜中まで驚異的な数でした。
こんなことははじめてです。

多分多くの人たちがこのドラマを
フィクションという枠を超え自分自身のことと結びつけて見て、
心を動かされたということなのかもしれません。

今さらながら15年前の起きた震災という出来事が、
未だ多くの影を残し、それぞれの人たちが
その記憶と人知れず向き合って生きているんだなと感じさせられました。

再放送…是非してもらいたい作品ですね。

当ブログ内での「その街のこども」についての記事

サーチ(調べる)2010年01月30日
それぞれのスピードで、いつかは辿り着くのかも…「その街のこども」再放送を見て
サーチ(調べる)2010年01月25日
もう視聴率なんていらない!
サーチ(調べる)2010年01月19日
「その街のこども」の再放送希望
サーチ(調べる)2010年01月18日
「その街のこども」…一夜明けての覚え書き
サーチ(調べる)2010年01月18日
その街のこども


posted by フランキン at 12:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

iPoneで地域FMラジオが聴ける!?

iPohneユーザーのフランキンにとって
すごくうれしいことがひとつ。

FStreamというアプリで、
コミュFMのサイマルラジオ(ネット放送)が聴ける!
ということを知りました。
続きを読む
posted by フランキン at 14:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノアノアな風を受けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「その街のこども」…一夜明けての覚え書き

「その街のこども」

昨夜見たNHKのドラマは実に見事な作品でした。
一夜明けて、改めて感想を残しておこうと思いました。

こういうシチュエーションではしばしば安易に流れていく
安っぽい恋愛モノに変貌することは最後までありませんでした。
とにかく脚本と、俳優ふたりの演技というか、
ふたりのカメラの前での在り様がいいです。

特に居酒屋でのふたりの会話は、
続きを読む
posted by フランキン at 11:02| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その街のこども

NHKドラマその街のこども
昨今では最も心に残るドラマでした。

長回しのカメラで途切れなく映し出される2人だけの会話…
一夜だけのロードストーリー。

また来年・・・そっか、
そうやってずっとあの時からつづいてるんですね。
生きていくのに起承転・・・
そして結はどこかにあるのかもしれないし、
どこにもないのかもしれない。
震災経験がない僕には物語が必要です。
そして、「そうなんだ・・・」と、やっと言える。

当ブログ内での「その街のこども」についての記事

サーチ(調べる)2010年01月30日
それぞれのスピードで、いつかは辿り着くのかも…「その街のこども」再放送を見て
サーチ(調べる)2010年01月25日
もう視聴率なんていらない!
サーチ(調べる)2010年01月19日
「その街のこども」の再放送希望
サーチ(調べる)2010年01月18日
「その街のこども」…一夜明けての覚え書き
サーチ(調べる)2010年01月18日
その街のこども
posted by フランキン at 00:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの映画見た?この本読んだ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

雲を抜けて海にたどりつく

2010年1月17日の陽光と海

雲の切れ間から陽の光が海にたどりつく・・・
もう見慣れた風景だけど、何度見てもじっと見つめてしまう。
そうすると、理由はなんにもないけど、
「ああ、良かった」…
なんてどこか、安心してもいいんだ…し
というような気分になってくる。

夕方の今はすっかり雲が厚くなって
雨粒もポツポツ…夜は降りそうな気配です。
 
posted by フランキン at 17:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災の日の朝に目覚めて感じたこと

今朝はいつもよりずいぶんと早い時間に目が覚めた。

ツイッターを開いてみると、
数分前に地震発生時刻に合わせ、
阪神淡路大震災の追悼の祈りがささげられたばかりで、
各地にいる被災経験をもつ人たちが、祈りに和したり、
言葉を交わしながら涙する文字が次々と流れていった。

夜はまだ明けておらず、真っ暗な窓の外を見た。
こんな寒い冬の…こんな暗い中に…
みんな、投げ出されたんだ…
15年が経ってやっと少しだけわかったような気がする。

関東大震災を生き延びた祖母は、
幼なかった孫の僕に何十年も前に起きた地震の怖さを
いつもいつも話していた。
小さかった僕はよくわからなくても、
「地震って怖いんだ…」って思うと共に、
子供心に、「おばあちゃんが生きててくれてよかった」…
ただただ、そう感じた。

15年前という、
ついさっきの過去に起きたばかりの阪神淡路大震災。
どれほど、たくさんの想いや伝え語りたい言葉、
そして、きっと今も語れそうにない言葉があるのだろう。

生き延びてくれた人たち…
生きていてくれて本当に善かった。

そしてこの悲しい出来事が生んだ経験を
これからも記憶しつづけることが、
地震国に住むすべての同胞の人たちの命を、
未来に渡って守りますように…祈ります。

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ひらめき下記はここ数日フランキンが閲覧した震災関連のサイトです。

NHK大阪/NHK神戸 リエゾン被災人
被災者の声を収集、リエゾン≠ニは「つなぐ」という意味。

ShinsaiNow
Twitter上で#19950117とタグをつけてのつぶやきが表示

#hyogo15
Twitter上で#hyogo15とタグをつけてのつぶやきが表示

ラジオ関西 震災報道の記録 『被災放送局が伝えたもの』
災害時の情報ツールとしてのラジオの価値と使命を感じます。

サンテレビジョン 震災報道の記録
神戸・三宮の南に造成された人工の島ポートアイランドにあるTV局


NHKスペシャル MEGA QUAKE 巨大地震

1月17日の第2回は「KOBE 15秒の真実 その時地下で何が」

posted by フランキン at 11:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

1/14ノアノアOn-Airナンバー

ちょっと遅れのアップ。
昨日14日(木)もよく晴れてくれた木曜日でしたね。
今週ノアノアでOn-Airしたナンバーをアップしておきます。
1日遅れだけど…(汗)

サーチ(調べる)The Jeff Healey Band
 るんるんWhile My Guitar Gently Weeps

サーチ(調べる)David Gates
 るんるんLorilee

サーチ(調べる)ハイ・ファイ・セット
 るんるんスカイレストラン

サーチ(調べる)Newton Family
 るんるんSmile Again

posted by フランキン at 23:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝越しに見える海が好きだった

枝越しに見える海が好きだった 1/8のPMの伊豆高原から…

枝越しに見える海が好きだった。

ある日、枝が切りはらわれて… いつもそこにあったのに…あの姿はもう見れない

切り落とされた枝にはまだきっと命が宿ってる…
そういえばあの樹に名前もつけてなかった。
朝、必ず窓から見るたびに挨拶してたのにな〜

人知れず切られてしまった一本の樹…
惜しんでいる人間だって、ここにひとりいるんだよ。
 
posted by フランキン at 19:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Photoスケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

NHKスペシャル MEGAQUAKE 巨大地震

毎年1月17日が近づく度に、
もうそんなに経ったのか…と思います。
阪神淡路大震災の発生から、
今度の17日でまる15年が過ぎようとしてるんですね。

NHKで放送される下記の番組も是非見て欲しい内容です。
NHKスペシャル MEGAQUAKE
1月17日(日)夜9:00〜9:49放送
第2回「KOBE 15秒の真実 その時地下で何が」

あの時のことを今振り返ってみて、
みんなどんなことを感じてるんだろう?
そんなたくさんの人たちの想いが、
Twitterでのつぶやきを通して綴られているマップがあります。
ShinsaiNow
震災は過去のことではないんですよね。

フランキンとネロリも最近Twitterを始めてますが、
阪神淡路大震災の話題から防災やラジオの話にまで少し広がった
Twitter上での会話を、まとめてくれた方がいました。
このブログでも見れるようにリンクしますね。
soralisfranがフランキンのTwitter:IDです。



ちなみにこの会話に出てくるコミュニティFM局は、
現在ノアノア放送中のFMCiao!ではありません。

 
posted by フランキン at 16:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

オレンジ色の記憶

夜、海沿いの国道…
白からオレンジ色の照明に変わる区間、
自転車につけた幼児用の座席に収まりながら眠い目を開けて、
綺麗だなぁ…と思った。

憶えているということ、まだ父に伝えていない。



【 I STILL CAN'T SAY GOODBYE 】
Chet Atkins

Spoken introduction:
"You know, every time I look in the mirror I see my Dad.
I think that's why this song means so much to me."


When I was young, my Dad would say
Come on Son let's go out and play
Sometimes it seems like yesterday

And I'd climb up the closet shelf
When I was all by my-self
Grab his hat and fix the brim
Pretending I was him

No matter how hard I try
No matter how many tears I cry
No matter how many years go by
I still can't say good-bye

He always took care of Mom and me.
We all cut down a Christmas tree
He always had some time for me

Wind blows through the trees
Street lights, they still shine bright
Most things are the same
but I miss my Dad to-night

I walked by a Salvation Army store
Saw a hat like my daddy wore
Tried it on when I walked in
Still trying to be like him

No matter how hard I try
No matter how many years go by
No matter how many tears I cry
I still can't say good-bye

 
 
posted by フランキン at 19:04| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

遠い香りの彼方にある月の砂漠

午前中、部屋に少しだけ放ったのは
やはり乳香(フランキンセンス)…
それとゼラニウムも微かに…

古代に珍重された香りを
今もその頃の記憶の名残を含んで触れることが出来る…
そういうのもアロマの楽しみのひとつで、
タイムマシンのような楽しさがあります。

海が月の表面のように感じられる今夜

物語は古代の人々の残り香のようで、
五感のうち嗅覚は
そのストーリーの欠けた部分をつなぎ合わせて
既に地上にいない人々の存在を蘇らせることができる。
自分が今触れている香りを古代の人たちが感じて何を思ったか…?
そんなことを考えるとおもしろいです。

たとえば今日のフランキンセンス…
宗教的、また精神的な、また他の公式な習慣の中心に、
フランキンセンスの香りはいつもありました。

香を炊くという行為…
古代では祈りを象徴していたました。
ゆらゆらと立ち昇るけむりはその芳しい働きかけの点で
人が祈りをささげるのに似ているとやはり思います。
現在でもフランキンセンスを
瞑想の時などに香らせる人は多いようです。

シバの女王はソロモン王への贈り物として乳香を贈り、
ソロモン王は詩(バイブルの「雅歌」)の中で
「乳香の丘」という場所に触れています。

そんな珍重された香をめぐっての
古代の人々のやり取りに想いをはせてみると、
荒涼としたアラビアの長い道程をコツコツと香りを運んだ
隊商のラクダの姿が浮かんできます。

月の砂漠…の光景なども…



香りが呼び覚ます古代の人々の想いと物語…
物語は残り香…香りはタイムマシン。。。
posted by フランキン at 12:11| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする